オリンピック・マルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督は、国際サッカー連盟(FIFA)選定の“The Best 2020”の最優秀監督賞候補にマルセロ・ビエルサが選出され、トーマス・トゥヘルが選外となったことに苦言を呈した。

「ビエルサが提示したゲームのために、彼のキャリアの中でこの種のトロフィーを獲得する必要がある。誰もがそれを認識している。しかし、2020年のトップ5のコーチに入るだろうか?チャンピオンジップを勝ち取るには?スキャンダルだ。トゥヘルは4つのタイトルを獲得し、チャンピオンズリーグの決勝進出を決めている」と、ビラス=ボアスは国内のライバルチームの監督の成果を強調した。

トーマス・トゥヘル監督は、PSGを率いて国内タイトル(リーグアン、リーグ杯、フランス杯、スーパーカップ)を全て獲得したが、悲願だったチャンピオンズリーグは、リスボンの決勝でバイエルン・ミュンヘンに0-1で敗れた。

ザ・ベスト年間最優秀監督賞の候補には、マルセロ・ビエルサ(リーズ・ユナイテッド)の他にも、ハンス=ディーター・フリック(バイエルン・ミュンヘン)、ユルゲン・クロップ(リヴァプール)、ジュレン・ロペテギ(セビージャ)、ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)の4人が挙がっている。

ザ・ベストFIFAフットボールアワード2020授賞式は、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために12月17日にオンラインで開催される。受賞される各部門は以下の通り。

FIFA最優秀選手賞(男性/女性)
FIFA最優秀監督賞(男性/女性)
FIFA最優秀ゴールキーパー賞(男性/女性)
FIFA/FIFPRO(国際プロサッカー選手会)ベスト11(男性/女性)
FIFAフェアプレー賞
FIFAプスカシュ賞(最優秀ゴール)
FIFA最優秀ファン賞