ラウール・ゴンサレスのレアル・マドリー・カスティージャでのベンチでの生活が終わりを迎えようとしている。『Goal』のドイツ支局は、アイントラフト・フランクフルトが1年前からこの元レアル・マドリーのストライカーに注目しており、来季からボルシア・メンヒェングラートバッハで指揮を執るアドルフ・ヒュッター監督の後任として獲得に興味を示していると報じている。

前述のメディアによると、ドイツチームとレアル・マドリードのセカンドチームの現監督との間で、すでにファーストコンタクトが行われているという。この交渉は、シーズンが終わり、落ち着いてから本格化することになる。

アイントラハトはチャンピオンズリーグの出場権争いの渦中にあり、レアル・マドリーBは2部リーグ昇格を目指している。

フランクフルトは、将来性のある監督としてだけでなく、スポーツマネージャーとしてもラウールを高く評価している。ドイツ側は、彼に長期的なプロジェクトを与え、ユース選手を育成してトップチームに昇格させることを目的としている。

アイントラフトがラウールに求めるもう一つの強みは、ブンデスリーガでの経験だ。レアル・マドリーで16シーズンを過ごした後、元ストライカーはドイツで運を試し、シャルケ04で2シーズンを過ごした。89試合に出場し、37ゴールをマークしたように、リーグや国への素晴らしい適応力を見せた。現在、彼の将来は再びブンデスリーガに関係している可能性がある。