5年間プロの夢を追った元独立リーガーが、教壇で伝えたい大切なこと

「パシーン!」

 木製ノックバットの乾いた打球音が球場にこだまし、高々と打球が舞い上がる。鋭いスイングで軽快に試合前の外野ノックを放つ青年の名は松嶋亮太。2011年から5年間、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスでプレーをした「元独立リーガー」だ。


5年間独立リーグでプレーした後、教員となった松嶋亮太

 2015年シーズン終了をもって現役を引退し、教職の道へ。今春、晴れて採用となり、島根県立出雲工高に赴任。同時に同校の野球部コーチに就任し、指導者として日々奮闘している。

 松嶋は現在、楽天の指揮を執る梨田昌孝監督や福岡ソフトバンクホークスの和田毅らが輩出した島根県有数の名門、浜田高で主将を務めた。自身最後の夏は県大会準決勝で梶谷隆幸(現・横浜DeNA)を擁した開星に敗れ、甲子園の夢は叶わなかった。

 高校卒業後は国立の大分大に進学。当初は上のレベルで野球を続けることを強く意識していたわけではなかったが、当時所属リーグ屈指の好投手と言われていた別府大の岩尾利弘(元・西武)から本塁打を放ったことが大きな転機となる。後にプロへと進む投手から放った一発は大きな自信となり、「もっと上を目指したい」と独立リーグに進むきっかけとなった。

 2011年に徳島インディゴソックス入団。入団初年度の前期、いきなり打率.433のハイアベレージでMVP(前期)を獲得。最終的に2厘差で首位打者には届かなかったものの、年間打率.370を記録した。

 2年目にはドラフト指名の可能性を伝える調査書を初めて受領。3年目には自身初のベストナイン(三塁手)を受賞するなど、着実にNPB入りへと近づいていった。

 当初「2年ないし3年」と考えていた独立リーグでの挑戦だったが、成長の手応え、さらには当時監督だった島田直也(元日本ハムなど)の強い後押しもあり、4年目に臨むことを決意した。

「集大成、最後の挑戦」と位置づけて臨んだ4年目のシーズン、チームは前期、後期を制しての完全優勝を果たす。四国アイランドリーグplus代表として出場した独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップでもBCリーグ代表の群馬ダイヤモンドペガサスを下し、日本一を達成。松嶋も主将として日本一に大きく貢献した。しかし、この年もドラフト指名の吉報は届かず。シーズン前の決断通り夢をあきらめるか、それとも現役続行か……松嶋の心は揺れた。

「日本一になってすごく嬉しいはずなのに、モヤモヤしたものが残っているというか…。『本当にこれで終わりなのかな?』『これで終わっていいのか?』という気持ちが自分の中にありました」

 引退を決意した同期入団の選手の姿を見て、その思いはより強いものとなった。

「引退した大谷真徳(立正大→徳島)が『もうやることはない』ってすごくすっきりとした表情をしていて……。その姿を見て『NPBに行けなかったにしても、こういう風に終わりたいな』と」

 そして松嶋はこう続けた。

「このときの真徳を見て『こいつはこの先、絶対言い訳をしないだろうな、どの世界に行っても頑張れるだろうな』とも思ったんです」

 今ここで引退したら、現役への未練が残り、今後の人生を前向きに生きることができないかもしれない。それなら……考え抜いた末、もう1年勝負をすることを決めた。

 もう一度バッティングを見直して臨んだ5年目の2015年シーズン。長打力に磨きをかけ、オリックス二軍との交流戦では、ほっともっとフィールド神戸のレフトスタンド上段に飛び込む一発を放つなど、懸命なアピールを続けた。

「前期の成績が悪すぎたので、トータルの成績に満足したかと言われると……という感じではあるんですけど、後期、それもシーズン終盤は『これだな』という感覚がつかめて。今までいろんな指導者の方にいただいたアドバイスがつながっていく。点だったものが一本の線になったような感覚でした」

 目標としていたNPB入りは叶わなかったが、追い求めていたバッティングの完成形を垣間見ることができた。そして2014年シーズン終了時には感じられなかった「やりきった気持ち」も抱くことができ、松嶋はユニフォームを脱いだ。

 2013年にプロ・アマ規定が改訂され、NPB出身者をはじめとする”元プロ野球選手”が高校野球の指導に携わることが以前に比べ容易となり、指導者へと転身する元プロ選手が増えている。今年も中村紀洋(元近鉄ほか)が浜松開誠館高校(静岡)の非常勤コーチに就任したことが大きな話題となった。

 そんな中、もうひとつのプロ野球である独立リーグ出身者だからこそ伝えられることは何なのだろうか。松嶋に質問すると、こんな答えが返ってきた。

「NPBを目指す中で、『どうしたらあとひとつ壁を乗り越えられるか』を考えて取り組んできました。僕自身、結局、自分に足りないものを見つけきれないまま現役を終えたところはあるんですけど、『まだやれることはないか』とこだわってやってきました。なので、そういった状況で悩んでいる生徒に共感しながら、取り組み方を自分の経験をもとに話ができるのが、独立リーグを経験した人間の強みかなと思っています」

 勝負強い打撃、内野の複数ポジションを高いレベルでこなせる守備力、ケガをしない体の強さ。独立リーグ時代の松嶋は、「NPBでも十分やれる」という評価を受ける一方、「あとひと押しほしい」という声も聞かれた。

 自分に足りないものは何かを見つけることにこだわってきたからこそ、技術的にも精神的にも伝えられることがあると、松嶋は考えている。

 自身が高校時代にたどり着けなかった甲子園に指導者として出場する、指導した選手をNPBに送り込む……こうした目標を持って教員の道に進んだのだろうと勝手に思い込んでいたが、松嶋の答えは異なるものだった。

「たしかに、野球の指導に携わりたいというのは、教員を志(こころざ)した理由のひとつです。もちろん、指導者として甲子園に出場したり、NPBに進めるような選手を育てるというのは夢のある話ですし、達成したいと思っています。ただそれ以上に、夢や目標を持つことの大切さを伝えたり、生徒の頭の片隅にある『こうなりたい』という思いを、『自分には無理だ』とやる前からあきらめさせるのではなく、『やってみます!』と挑戦する方向に持っていく。そうした生徒の後押しをしたいというのが、一番の理由ですね」

 ここで松嶋は、昨年講師として勤務していたときのエピソードを教えてくれた。

「『プロレスラーになりたい』という夢を僕に話してくれた生徒がいて、それを聞いて『絶対にやった方がいい。挑戦してみよう!』と後押ししたんです。こういう風にいろんな夢を持った人が自分の故郷である島根から出てきてほしいし、それを応援していきたいという気持ちは強くあります」

 最後に、教員の道に進んだ印象を聞くと、「まだ2年目なので、一概には言えない部分もありますけど」と前置きした上でこう答えた。

「短い期間のなかでも、『教員になってよかった』と感じる場面はたくさんあります。悩みもありますけど、すごくやりがいを感じています。独立リーグで5年という時間を費やしましたけど、現役をやりきれた。完全燃焼できたからこそ、100%の力で今の仕事に向かうことができています」

 夢は必ずしも叶うとは限らない。しかし、自らの可能性を信じ、夢に向かって挑戦した時間は間違いなく自分を成長させてくれる。本気で挑戦し、完全燃焼することができれば、新たな道に進んだとしても強く生きていける──松嶋自身が体現し、生徒たちに伝えたメッセージだ。

◆山本昌は楽天ドラフト7位の独立リーガー・寺岡?治をこんなに絶賛していた>>

◆熊本の公立校に伝わる「PLの遺伝子」。62歳の新監督が描く早大な夢>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索