阪神ドラフト5位・谷川昌希を社会人時代に大変身させた元プロの3人

 東農大時代の谷川昌希は「もどかしい投手」だった。まさに本格派というフォームから球威十分のストレートに、キレのいいスライダーを持っていた。だが通算成績は東都大学野球2部リーグで5勝12敗。「プロになれる素質」は持っていたが、「プロになれる投球」にはほど遠かった。

 ケガも多く、谷川は当時を「自分が投げなきゃダメだという気持ちが強すぎて、いつも無理しちゃったのかなと思います」と振り返る。


阪神からドラフト5位で指名を受けた三菱自動車九州の谷川昌希

 そんな男が今年、九州三菱自動車のほとんどの公式戦で投げるフル回転の働きを見せた。そして、国際試合でも活躍し、社会人3年目で念願のプロ入りを叶えた。その裏には、社会人生活の3年間で出会った人々の存在が大きかった。

 地元・福岡の九州三菱自動車に入社して、まず出会ったのが投手コーチの山内孝徳だ。1980年代の南海ホークス(現:福岡ソフトバンクホークス)を闘志むき出しの投球で支え、通算100勝。”ヒゲの山内”の愛称で親しまれた現役時代を覚えているファンも多いだろう。

「”きれいな花”に育てたくないのよ。きれいな花は、見た目はいいけどすぐに散ってしまうでしょ。そうではなく”雑草の花”に育てたい。花が咲いたらたくましく、踏まれてもまた咲くような、何年も咲き続ける花を育てたいのよ」

 そう話す山内の指導で1年目(2015年)は体力づくりとフォーム固めから始め、徐々に登板を増やしていった。

「壁にぶつかったときに『自分はこうやって積み上げてきた』というのがわかったら、それを基本にして自分で乗り越えることができる」という山内の信条のもと、谷川は着実な成長を遂げ、2016年、一躍ドラフト候補となった。

 だが夏以降に調子を落とし、ドラフトでロッテに5位指名された有吉優樹とは対照的に調査書は1球団からしか来ず、指名漏れとなった。このタイミングで山内が退任し、谷川は独り立ちを余儀なくされた。

 また、谷川とともに投手陣を支えていた寺岡寛治(今秋のドラフトで楽天7位指名)もBCリーグ・石川ミリオンスターズへ移籍し退社。チームの投手層が薄くなり、フル回転を察知した谷川は、自ら足を運んでさまざまな人物を頼った。

 まず、福岡市でジムを運営する小林亮寛(こばやし・りょうかん/元ロッテ)の元に通う回数を増やした。そこで、体の使い方・動かし方(エネルギーの伝え方)を学び、特に重心のコントロールに時間を割いた。

 体のケアに関しても、小林がロッテを退団後にアメリカ、台湾、メキシコ、韓国を渡り歩いた経験をもとに重要性を説いた。

「海外でやっていたときは、”助っ人”なのでどんどん起用されていました。でもそのなかで、”無理しながらも負担は最小限に”と、ケアは自分でしていました。これができなければプロでもやっていけません」

 この助言を受けた谷川は「状態が悪くなったときにケアに行くのではなく、いいときに行くようにしました」と、小林の紹介で佐賀県にある『鳥屋療術所』まで足を運んでケアに努めた。

 社会人選手にとって決して少なくない出費ではあったが、プロに行くための先行投資だと考えて、その腕に定評のある鳥屋仁のもとに足繁く通った。

 すると今年の都市対抗予選、7日間で6試合を戦うという過酷なスケジュールのなか、谷川は5試合に登板し、うち4完投という驚異の投げっぷりでチームを5年ぶりの本大会へと導いた。開幕戦では前年度優勝のトヨタ自動車を相手に、11回まで13奪三振、1失点の好投を見せた。

 さらに日本選手権予選でも、5試合すべてに登板して4完投。最後の試合に0対1で敗れて本選出場はならなかったが、チームのエースとして十分すぎる活躍を見せた。

 ドラフト会議を1週間後に控えた取材では「逆にこれでもダメだったら諦めつくなと思います」と、悔いなく今季を終えることができた充実の表情を見せていた。

 そして運命の日、谷川の名前は阪神のドラフト5巡目で呼ばれ、ついに幼い頃から描いていた夢を叶えた。次なる目標には「プロ1年目での年間60試合登板」を掲げる。九州三菱自動車で身につけたスタミナと「負担を最小限にするため」のケアと体の使い方は大きな武器になる。

 また、以前から得意としていたスライダーやカットボールに加えて、今年就任した九州三菱自動車の加藤伸一コーチ(元オリックスなど)に教えを請い、身につけたシュートも大きな武器になっている。

 加藤コーチは「成長をする上で足を引っ張るものがないですし、インコースを使える度胸もある。プロでもインコースを攻め切れるかどうかでしょう」と話し、「いろんなものを犠牲にして野球に取り組んできたわけですから、名を残し、数字を残し、お金を残してほしいですね」とエールを送る。

 谷川は社会人生活を振り返り、人との縁を感慨深く振り返る。

「社会人で、プロ野球の経験が豊富な山内さん、(小林)亮寛さん、加藤さんから指導を受けられるなんて、なかなかないですよね。また社業(販売店での営業)では、店舗の方やお客様からもたくさん応援してもらいました。車は決して安い買い物ではないから、信頼関係を築くことの大切さもあらためて感じることができました」

 こう話すように多くの縁に恵まれた。プロ野球の世界にはよきお手本となる人物がさらにいるだろう。そうした縁を最大限に生かすことができる。これが谷川の最大の武器であるように思う。

◆山本昌は阪神ドラフト1位・馬場皐輔を、どう評価していたか?>>

◆ドラ1が30歳で戦力外。元楽天・片山博視が諦めずに語っていたこと>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索