ビッグクラブ移籍説の中島翔哉を直撃。「ポルトガルが気に入っている」

ビッグクラブ移籍説の中島翔哉を直撃。「ポルトガルが気に入っている」

 ポルトガルリーグ第16節。1月4日、中島翔哉が所属するポルティモネンセはホームにベレネンセスを迎え、一進一退の攻防の末、0対0で引き分けた。

 ポルトガル南部のアルガルベ地方。春先に行なわれる女子サッカーのアルガルベ杯を開催する地域と説明したらピンとくるサッカーファンが多いかもしれない。中島は昨年8月末、そのなかの地方都市、ポルティマオをホームとするポルティモネンセSCにFC東京からレンタル移籍を果たした。

 加入直後の第4節こそ出場しなかったが、その後の第5節(ベンフィカ戦)からは交替出場も含めて全ての試合でプレーしている。その間の得点数は6。チームトップ、リーグ全体でも7位タイという活躍で、ポルトガル国内ではリーグ上位の強豪(ベンフィカ、ポルト)はもとより、国外のクラブからも興味を持たれていると報道されている。

 ベレネンセス戦でも定位置となった3トップの左サイドで先発した中島。試合後は、苦笑いしながら「こういう試合はよくあるので」と語った。前半はチーム全体の攻守のリズムの悪さに引きずられ、ボールを持ったときも相手の脅威になるようなプレーを見せることはほとんどなかった。

 しかし、後半冒頭の選手交替をきっかけに試合の流れがポルティモネンセに傾くと、徐々にボールに絡む時間が増えていく。

 60分には自身のパスカットから独走、ポスト際へ惜しいシュートを放つなど、場内をおおいに沸かせた。残念ながらチームを勝利に導くことはできなかったが、「前半からもっといいプレーをしないといけないですし、次はしっかりとこの反省を活かしたいと思います」と語ったように、すでに次の試合を見据えていた。

 FC東京からの移籍が発表されたときに「ポルトガルリーグは自分に合っている」とコメントしていたが、半年間戦った後でもその印象は変わっていなかった。

「すごく合ったリーグだと思います、日本の中ではあまり知名度が高くないかもしれないですけど、すごくいい選手、いいチームが多いと思うので、やっていて面白いですし、ポルトだったりベンフィカだったりスポルティングと試合をできたので、それは自分のためになると思います」

 ただし、ここまでの数字には満足はしていないようだ。「この半年間の自分の出来は? ゴールはもっと増やしたかったか?」という質問には「それはもちろんあります。(ただ)得点だけじゃないというか。得点に繋がっていくということで、どんなプレーも大事にして、ミスもどんどん減らさなきゃいけないですし、シュートももっと打てるようにやっていきたいです」と、答えた。

 移籍の噂の話題を振ると、中島は次のように答えた。

「このチームが好きですし、街もいいし、人も優しいので、ここにいることは幸せですし、ここですごく楽しんでいます。ただ、ポルト、ベンフィカというCLに出るクラブ、特にポルトという報道が出てたと思うんですけど(笑)、ポルトのサッカーは個人的に好きですし、ベンフィカもそうですけど、そういうチームでプレーするチャンスがあるなら、それは行きたいです。

 いいタイミングで移籍できればいいと思いますけど、今はここでプレーすることに集中しているので、それほど深くは考えていないです。(ポルトガルリーグの強豪への移籍は)この国がすごく気に入っているので、そういう話が来れば……。でも23歳なので、他の国に行く可能性もあります。自分に合ったチームとか、どこだったらサッカーを楽しめるかということを考えて。家族もいますし」

「小さい頃から海外でやりたいと思っていましたし、こっちのサッカーは自分に合っていると思う。このチームでプレーするのは本当に幸せなことなので、次に移籍するとしたら、より自分や家族や周りの人たちみんなが楽しんで、サッカーだったり日常生活が幸せにできるというのが大事です」

 リーグやチームのネームバリューにこだわらず、「サッカーを楽しむ」に重きを置くところが中島らしい。その後、話題は日本代表にも及んだ。

 代表に入ることにあまりプライオリティをおいていないという趣旨の彼のコメントを見た記憶があり、それを率直にぶつけると「そういう(入れなくてもいい)わけじゃないですけど(笑)」と断りを入れた後、次のように語る。

「今年はW杯もあるし、そういった大会に出るのは選手としてはすごく大事だと思いますけど、一番大事なのは自分が楽しんでプレーすることだと思うので、代表に行っても、ここでプレーしていても、他のチームに行っても、どんなときも楽しんでプレーするというのが大事です」

「年代別代表で一緒だった選手がフル代表に名を連ねるようになってきたことで刺激は受けるかと尋ねると、「ニュースとかは観ていますが、そんなに映像は……(苦笑)。東アジア(E−1選手権)はハイライトも観ましたけど、もともと気にするほうじゃないので。ただ、成(室屋)とか、ずっと一緒にやっている選手が(フル代表に)入ったのは嬉しかったですし、お互い頑張っていけたらいいと思います」と答えた。

 取材が終わり、中島が去ると、地元記者が「ショーヤは移籍について何かコメントした?」と質問してきた。「移籍の話があれば考えるけど、今はこのチームに集中していると言っていたよ」と伝えると、記者たちも、横にいたクラブの広報担当者も少し安堵した表情を見せた。

 加入半年で、それぐらいチーム内で重要な位置を占めるようになった中島。冬の移籍市場が閉まった後、その姿はどこで見られることになるのだろうか。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索