乾貴士いるところにチャンスあり。その存在がエイバルの強さを支える

乾貴士いるところにチャンスあり。その存在がエイバルの強さを支える

 いまのエイバルは強い。

 2018年最初の試合、エイバルはアウェーでラス・パルマスと戦い、新加入のファビアン・オレジャナとセルジ・エンリッチの得点で1対2の逆転勝利を飾った。これでチームは勝ち点を27に伸ばして順位は7位に浮上(第18節終了時点)。昨シーズンに続いて欧州大会出場権獲得の争いに身を置くことになった。

 エイバルにとって前半はまさに”事故”のような試合展開だった。32分、ジョナタン・ビエラのPKで先制点を奪われると、主導権を握りながらも、新指揮官に地元ラス・パルマス出身のパコ・ヘメス(かつてラージョ・バジェカーノなどを率いた名将)を招聘して最下位からの巻き返しを図るホームチームを攻略できず、時間だけが過ぎっていった。

 だが、6試合連続無敗を継続中で自信と勢いを持つエイバルは、後半のわずか4分間でスコアボードの数字を逆転してみせた。そのきっかけとなったのは、中盤でエイバルの攻撃の芽を潰していたラス・パルマスMFセルギー・サンペルが68分に負傷で交代したこと。そして岡崎慎司(レスター)のアドバイスに従い、ゴールへの意欲を強く意識しているという乾貴士のプレーだった。

「岡ちゃんからアドバイスを貰ってから、やっぱり意識して中に入るようになった。ゴールに近づいていると思う。今日、獲れなかったのはすごく残念だけど、自分にとっていいチャンスもすごくできているので、いいことだと思っている」

 73分、オレジャナのファーストタッチゴールを生み出したFKは、乾がもらったファールからだった。また、その4分後のセルジ・エンリッチのヘディングによるゴールも、乾が左サイドでホセ・アンヘル”コテ”へと繋いでラストパスとなった。数字という結果には残らないものの、チームの得点に乾はことごとく関与している。

 ゴールへの意欲。

 それを強く感じさせたのは14分のプレーだった。右サイドのカパのクロスに、乾は珍しくヘディングで合わせる。ゴールの枠を捉えたそのシュートはラス・パルマスGKレアンドロ・キキツォラの好守に阻まれた。しかしそれは、サイドに張っているだけでは生まれなかったチャンスだった。この試合、最後のパスこそ通らなかったが、通れば決定機というポジションに乾は何度も位置していた。

「来ないときもあるし、この間みたいにこぼれ球がくることもある。続けることだけだと思います。毎回毎回点を獲れるとは思っていませんが、この動きを続けてコンスタントに点を獲れることが一番だと。続けて点を獲れる位置にいることを意識づけしていきたいです」

 左サイドでエイバルの攻撃を活性化させるだけでなく、積極的にゴール前へと顔を出した乾。この日はロスタイムにも2度の決定機を生み出した。

「100パーセント、PK。あれをとらないのはありえない」と乾が言う1度目のチャンスは、エリア内の乾に相手DFの足がかかったが、審判の笛はならなかった。そしてオレジャナのサイドチェンジを絶妙なトラップで止めると、そこからドリブルで仕掛けたこの試合最後のチャンスも、必死に守るDFのブロックに遭って阻まれた。

「また股抜き、狙っちゃいました。やっちゃいました。ああいうところですね、最後のところで決めていれば1対2からの1対3になるので、試合を決定づけられていた。そういう意味でも決めたかった」

 乾はミックスゾーンでそう言って苦笑いした。

 もちろん、決められるところで決めなければ、監督、チームメートの信頼を得ることはできない。その物差しが得点、アシストといったデータとして残る結果であることも間違いないだろう。

 だが、チームの勝利というサッカーにおいて一番大事な結果を出すことにおいて、乾の力がひと役を買っているのは間違いない。いまではそのプレーがエイバルの強さを支えているというのが誰もの共通した認識である。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索