宮原知子、坂本花織が今から1カ月でロシア勢に勝つために必要なこと


平昌五輪に出場する宮原知子(中央)と坂本花織(左)

 平昌五輪の開幕まで1カ月を切った。フィギュアスケート競技は、開幕日の2月9日から団体戦がスタート。男子シングルは16日にSP、17日にフリーがあり、女子シングルは21日にSP、23日にフリーが行なわれる。
 
 平昌大会の女子シングルの見どころは、何と言っても強豪ロシア勢が表彰台を独占するのか、あるいはその一角を崩す対抗馬が出現するのか、そして五輪初出場となる宮原知子と坂本花織の日本勢2人がその対抗馬となって、どこまで食らいついてメダル争いに加われるか、ということになるだろう。

 ロシア勢につけ入るためには何が必要になるだろうか。

 まず、一番の前提となるのはショートプログラム(SP)とフリー、ともにノーミス演技をすることだ。特にジャンプの転倒などのミスは「致命傷」になる。その上で、高得点をマークするには、いかに出来栄え点(GOE)で加点を取れるかにかかってくる。

 ここで強みとなるのが、坂本のスピードに乗った高さがあるダイナミックなジャンプだろう。総合2位と大健闘したスケートアメリカでSP、フリー、合計のいずれも自己ベストを出した坂本。このとき跳んだ計10本のジャンプのうち、6本でジャッジは1.30点前後のGOEプラスをつけていた。

 一方、世界女王のエフゲニア・メドベデワと世界ジュニア女王のアリーナ・ザギトワの得点を見ると、常に1.50点前後〜2.00点近くのGOE加点が並ぶ。ジャンプ構成では互角の内容を跳んでいても、このGOEの点数の差が大きな勝負の分かれ目になっていることは言うまでもない。坂本、そして宮原が残り1カ月間にこの差をどれだけ詰めることができるか。それによってロシア勢に肉薄し、メダル争いに顔を出すチャンスが生まれるはずだ。

 全日本女王の宮原はこれまで、ジャンプの回転不足が課題だったが、体幹強化を図ってきた今季のジャンプは以前よりも力強さが増してきており、高さも出てきた。それだけに、緊張感のある試合で硬くならずに練習通りのジャンプを跳んで、回転不足を取られないことが必須だろう。

 ロシア勢に肉薄するための秘策としては、例えば基礎点が1.1倍になる演技後半にもう1本難易度の高いジャンプを組み込む、あるいは連続ジャンプを増やすといったことも考えられる。ただし、残り1カ月間でジャンプ構成を変更することは大きな賭けでもある。それを避けるなら、GOE加点を増やすために徹底してプログラムを滑り込み、完成度を上げてノーミス演技を目指すことが大事になる。

 ジャンプが跳べた上で、さらに勝負を左右する重要なファクターになるのが表現力となる。とにかく自分の個性を前面に出していくことが大切であり、ジャッジを味方にするくらいの、爽やかで強烈なアピールが必要になるだろう。

 アピール度に関していえば、日本勢はロシア勢に比べていまひとつ足りない感もあり、この演技構成点をもう少しアップさせたいところだ。宮原のSP『SAYURI』とフリー『蝶々夫人』、坂本のSP『月光』とフリー『アメリ』は、それぞれ五輪の舞台でも映えるすばらしいプログラムになっている。ロシア勢のプログラムにも決して負けていない。本番までにさらに磨き上げていけば、面白い勝負が見られるに違いない。

 そして最後に言えるのは、何より宮原と坂本には、初めての五輪という舞台で、自分のためにも楽しんで滑ってほしいということだ。トリノ五輪でアジア人初となる金メダルに輝いた荒川静香は、五輪について「自分が楽しむことができた」と語っている。楽しいと思えれば、ほどよい緊張の中で、自分が持っている実力を存分に発揮できる可能性が高まる。

 2枚目の五輪切符を最後まで争って悔し涙を流した樋口新葉や同門の姉弟子である三原舞依らを思いやって、坂本は「選ばれた限りは日本代表としてもそうだし、他の人が行きたかった中で自分が行くので、そういう責任もあると思う。しっかり自分の演技ができたらいいなと思います」と話している。

 確かに誰もが立てる舞台ではない。だからこそ4年に一度の祭典を思い切り楽しんで、持てる力を出し切ってほしい。試合では何が起こるかわからない。ましてや「魔物がいる」と言われる五輪の舞台だ。自分本来の力を発揮できたとき、そこに大きな成果が生まれるだろう。

 メダル争いをするためには、とにかくSPで完璧な演技を見せて70点〜80点台を出さなければならないだろう。金メダルを狙うには75点以上が必要になるのではないか。そして、フリーでは140点〜150点台を目指すことになる。合計210点〜230点台の争いとなり、225点を超えてくれば、五輪女王の栄冠が見えてくる。

 今季、合計225点以上をクリアしている選手は、ロシア杯を合計231.21点で優勝したメドベデワだけ。日本勢の今季自己ベストは、宮原が優勝したスケートアメリカで出した合計214.03点(自己ベストは218.33点)、坂本もスケートアメリカでマークした合計210.59点(自己ベスト)だった。

 どんなジャンプ構成で、どれだけ完成度の高いプログラムを演じるのか、華麗な女子たちの舞がいまから楽しみだ。


 

Sportiva増刊号 
羽生結弦 五輪V2への挑戦
予約受付中!!

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索