ネイマールはなぜ1人の美人女優と「破局と復縁」を繰り返すのか

ネイマールはなぜ1人の美人女優と「破局と復縁」を繰り返すのか

 スーパースターも人間だ。私生活はプレー内容に少なからぬ影響を与えるだろう。個人的には、サッカー選手はあくまでもプレーによって判断されるべきであり、彼らの私生活に立ち入ってあれこれ詮索するのは避けるべきだと考えてきた。しかし、私生活に大きな変化があったり、きわめて特殊な傾向がある場合、これらの情報は選手の性格なり人間性を理解する上で重要なカギとなるかもしれない。

 この年末年始の休暇中、セレソンとパリ・サンジェルマンのエースでブラジルの国民的英雄であるネイマールが、同じ女性と実に4度目の交際を開始した。ブラジルは恋愛にオープンな国で、有名無名を問わず、誰かと交際していることを隠さない人が多い。とはいえ、同じ相手と3度の破局を経て4度目に挑む、というのはさすがに珍しい。

 25歳のスーパースターのお相手は、22歳のブラジル人、ブルーナ・マルケジーニさん。国内では知らぬ者がいない美貌の若手人気女優だ。

 リオ郊外の出身で、6歳のとき初めてテレビドラマに出演し、可愛らしさと演技のうまさで評判になった。以来、少女から大人になる過程でますます美しくなり、地道に演技力も磨き、常にテレビ、映画、舞台の第一線で活躍してきた。若手女優の中では人気、実力ともにトップクラスだ。

 交際のきっかけは、ネイマールの強引なアタックだった。2012年8月、芸能界の人脈を通じてブルーナさんの電話番号を手に入れ、デートを申し込んだことから交際が始まった。

 当初、ブルーナさんの両親が「サッカー選手は女性関係がだらしない」と考えて娘の交際に反対したが、ブルーナさんもネイマールに好意を抱くようになった。翌年2月、2人が交際を公にすると、サッカー界と芸能界のスーパースターどうしの恋愛とあって国中の話題となった。以後、2人はそれぞれのインスタグラムに親密な関係をうかがわせる写真を掲載し、国民はその交際の進展を暖かく見守っていた。

 交際を始めて1年後、最初の破局が訪れる。2013年末の休暇を一緒に過ごした際、互いの嫉妬から言い争いになったのである。それでも3カ月後、ブルーナさんがリオ郊外で行なわれたブラジル代表の練習に顔を見せたことで交際が復活した。

 2014年8月、2人はスペインのイビサ島で一緒にバカンスを過ごした。ところが、ブルーナさんが2人だけでロマンチックに過ごすことを期待していたのに対し、ネイマールは多くの取り巻き連中を引き連れてきた。このことにブルーナさんが気分を害し、早々に帰国してしまう。これで二度目の破局となり、その後はそれぞれ別の相手とのロマンスが話題になった。

 ところが、2人はお互いのことを忘れていなかった。2016月8月、リオ五輪のサッカー決勝戦が行なわれたマラカナン・スタジアムにブルーナさんが応援に駆け付け、優勝を果たした試合直後、ネイマールがスタンドへ駆け寄ってブルーナさんを抱き締めた。その翌日に行なわれた男子バレーボール決勝の試合を一緒に観戦し、3度目の交際が始まった。

 2人は再び仲睦まじい写真を頻繁にインスタグラムに載せるようになり、今度こそ交際は順調に進展するかと思われた。ところが、昨年6月、ネイマールが意を決して結婚を申し込んだところ、ブルーナさんが「まだ若すぎる」とすげなく拒絶したのだ。

 結婚すれば彼女もフランスへ移り住むことになり、それはブラジル国内での女優としてのキャリアの中断を意味する。「サッカー選手は娘の結婚相手として好ましくない」と考える両親の意向も働いていたようだ。ネイマールは落ち込み、「2人で話し合った結果、別れることになった。でも、これからも彼女の幸せを願っている」と語った。

 しかし、ネイマールはやはりブルーナさんのことを忘れられなかった。昨年暮れ、年末年始の休暇をブラジル北東部の島で一緒に過ごすことを提案すると、ブルーナさんも承諾。今年の元日、ネイマールが自身のインスタグラムにブルーナさんの頬を手で抱えてキスをしている写真と「愛してるよ」というメッセージを掲載し、交際復活を高らかに宣言したというわけだ。

 一連の恋愛模様からうかがわれるのは、ネイマールが自分の好きな対象にとことんのめり込み、それを手に入れるための努力を惜しまず、何があろうと決して諦めない性格の持ち主だということだ。これは、子供時代からサッカーが大好きで、「努力」というよりは「好き」という気持ちで自分なりに工夫しながら練習を重ねてステップアップし、ついには驚くほどの高みにまで到達したこととも重なる。

 その一方で、これだけ破局を繰り返すのは、ネイマールは精神的にまだ幼いところがあり、相手の気持ちを察する思慮深さや忍耐力が十分ではないということだろう。これも、試合中、マーカーからファウルや乱暴なタックルを受けて激高し、ラフプレーをやり返してイエローカードをもらうことが多い悪癖と通じる。

 今年、セレソンがワールドカップで6度目の優勝を遂げるためには、エースの大車輪の活躍が欠かせない。そのためにも、彼には安定した心理状態でプレーしてもらいたい……。ブラジル国民は、若い2人の恋愛の行方をハラハラしながら見守っている。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索