長崎を奇跡のJ1に導いた、高田社長のテレビ通販と似たクラブづくり

長崎を奇跡のJ1に導いた、高田社長のテレビ通販と似たクラブづくり

■高田明V・ファーレン長崎社長に聞く(2)

 サッカーも通販も人生を楽しむためのもの、人を幸せにするもの。通販事業で成功したノウハウは十分に通じる、と信じてV・ファーレン長崎を引き受けたという高田明社長。その理念は見事にJ1昇格という形になって表れたと言える。

 高田氏が通販で成功した理由のひとつは、テレビメディアでのセールストークの豊かさにあった。15年ほど前には、高田氏をモデルにしたと思われる民放のドラマも放送されて話題となったほどだ(『ツーハンマン』テレビ朝日系)。大げさに言えば、そのトークはモノに命があるように伝え、「あるといいですよ」というメッセージをリアルに感じさせた。

 同じことは、それまで1試合の観客動員数が5000人程度だったクラブが、2017年ホーム最終戦では2万2000人という動員を記録したことにも通じるかもしれない。スタジアムの客席に監督のバナーが出ることは珍しくないが、長崎では高田氏のバナーや顔のイラストがアイコンのように掲げられている。高田氏のキャラクターも動員に寄与していることは間違いない。

――そのドラマは草刈正雄さんが主演していたのですが、当時、このドラマがなぜ生まれたのかと考えたんです。そして大げさに言えば、高田さんは通販界における手塚治虫なのかなと思ったんですよ。手塚さんが鉄腕アトムという機械に命を与えたように、モノに命を与えた。「これを持っていると楽しいですよ」「いいですよ」ということを、テレビを通じて実際に見せながら、隣にいる友人に言っているような感じで伝えていく。そういう思いがみんなに通じたから、今回もこの結果になったのかなとも感じているんです。

「そうであってほしいと思いますね。草刈正雄さんのドラマはもう20年くらいになりますね。私も何人かから言われたし、あれ、そう(自分がモデル)なのかなと思って見ていました(笑)。

 今(インタビュー中)、カメラマンの方が撮影されていますが、私も最初はカメラ店だったんです。カメラってすごいって思います。もし徳川家康の写真が1枚あったら、関ヶ原の戦いの写真が1枚あったらどうですか。1枚の写真が、100年の人生を語りかけてくるんですよ。それがカメラですよって。当時、このような話をすると、よく注文がありましたね。

 だから、サッカーも”勝った、負けた”のもっと先の、人に届くものがあると思います。結果だけで考えると、チームである選手や監督がやったということになるんですけど、そうじゃないんですよね。われわれ(クラブ側)が頑張った、そうでもありません。みんなが応援してくれたから、だけでもないんです。すべてが重なったときに初めて、踏み出すもの、感じるものがあるんだと思います。

 これからの課題は、関わる人の心をどれだけひとつにできるかということだと思います。2017年は、結果としてそれが出てきたんじゃないかと思います。頑張っている結果にファンが共感して、人が増えて応援する。一部の県民だけだったのが、だんだんと全部が応援し出す。だから盛り上がってきて、その後押しの中で選手の力がついてきて、J1という奇跡が起こったんじゃないでしょうか。みんなの力がそこに結集したということだと思います。

 ただ、その完成度はまだ高いものじゃない。ですからJ1になることが目的じゃなくて、昇格の先にあるものを、われわれが努力しながら作っていかなければならないと思います」

――確かにその結果の具体的な形として、2万2000人という入場者数になったのでしょうね。

「私もホーム最終戦のカマタマーレ讃岐戦、最終節のザスパクサツ群馬戦に行って見ていると、見る人の心も変わっているんでしょうけど、人の顔が見える感じがしました。

 高木監督もすごく進化しましたね。私が感じたのは、スキルや指導力の面ではなく、人間としてです。私も昇格が決まった2017年11月の暮れから、挨拶回りなどのために高木監督と一緒に車で回りましたけど、いろいろと話をしていて、失礼な言い方かもしれませんが、成長しているんですよ。私は60歳を超えても、人間として成長しなければいけないと考えていますが、その部分が本当に見えてきて、これはまた高木さん、2018年は何かやってくれるのかなと思わせてくれます。

 選手も成長していて、これは選手もやってくれるのかな、と。『V・ファーレンはJ1に来たら大変だよ』と言われるんですけど、そうじゃないと思います。今はJ1の力に近づいているんですよ。これは頑張れば、さらに上を目指せるという気がします」

――以前まだスポンサーだった時代に、高田さんがVIP席で試合をご覧になっているところをお見かけしたのですが、他のスポンサーにはふんぞり返っているように見える人もいるなか、普段着で、目立たないように見ている感じがしました。しかも、経営者となってからは、VIP席ではなく、いろいろな場所でご覧になっていたじゃないですか。あれはどういうことだったんですか?

「私のアウェーでの楽しみは、アウェーの方々に会うことなので、いろいろなところで見るんです。だから、スタジアムを歩いたりします。それに、わからないことがたくさんあるので、学んでいることもあります。『ピッチの看板どうなっている?』『バナー看板どうなっている?』って(笑)。観客の雰囲気を見るのも好きなんですよ。それが刺激となって私に何かを与えてくれますから。アウェーのロアッソ熊本戦は天気がよくなかったんですが、みなさんの応援の度合いを見たら楽しくなりました。

 ただ、アウェーでは、こちらが得点を入れても『シッ、静かに』と言うくらいに気を遣っちゃうこともあるんですよね。でも、そこで喜ばないのもおかしいので、10のうち6の度合いで喜んでいます。自分の性格かもしれないですが、そういう中で人間関係というものはできてくると思っています。

 サポーターの席(V・ファーレンシート)を歩いていると、やっぱり感動します。あれだけ熱中して頑張っている姿を見て、私も幸せになりますよ。人の幸せを見ると自分も幸せになれますからね。それを全部で共有していくことが、一番大事なことかもしれません。だから私は、2017年シーズン最後の挨拶でも言いましたが、勝ったときは、相手の方へのリスペクトを一番考えます。そういうことが普通にできるチームにしたいと思っています」

――アウェーで勝っても少し抑えて……というのは、高田さんの性格が出ているのでしょうね。

「やはりホームで勝っても、来ていただいた方への心配りはすごく必要だと思います。そういう文化をV・ファーレンというクラブの中に定着させていただいて、みんなが自然体で感じるようにすること。それが大事なんじゃないでしょうか」
(つづく)

●たかた・あきら 
1948年、長崎県平戸市生まれ。1974年、家業の有限会社カメラのたかた入社。1986年、株式会社たかた設立。1999年、社名を株式会社ジャパネットたかたに変更。2015年、ジャパネットたかた代表取締役退任。2017年、株式会社V・ファーレン長崎代表取締役社長就任




関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索