共同通信杯は、メンタルが強いこの「マル外」が大本命グレイルに迫る

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 冬の東京開催も、はや3週目。今週は、明け3歳馬にとって重要な一戦となるGIII共同通信杯(2月11日/東京・芝1800m)が行なわれます。

 厳寒期のGIIIということもあって、ひと昔前はそんなにメンバーがそろわなかったのですが、昨年の勝ち馬スワーヴリチャードがダービー2着、一昨年の覇者ディーマジェスティが皐月賞を勝って、3年前の1着馬リアルスティールが皐月賞、菊花賞で2着となり、2着馬ドゥラメンテが二冠(皐月賞、ダービー)を達成。それ以前にも、イスラボニータ、ゴールドシップ、ディープブリランテなど、ここで上位に入った馬がことごとくクラシック戦線を賑わすようになり、”出世レース”として重要視されるようになりました。

 日本ダービーを狙うような期待馬、特に関西馬にとっては、ダービー前に東京競馬場を経験させておきたいもの。しかも、それなりのメンバーで腕試しをしたいと考えれば、この開催のあとではダービートライアル(青葉賞、プリンシパルS)くらいしかなく、皐月賞出走も想定していれば、必然的にこのレースを選択、ここに好メンバーが集まるのも当然と言えます。

 また、最近は道路事情もよくなって、渋滞を回避しやすくなったこと、馬運車もここ数年で格段に性能が上がって、長距離輸送のリスクが少なくなったこともあるでしょう。近年は、同時期に関西で行なわれるGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)よりも、好メンバーがそろうようになっていますからね。

 そして今年も、関西から楽しみな逸材が出走してきます。

 グレイル(牡3歳)です。暮れのGIホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)を制して、実績的には”世代最上位”と言えるタイムフライヤー(牡3歳)を、その前の京都2歳S(11月25日/京都・芝2000m)で差し切っています。

 その戦績だけでも注目に値しますが、そのレース内容がいかにも幼く、まだまだ伸びしろを残していた分、一層期待が膨らみます。

 鮮やかな勝利を飾った京都2歳Sですが、最後の直線では手前を替えず、右手前のまま走っていたように見えました。それでいて、あの差し切り勝ち。しかも、差した相手がのちのGI馬なのですから、驚くばかりです。

 右手前が得意で、左手前ではあそこまで伸びない可能性もあるのですが、今回は左回りの東京が舞台。直線は右手前で走るはずですから、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、本当に楽しみです。

 今年も共同通信杯から、クラシックで輝く馬が出るかもしれませんね。

 実績的には、この馬に迫る存在は他にいません。それでも、ステイフーリュッシュ(牡3歳)とゴーフォザサミット(牡3歳)の2頭は、これまでに対戦してきた馬との比較から、注視すべきでしょう。

 ステイフーリッシュは新馬勝ちのあと、果敢にホープフルSに挑戦。キャリア1戦の身で、中山の暮れの大一番で3着と好走したことは、高く評価できます。

 その跳びの大きい走りから、広い東京のほうがより能力を発揮できるでしょう。新馬勝ちの舞台も中京でしたし、左回りに変わることもかえってよさそうです。

 もしかすると、グレイルに迫れる1頭かもしれません。そんな可能性を少しだけ感じています。

 一方、ゴーフォザサミットは、昨秋の500万特別・百日草特別(11月5日/東京・芝2000m)で2勝目を挙げました。そのときの2着馬が、ホープフルSで5着と善戦したナスノシンフォニー(牝3歳)です。

 ということは、同3着のステイフーリッシュと同等の力があると見ることができます。東京コースを経験していることも強み。チャンスはゼロではないと思います。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、外国産馬のアメリカンワールド(牡3歳)を取り上げたいと思います。未勝利を脱出したばかりで、マークも薄いでしょうが、軽視は禁物です。



年が明けて、劇的な変貌を遂げたアメリカンワールド

 同馬は新馬戦(10月21日/京都・芝1600m)から上位人気に推されたように、おそらく厩舎の期待が大きく、前評判も高かったと思います。ただそのデビュー戦は、季節外れの台風によって極悪馬場に見舞われてしまいました。そこで4着に敗れたことは、仕方がないでしょう。

 続く2戦目(11月5日/京都・芝1800m)は、中1週で挑みました。結果は3着。負担の大きい極悪馬場を走った直後、ということを考えれば、この結果も仕方がないと思います。逆に、ゴール直前まで内で粘っていたレースぶりから、能力の片鱗が見えたような気がしました。

 その後、間隔を開けて年明けに出走。その前走(1月13日/京都・芝1800m)が、過去2戦とは一変していました。

 後続に2馬身半差をつける完勝。ゴール前では流す余裕を見せるほどの圧巻の内容でした。2着が良血レーヴドリーブ(牝3歳)だったことを思えば、決して相手が弱かったわけではありません。短期間で大化けしたのかもしれませんね。

 今回は、初めての長距離輸送に加え、初コースと課題はたくさんありますが、そもそも”マル外”ですから、メンタル面は比較的強いのはないでしょうか。

 グレイルにどこまで迫れるか、ステイフーリッシュやゴーフォザサミットに先着できるか、しっかりとその走りを見守りたいと思います。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。



◆共同通信杯は「血の連鎖」に注目!実績も十分のグレイルで鉄板だ!>

◆京都記念は、人気GI馬ではなく「5番人気の牝馬」に資金を突っ込め>

■競馬 記事一覧>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索