フィギュア団体の滑りで見えた、宇野昌磨のシングル金メダルへの道

 2月8日のスキージャンプ男子ノーマルヒルの予選に続き、開会式に先駆けて9日の午前10時から行なわれたフィギュアスケート団体の初日。その男子SPは、パトリック・チャン(アメリカ)やネイサン・チェン(アメリカ)、ミハイル・コリヤダ(ロシア)といった、有力選手が次々とミスを重ねる予想外の展開になった。


フィギュアスケート団体の男子SPで1位となった宇野昌磨

 その空気が連鎖したのか、最終滑走の宇野昌磨も、最初の4回転フリップで着氷を乱してステップアウトする滑り出しになった。宇野は、そのときの心境をこう振り返る。

「前の選手がミスをした影響はけっこうありましたね。特に、ネイサン選手とコリヤダ選手の演技は目の前で見ていたし、(2人が)あれだけ失敗するのは初めて見たので。『緊張感とか特別なものがあるのかな。朝早いことが影響したのかな』と、いろいろ考えてしまいました。

 自分も失敗するのかもしれないと思いながら試合に入って、最初のフリップは『ヤバイ!』と思ったんですが、何とかこらえられました。それ以降は思ったより体が動いていて、普段通りに滑れたと思います」

 宇野が「ヤバイ!」と思ったという4回転フリップは、しっかり回り切っていたものの、出来映え点(GOE)では2.86点減点されてしまう。しかしそこからは、フライングキャメルスピンをレベル4にすると、ステップはレベル3ながらエッジを効かせた粘りのある滑りを見せる。そして、「不安があった」と語った後半の4回転トーループ+3回転ループを1.86点の加点にすると、次のトリプルアクセルもきれいに決めた。

 演技終了直後、宇野は「最後のポーズは歩幅が大きすぎて転びそうになったので、早く止まらなきゃと思っていた」と苦笑い。しかし結果は、103.25点と、2位のアレクシィ・ビチェンコ(イスラエル)に14.76点の大差をつけて1位となり、10点を稼いだ。

 さらに、続くペアSPでは、須崎海羽・木原龍一が自己ベストの57.42点を出して8位(3点)に入り、初日のポイントを13点に伸ばしてカナダ、アメリカに次ぐ3位につけた。11日の女子SPとアイスダンスの結果で上位5チームに入ると、ペアと男女のフリーが行なわれる決勝に進むことができるが、前回大会の5位を上回る可能性も見えてきた。

 その足がかりを作った宇野は、初めての五輪の舞台にも特別な感情を抱くことはなかったという。

「フリップは自分では失敗したかなと思ったけど、気づいたら立っていたというか……。こらえていたので覚えていないんです。それ以降も立て直せたという実感はなくて。これは、うまくいったから言えることだと思いますけど、練習してきたことを信じた結果だと思います。本当に、何も考えず思い切り跳ぶだけでした」

 前の選手の失敗による若干の動揺があったとはいえ、宇野は緊張することなく演技に集中することができていたのだ。

 宇野の団体SPでの1位発進は、2014年のソチ五輪を彷彿(ほうふつ)とさせる。そのときは、羽生結弦がノーミスの演技で97.98点を出してエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)やパトリック・チャンを抑えてトップに立ち、シングルでの金メダルにつないだ。

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア部長は、「前に滑った若い選手たちが五輪を意識しすぎていたせいかバタバタしていたので、『(宇野も)ミスをしてもいいか』くらいの気持で見ていました。あの状況のSPで、100点を超えたのは収穫。これで戦う準備ができたと思います」と期待を口にする。

 シングルで最大のライバルとなるだろうアメリカのネイサン・チェンは、公式練習からジャンプが本調子ではなかった。団体戦のSPでは冒頭の4回転ルッツをフリップに変えてきたが、その4回転フリップで着氷を乱し、セカンドは2回転トーループをつけるだけにとどまった。さらに、後半に入ってからの4回転トーループはパンクして2回転になり、得点なし。その後のトリプルアクセルも転倒するなど、80.61点で4位に沈んでいる。

“伏兵”と警戒されていたロシアのコリヤダも、最初の4回転ルッツで転倒しただけでなく、次の4回転トーループも転倒して連続ジャンプにつなげなかった。後半のアクセルジャンプも1回転半になって0点と、散々な出来で8位と低迷した。

 こうなると、シングルに向けて明るい兆しが見えたようにも思えるが、宇野は、「団体と個人はまったく別物だし、僕も練習ではたくさんミスをしてしまうこともある。今日のSPはたまたま僕がうまくいったけど、それだけのことで、個人戦につながるものはないと思います」と気を引き締める。

 いずれにせよ、五輪という大舞台での最初の演技を、自信を失わずに”普段通り”に終えられたことは大きい。もちろん今は、残るチームメイトの演技に集中しているだろうが、2月16日に行なわれる個人のSPにも、余裕を持って臨めそうだ。

◆浅田真央「伝説のトリプルアクセル」を見た記者の体はブルブル震えた>>

◆平昌五輪でぶっつけ本番。今こそ羽生結弦には私たちの声援が必要だ>>

◆フィギュアスケート団体 
前回ソチ五輪から採用された国別対抗戦で、10チームが出場する。男女シングル、ペア、アイスダンスの4種目でSPを行ない、ポイント合計上位5チームが決勝のフリーで順位を競う。2種目まではSPとフリーで異なる選手を起用することができる。
種目ごとに1位に10点、2位に9点、3位に8点……10位に1点と、順位によって決められたポイントが加算される。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索