人気馬が強いクイーンCでも、穴党記者「渾身の5頭」には根拠あり!

 3歳牝馬によるGIIIクイーンC(2月12日/東京・1600m)は、のちに活躍する名牝を数多く出している注目の一戦。事実、過去10年の連対馬で、その後にGIを制した馬が6頭もいる。

 そうしたレースの性格を反映してか、人気馬の信頼度の高いレースでもある。過去10年の1番人気馬を見ても、5勝、2着1回、3着1回、着外3回と、上々の成績を残している。

 ということは、穴党の出番はないのだろうか。

「確かに先のことを考えると、素質馬であるほど、ここで賞金を上積みしておきたいのは当然のこと。今年も、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)で3着だったマウレア(父ディープインパクト)あたりは、現在の収得賞金では桜花賞出走には心許ないので、ある意味”目イチ”で仕上げてくると思います。本命党なら、間違いなくこの馬を推すところです」

 悩ましい表情でそう語ったのは、スポーツニッポンの「万哲」こと小田哲也記者。ただ、それでも好配当ゲットに向けて自らのスタンスは崩さない。

「2勝馬や、重賞で実績を残している馬に人気が偏るようであれば、”穴馬”として、勝ち上がったばかりの1勝馬などに食指が動きます。まして、今回は人気が割れそうですから、思わぬ組み合わせで高配当ということも十分に考えられます」

 小田記者が言うとおりである。実際、クイーンCは人気馬が強いレースではあるが、3連単の配当は過去10年のうち、8回は万馬券となっている。人気馬が安定しているわりにはオイシイ配当が得られるのが、このレースの特徴とも言える。

 そこで、小田記者は「ディープインパクト産駒は今週末の雨予報が気になるところ」と言って、デビュー戦を勝ってここに臨むロフティフレーズ(父ロードカナロア)を推奨する。

「前走のデビュー戦(1月21日/中山・芝1600m)は、実は2週連続で除外になったうえでの出走でした。しかも、関西から遠征してきた骨っぽいメンバーが相手となりました。そうした状況の中で、道中5、6番手で折り合って直線で抜け出すと、きっちりクビ差勝ち。初戦から型ができている印象を受けました。

 勝ったのは中山ですが、フットワークからは東京向きだと思います。先日もアーモンドアイ(牝3歳)が牡馬相手にGIIIシンザン記念を勝ったように、ロードカナロア産駒の勢いは見逃せません」

 さらに、小田記者には”非ディープインパクト産駒”でもう1頭、気になる馬がいるという。テトラドラクマ(父ルーラーシップ)である。


フェアリーSからの巻き返しが期待されるテトラドラクマ

 同馬は未勝利戦を勝ち上がったあと、前走でGIIIフェアリーS(1月7日/中山・芝1600m)に挑んで1番人気に推されたが、6着に敗れている。

「(フェアリーSでは)内外のバイアスが大きい中山の芝1600m戦で、さすがに大外の16番枠に入ったのが厳しかったのではないでしょうか。道中、それを考慮して前目の位置取りで競馬をした分、終(しま)いが甘くなったように見えました。

 でも今回は、未勝利戦を勝った東京に戻ります。その未勝利戦では、1分33秒9という好時計をマークして5馬身差の圧勝。前走の敗戦で人気を落とすようなら、狙い目ですよ」

 同じくテトラドラクマを推すのは、日刊スポーツの木南友輔記者だ。

「1番人気に応えることができなかったフェアリーSは、レースの流れで負けたのか、力負けだったのか、という点がポイントになりますが、レースの翌週に同馬を管理する小西一男厩舎のスタッフに聞いたところ、レース後に引き上げてきた石橋脩騎手がかなり悔しそうだったとか。そこから察するに、力負けではないでしょう。

 東京では、3走前にフェアリーSを制したプリモシーン(牝3歳)の2着と好走し、2走前では驚きの勝ち時計を記録しました。コース適性はかなり高く、巻き返してくる可能性は大いにあります」

 そして木南記者は、「ツヅミモン(牝3歳)の前走シンザン記念2着がフロック視されるようなら(同馬を)買いたい」と言いつつも、「ここで同馬をオススメするのはどうかと思うので……」として、フェアリーS組からもう1頭、推奨馬を挙げた。

「フェアリーS4着のハトホル(父モンテロッソ)です。同レースでは、最後の直線で大外最後方から、坂を上がってものすごい脚で伸びてきました。2走前に白菊賞(11月26日/京都・芝1600m)で8着に敗れた結果も見直せる内容でした。白菊賞は長距離輸送もあって、のちに阪神JFで2着となるリリーノーブル(牝3歳)など相手も強かった、と割り切ってもいいでしょう。

 ドバウィ産駒の父モンテロッソは、日本の芝に適性のある子を出しています。GIIIきさらぎ賞で3着に入った同産駒のラセット(牡3歳)に続いて、重賞で好走するかもしれません」

 小田記者、木南記者が関東馬の激走を期待する一方で、デイリースポーツの大西修平記者は、1戦1勝の関西馬に白羽の矢を立てる。

「面白いのは、フィニフティ(父ディープインパクト)です。デビュー戦(11月12日/京都・芝1600m)では、スッと好位につけて抜け出す鮮やかな勝ちっぷり。勝ち時計こそ、強調するようなものではなかったのですが、レースセンスの高さと、追ってからの反応のよさからは、古馬GI戦線で活躍する全兄ステファノス(牡7歳)に勝るとも劣らない、非凡な才能を感じました。

 完成するのはこれから、というのは否めませんが、それでもこの中間を見る限り、初戦のときよりパワーがついた印象があります。1週前の追い切りでは、新コンビの川田将雅騎手を背にして栗東CWで併せ馬を実施。抜け出して1頭になってからも遊ぶようなところもなく、集中してしっかりと脚を使えていました。

 初の長距離輸送と左回りなどクリアすべき課題も多いですが、素質の高さは世代屈指。重賞制覇の可能性は十分にあると見ています」

 大西記者ももう1頭、注目している馬がいると言う。関東馬ながら関西の若手ジョッキーが手綱をとるナラトゥリス(父ルーラーシップ)だ。

「デビュー戦(9月3日/新潟・芝1800m)は3着に敗れましたが、のちにGIホープフルSでも4着と善戦した勝ち馬サンリヴァル(牡3歳)とタイム差なしの決着。2戦目できっちり勝ち上がったのは、能力がある証明でしょう。

 前走の赤松賞(11月19日/東京・芝1600m)も3着に屈しましたが、今回も本命視されている勝ち馬マウレアを上回る、33秒3というメンバー最速タイの上がりをマーク。その末脚には目を引くものがあり、マウレアとの着差もクビ差+クビ差なら、悲観する結果ではありません。

 同レース4着馬のレッドサクヤ(牝3歳)がその後、オープン特別のエルフィンSを快勝したことを思えば、相当ハイレベルなレースだったと見ることもできます。鞍上の菱田裕二騎手も高く評価する好素材で、自慢の末脚の生きる流れになれば、ここでタイトル奪取を果たしてもおかしくありません」

 はや2カ月後に迫った牝馬クラシック第1弾、桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)の行方を占う意味でも見過ごせない一戦。アッと言わせる波乱を起こして、新たな”ヒロイン”の座をつかむ馬が、この中にいるかもしれない。

◆共同通信杯は「血の連鎖」に注目!実績も十分のグレイルで鉄板だ!>

◆京都記念は、人気GI馬ではなく「5番人気の牝馬」に資金を突っ込め>

■競馬 記事一覧>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索