「負けました」と言った羽生結弦の金メダル。ソチで起きた五輪の魔力

短期連載・五輪記者オリヤマの追憶 ソチ(2014年)

前回の記事はこちら>>


男子フィギュアスケートのフリーを終え、天を仰ぐ羽生結弦 photo by Noto Sunao

 2014年に開催されたソチ五輪(ロシア)は、その4年前のカナダ・バンクーバー大会に続いて、かなり暖かいオリンピックだった。現地の気温は10度を超えることもしばしばで、Tシャツやノースリーブで会場を歩く選手もいた。

 日本は、1998年の長野五輪に次ぐ8個のメダルを獲得したが、スキージャンプ女子ノーマルヒル個人では「金メダル最有力」と目されていた高梨沙羅が、暖冬の影響で苦い結果に終わった。

 当時の高梨は、まさに”無敵”状態だった。安定した踏み切りと空中姿勢、他を圧倒する飛距離を武器に、2013−2014シーズンのW杯で開幕戦から4連勝。ソチ五輪直前までの12戦で9勝を挙げ、W杯通算の勝利数を男女通じて日本人歴代最多となる「17」に伸ばしていた。

 しかしソチ五輪本番では、ジャンプ台の助走路に異変が起きていた。競技当日も気温が上がったことで、助走路に積もった雪が、みぞれ状態になっていたのだ。そうなるとスキー板との摩擦が大きくなり、体重の軽い高梨の助走スピードは体格に勝る海外の選手たちよりも落ちてしまう。

 それに加えて、飛距離を大きく左右する風にも恵まれなかった。高梨の2本のジャンプは、どちらもジャンプ台から飛び立った後に強い追い風が吹き、「後ろから叩きつけられる」ような形となった。そんな悪条件でも1本目の飛距離を100mまで伸ばしたのはさすがだが、課題としていたテレマークもきれいに決めることができず、メダルまであと一歩の4位にとどまった。

 競技終了後、高梨がゴーグルの奥で瞳に溜めた涙は、彼女が「勝たなくちゃいけない。期待を裏切ってはいけない」というプレッシャーと戦い続けていたことを示していた。

“天才”と称されることが多い高梨だが、実際は、試行錯誤を重ねて自分のジャンプを磨いてきた”努力の人”という表現のほうがしっくりくる。W杯で勝利を重ねていた高梨も、当時はまだ17歳。初めての五輪で過度な期待を背負いすぎてしまったのかもしれない。2大会目となる平昌五輪では肩の荷を降ろし、納得のいくジャンプを見せてほしい。

 一方、同じスキージャンプでベテランらしい落ち着きを見せていたのが、夏季・冬季通じて史上最年長の41歳で日本選手団主将を務めた、葛西紀明だった。

 7度目の五輪出場を果たした葛西は、男子ラージヒル個人で冬季五輪の日本人最年長となる銀メダルを獲得。その2日後に行なわれたラージヒル団体でも銅メダルを手にした。


スキージャンプ男子で2つのメダルを獲得した葛西photo by JMPA

 この活躍を機に”レジェンド”という称号が一気に広まったが、当時の葛西は腰とヒザの状態が万全ではなかった。それでも2つのメダルを手にできた要因は、精神面の”成熟”にあったように思う。

 若い頃の葛西は、予選や公式練習でも常に全力で、悪く言えば”遊びがない”選手だった。しかし、経験を重ねたことで「とにかくメダル!」という前のめりな姿勢から脱却。ソチ五輪では自分の体の状態を見ながらジャンプの練習を控え、選手団の主将として他競技の日本人選手の応援に駆けつけるなど、精神的に安定した状態で競技に臨んだ。

 そんな葛西が、団体戦でもチームメイトの支えとなる。血管の病気であるチャーグ・ストラウス症候群を乗り越えた竹内拓、W杯で左ヒザを痛めた伊東大貴など、コンディションが芳しくなかったメンバーにとって、リーダー葛西の存在は頼もしかったことだろう。団体戦のあと、「自分だけでなく、全員でメダルを持って帰りたかった」と、葛西が個人のメダル獲得時には流さなかった涙を目に浮かべる姿が、強く印象に残っている。

 葛西は、私が冬季五輪の取材でもっとも長く追いかけている選手だ。ソチ五輪後に「50歳まで続けますよ」と笑顔で語ってくれた彼にとっては、45歳で出場する今年の平昌五輪もまだまだ通過点。今シーズンは調子があまりよくないが、決勝に進んだノーマルヒル個人、葛西の高い技術が生きるラージヒル個人・団体で会心のジャンプを期待している。


ノルディック複合・男子個人ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部 photo by JMPA

 その葛西が初めて出場した1994年のリレハンメル五輪以降、メダルがなかったノルディックスキー複合では、渡部暁斗が日本人選手として20年ぶりに表彰台に上った。

 2010年のバンクーバー五輪に続く出場となった渡部は、ソチ五輪初戦の個人ノーマルヒルで、前半のジャンプをトップと6秒差の2位につける。後半のクロスカントリーでも激しいトップ争いを演じ、最後は引き離されたものの銀メダルを獲得した。

 ヨーロッパ勢の選手に負けない”走り”が武器だった渡部には、お手本となる日本人選手がいた。2010年のトリノ五輪まで3大会連続で五輪を戦った小林範仁(のりひと)だ。

 日本が14年ぶりに団体戦で金メダルを獲得した2009年の世界選手権(チェコ・リベレツ)で、小林は後半のクロスカントリーのアンカーとして3位でスタートし、残り700mでトップに立って最後のスプリント勝負も制した。小林は、ヨーロッパ勢が優位だったクロスカントリーでも日本人選手が勝てることを証明してくれた選手だった。

 そのときの世界選手権や、トリノ五輪でもチームメイトだった渡部は、起伏の激しいコースの走り方、スプリントのタイミングなどを小林から学んだ。先輩の背中を見ながら最大の武器を手に入れ、クロスカントリーとのバランスを考えながら前半のジャンプも磨き、ソチ五輪の銀メダルにつなげた渡部。ソチからさらなる進化を遂げた渡部なら、平昌五輪で複数のメダルを獲ってくれるだろう。

 ある選手が礎(いしずえ)を作り、それに勇気を得た新しい才能が台頭するといった流れは、どのスポーツでも共通するものだ。日本の男子フィギュアスケートにおいては、公式戦で初めて4回転ジャンプを成功させ、2002年のソルトレイクシティ五輪で4位に入賞した本田武史、バンクーバー五輪で銅メダルを獲得した?橋大輔が、その礎を築いたと言っていい。

 バンクーバーで日本男子に初のメダルをもたらした?橋は、本田をコーチに迎えて大会前の大ケガを乗り越えたが、ソチ五輪に至る過程はさらなる試練の連続だった。

 2010−2011シーズン、?橋はメダル獲得を果たしたことからモチベーションが低下し、一時は引退も頭をよぎったという。そのシーズンを締めくくる世界選手権で5位に終わったことで現役続行を決意し、その後は調子を取り戻していたが、2012−2013シーズン終盤の四大陸選手権で7位、世界選手権では6位と精彩を欠く。
 
 ソチ五輪のシーズンは、11月に右すねを負傷した影響でGPファイナルを欠場。代表選考会の全日本選手権はフリー転倒時に右指を切り、流血しながら演じきったものの5位に沈む。過去の実績などから代表のメンバーに選ばれたが、本番直前にはSP使用曲のゴーストライター騒動に巻き込まれた。

 とても万全とは言えない状態の中、?橋は本番のSPを4位でまとめ、現役生活最後のフリーを迎える。ジャンプでミスがあり、ステップも全盛期と比べたらキレは落ちていた。総合6位という結果には、本人は納得がいかなかったかもしれない。しかしながら、さまざまな苦難を乗り越えてきたスケート人生の集大成となった演技に、観衆は魅了された。

 そんな珠玉の”ラストダンス”を披露した?橋の前で、次世代のエース、羽生結弦が日本人初の金メダルを獲得した。

 ?橋がバンクーバー五輪で3位に入った2010年、中学3年生だった羽生は日本で4人目の世界ジュニア王者に輝く。シニアに上がってからは、東日本大震災で拠点だったアイスリンク仙台が営業中止になる苦難も乗り越えながら、次々と自己ベストを更新。全日本選手権2連覇を果たしてソチ五輪への出場を決めた。

 本番では、先に行なわれた団体戦のSPで波に乗り、個人のSP『パリの散歩道』では前人未到の100点超えとなる101.45点で首位に立つ。しかし、続くフリーでは3回転フリップで着氷を失敗するなどミスを重ね、不本意な結果に終わった。

 フリーの演技を終え、ミックスゾーンに姿を現した羽生は「負けました」と口にした。そのとき羽生は、自分の直後に滑走するカナダのパトリック・チャンに逆転されることを覚悟していたのだ。


金メダルを獲得して笑顔を見せる羽生 photo by Noto Sunao

 それほどまでに、当時のチャンは強かった。5位に入賞したバンクーバー五輪以降、抜群の安定感で常に3位以内をキープし、2011年からの”世界選手権3連覇”という肩書きを引っさげてソチ五輪に臨んでいた。

 SPで羽生と約4点差の2位につけていたチャンが、いつも通りにフリーを演じて金メダルを獲るだろうと、羽生本人も諦めていたのだろうが……。冒頭のコンビネーションジャンプを決めてからは、チャンらしくない細かいミスを重ねてしまう。

 羽生の失敗のイメージが頭に残っていたのか、五輪の頂点が見えたことによるプレッシャーがチャンの動きを狂わせたのか。いずれにせよ、”五輪の怖さ”が凝縮された戦いを経て、羽生は日本男子フィギュア初の金メダルを手にした。

 平昌五輪には、そんな羽生の背中を追って急成長した宇野昌磨が、団体戦SPに出場して堂々たる滑りを見せた。一方、ケガで”一発勝負”となった羽生も、五輪2連覇に向けて集中力を高めているに違いない。

 ここまで紹介した選手のほかにも、スノーボード男子ハーフパイプで2位・3位に入った、平野歩夢と平岡卓、同じくスノーボードの女子パラレル大回転で銀メダルを獲得した竹内智香、スキーの女子ハーフパイプで銅メダルを獲得した小野塚彩那ら、ソチ五輪のメダリスト全員が再び五輪の舞台に立つ。

 さらなる高みを目指す者、敗れた悔しさを晴らすために戻ってきた者、初の五輪で活躍を期す者。選手のさまざまな思いが交錯する平昌五輪では、結果だけでなく、それぞれが織りなすドラマにも注目したい。

折山淑美(おりやま・としみ)
長野県生まれ。1992年のバルセロナ五輪以降、夏季・冬季五輪を14大会連続で現地取材を行なっているフリーライター。フィギュアスケート、スキージャンプ、陸上など、競技を問わず精力的に取材を重ね、選手からの信頼も厚い。著書に『日本のマラソンはなぜダメになったのか 日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!』(文春e−book)、『「才能」の伸ばし方――五輪選手の育成術に学ぶ』 (集英社新書)などがある。

◆浅田真央「伝説のトリプルアクセル」を見た記者の体はブルブル震えた>>

◆平昌五輪でぶっつけ本番。今こそ羽生結弦には私たちの声援が必要だ>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索