スマイルジャパン、初戦惜敗も怒涛のチャージで韓国人ファンを魅了

スマイルジャパン、初戦惜敗も怒涛のチャージで韓国人ファンを魅了

 悲願の初勝利は、またもお預けとなった。

 世界ランキング9位の女子アイスホッケー日本代表、通称スマイルジャパンは、10日、平昌五輪の初戦に臨み、同5位のスウェーデンに1−2と敗れた。

 スマイルジャパンにとっては今回が3度目の五輪。過去の2大会(1998年長野、2014年ソチ)ではいずれも5戦全敗に終わっており、これで五輪の連続未勝利は11試合にまで伸びてしまった。

 スウェーデンには前回ソチ大会の初戦でも0−1と敗れている。結果だけを見れば、またかと思われても仕方がない。予選ラウンド突破に向けて弾みをつける意味でもこの初戦が大事であり、チームもここに照準を合わせていたことは確かである。だが、同じ点差、同じ敗戦でも、その内容は4年前とは大きく異なり、2戦目以降に十分な可能性を感じさせる惜敗だった。

 シュート数では31対26とスウェーデンを5本上回り、犯したペナルティの数でも日本の1に対し、スウェーデンは4だった。この数字からも、日本がどれほどスウェーデンに食い下がったかがわかる。

 平均体重で約10キロも重いと思われる大柄なスウェーデンに対し、体を張ることを厭わず、逃げずに懸命に戦ったスマイルジャパン。この日、会場となった関東ホッケーセンターは、アイス競技の会場が集まる江陵オリンピックパークからは外れた立地だが、それでも、集まった3762人の観衆が大いに盛り上がったのは、日本の戦いぶりが深く関係していたに違いない。

 悔やまれるのは1失点目の開始直後という時間帯と、ミスからの2失点目だ。

 立ち上がり早々、まだエンジンのかかり切っていなかった日本は、第1ピリオド2分21秒、細かいパス交換からファニー・ラスクに先制弾を決められてしまった。

 左サイドの角度のない位置からGK藤本那奈(28歳、ボルテックス札幌)の右肩口を抜いた強烈なシュート自体は、打った相手を褒めるしかない。だが、日本としては失った時間が悪かった。

 その後は何度かGK藤本の好セーブもあり、互角以上の戦いを見せていた日本。しかし、1−1の同点で迎えた第3ピリオド1分53秒、DF鈴木世奈(26歳、SEIBUプリンセスラビッツ)の最終ラインでの横パスを引っかけられ、そこから最後はサラ・イヤルマルションに2点目を許してしまう。

 日本とすれば第2ピリオド終盤に同点に追いつき、勝ち越しを狙って迎えた第3ピリオド序盤だっただけに、まさに痛恨の失点となってしまった。鈴木としては、「自陣からでもなんとかパックをつないで攻撃に」という思いがあったのだろうが、相手のプレッシャーもあるなか、左サイドから右サイドへ展開するパスはいかにも中途半端だった。

 最終的には敗れたが、立ち上がりと第2ピリオド序盤の約10分間を除けば、主導権を握っていたのは日本だ。

 特に第2ピリオド16分52秒に浮田留衣(21歳、ダイシン)の同点弾が生まれるまでの数分間は、DF床亜矢可(とこあやか/23歳、SEIBUプリンセスラビッツ)と鈴木が遠目から立て続けに強烈なシュートを放ったほか、FW床秦留可(とこはるか/20歳、SEIBUプリンセスラビッツ)が得意のゴール裏から仕掛けるなど、スウェーデンを圧倒した。

 浮田の得点は、ゴール前の混戦からだったが、床秦留可の粘り強い仕掛けが起点となり、久保英恵(35歳、SEIBUプリンセスラビッツ)がつないだところから生まれた。

 同点とした直後にも、久保のパスから細山田茜(25歳、道路建設ペリグリン)が惜しいチャンスを迎えるなど、日本の怒涛の攻撃は会場の観衆を釘づけにした。第三者的な立場でどちらかといえばスウェーデンを応援していた韓国人さえも、途中で日本のサポートに鞍替えさせるほどだった。

 スウェーデンに勝ち越しを許しても、日本が攻める形は変わらなかった。課題は選手たちが普段から口々にする「チャンスでいかに決め切れるか」だ。

 2点目を失ったあとも、巧みに相手のペナルティを誘って3度もパワープレー(相手が反則を犯し、数的優位の状況になる)の時間帯を作ったところまでは狙い通りだった。しかし、最後の48秒は、パワープレーのなか、GKの藤本も下げてフィールドプレーヤーが2人多い状況で同点弾を狙いにいったが、最後まで2点目は遠かった。

 唯一の得点を決めた浮田は、「4年前はまったく手が出なかったが、今回は相手にならなかったわけではない」と、前を向いた。

 日本は自らの不用意なペナルティを減らし、プラン通りロースコアの展開に持ち込むことができた。ただ、ゴールだけが足りない一戦だった。

 同日、日本と同じグループBのもう1試合が行なわれ、世界ランキング6位のスイスが韓国と北朝鮮の合同チーム、コレアに8−0と大勝した。

 日本が決勝トーナメントへ進むためには、中1日で迎える12日のスイス戦に勝つ必要がある。スウェーデン戦から戦い方を大きく変える必要はないが、巧みなGKを擁し、堅守を誇るスイスから得点を奪うためにはゴール前の工夫が求められる。

 スマイルジャパンは五輪初勝利を挙げて、予選ラウンド最終戦のコリア戦に希望をつなぐことができるか。黒星発進にはなったが、戦い方は悪くなかった。キッカケさえ掴めば、巻き返しの機会はまだ残されている。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索