フロンターレの今季初陣は消化不良に。気になるのは中村憲剛の状態

フロンターレの今季初陣は消化不良に。気になるのは中村憲剛の状態

 継続、融合、リベンジ――。

 川崎フロンターレはセレッソ大阪と対戦したFUJI XEROX SUPER CUPに、3つのテーマを抱えて臨んでいたはずだ。

 ひとつ目のテーマである「継続」は、言うまでもなく、昨季リーグ戦を制したサッカーを今シーズンに持ち込めるかどうか。昨季の優勝メンバーがほとんどチームにとどまり、監督も代わっていない以上、この主題は決して難しくないミッションだと考えられた。

 この日の川崎Fのスタメンに新戦力の顔ぶれはなかった。2年ぶりに復帰したFW大久保嘉人がベンチに座った一方、昨季のレギュラークラスで不在だったのは、ケガを抱えるDFエウシーニョとコンディションを考慮されベンチスタートとなったMF大島僚太のみ。代わって出場したDF田坂祐介、MF森谷賢太郎も昨季からの主力であることを考えれば、川崎Fのスタイルが崩れることはないはずだった。

 しかし、立ち上がりからC大阪に押し込まれる時間が続く。持ち前のパスワークは沈黙し、逆に相手の素早いパス回しに守備陣が後手を踏む展開に。そして26分、左サイドを崩されてMF山口蛍に豪快な一撃を叩き込まれてしまった。

 リーグ最多の71ゴールを奪い、初優勝を成し遂げた昨季の川崎Fだが、悲願成就の要因はその攻撃力よりも、安定した守備組織を手にしたことのほうが大きい。鬼木達監督が求めたハードワークの徹底こそが、リーグ3位の32失点という成果を生み出していた。

 しかし、この日はC大阪攻撃陣の”巧さ”に手を焼き、なかなかボールを奪えない。奪ってもすぐさま奪い返されて、ピンチを招く場面も少なくなかった。

「まずは全員の戻る意識というか、粘り強さのところ。そこはキャンプから多少気にはなっていましたが、やはり質の高いチームとやるとそういうところがはっきり出てしまった」

 鬼木監督が指摘したように、川崎Fの守備には単純に力強さが欠けていた。

 センターバックのDF谷口彰悟も同様の課題を口にする。

「球際が緩かったと思いますし、誰が行くのかはっきりしないので、(相手の)ボールホルダーがフリーになっていた。そうなると、後ろは下がらないといけなくなる。そうした悪循環があったと思います」

 昨季のストロングポイントを打ち出せなければ、苦戦するのも当然だ。修正できないまま後半立ち上がりにMF清武弘嗣に2点目を奪われると、直後にFW小林悠のPKで1点を返したものの、78分には簡単にスルーパスを通されて3失点目を喫す。

 もちろんシーズン最初の試合であり、完璧を求めるのは無理な話ではある。指揮官も「そこは意識のところでずいぶん変わると思う」と、深刻に捉えてはいなかったものの、昨季のパフォーマンスと比較すれば、あまりにも心もとない川崎Fの守備対応だった。

 ふたつ目のテーマである「融合」は、こちらは合格点を与えられるかもしれない。2年ぶりに帰還した大久保の存在は、川崎Fにポジティブな要素を持ち込んでくれそうだ。

 後半からピッチに立った大久保は、小林と2トップを組んだものの、やや下がり目に位置して組み立ての役割を担った。フィニッシャー役を務めた前回在籍時とは異なり、周囲を生かそうという意図が見てとれたのは、大久保が自らの立場を理解しているからだろう。

 個性を貫くのではなく、優勝を成し遂げた昨季のサッカーにいかに溶け込んでいくのか――。主役ではなく、脇役としての立場を今季はまっとうしていくはずだ。

 終了間際には復帰後初ゴールを奪うなど、さすがの存在感を示した大久保は「みんな距離感がいいですし、やりやすい」と手応えを口にする。昨季得点王の小林も「後半は嘉人さんと2トップになったので。だいぶ攻撃のイメージも湧いてきましたし、やりやすくなった」と、頼れる男の復帰を歓迎している。

 課題と収穫が浮き彫りとなるなか、3つ目のテーマである「リベンジ」は実現できなかった。新シーズンに向けた調整の意味合いも強いこのゼロックス・スーパーカップだが、川崎Fにとっては昨年のルヴァンカップ決勝で敗れた相手に必勝を期して臨んでいた。

 しかし「勝ちにいった試合」で返り討ちにあったのは、決していい気分ではないだろう。ACL、リーグ開幕とスケジュールが立て込むなかで、この嫌な流れを断ち切れるかどうか。これがシーズン序盤の川崎Fの新たなテーマとなるはずだ。

 そしてもうひとつ気になったのは、MF中村憲剛のパフォーマンスだ。トップ下として出場した中村は、ボールに触れる機会も少なく、存在感は希薄だった。前半でピッチを退いたのは、これから続く連戦を考慮してのものだろうが、そうでなくても交代はやむなしの出来だった。

 悪い流れのときこそ、意図のあるパス出しやポジション取りでリズムを変えられるのが中村の強みであるはずが、この日はその流れに抗(あらが)うことなく、飲み込まれてしまった印象だ。もちろん百戦錬磨のベテランなだけに、開幕までには修正してくるだろう。しかし、この”バンディエラ”の状態が上がってこないようだと、今季の川崎Fは苦戦を強いられるかもしれない。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索