皐月賞の人気馬が差し届かない!そのとき前に残るのは「あの馬」だ

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 3歳牝馬が覇権を争うクラシック開幕戦、GI桜花賞(阪神・芝1600m)はロードカナロア産駒のアーモンドアイが素晴らしい末脚を見せて勝利をつかみました。

 シンザン記念からの直行という特殊なローテーションに、再度の関西への長距離輸送。現に当日は馬体を減らしていましたから、世間が思うほど楽な戦いではないと思っていましたが……あの楽勝ですからね。前回のコラムで触れたように、本当に”化け物”級なのかもしれません。

 2着のラッキーライラックも、文句のつけようのない完璧なレースを見せました。それだけの競馬をしたラッキーライラックを負かしたのですから、アーモンドアイの規格外の強さが一層際立ちます。

 さて、今週は舞台を中山に移して、牡馬クラシックの一冠目となる皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)が開催されます。僕は、1997年にサニーブライアンで勝たせていただきましたが、もう21年も前のことになるんですね。

 今年は出走馬よりも先に、まずは急遽回避したダノンプレミアムのことについて触れておかないといけないでしょう。

 正直なところ、回避の一報を聞くまでは、今年の皐月賞はダノンプレミアムでほぼ間違いないだろうと思っていました。4戦4勝という成績はもちろん、本番と同じ舞台で行なわれた前哨戦の弥生賞(3月4日)で、皐月賞を勝つために最も必要な要素となる、先行力と操縦性の高さを存分に見せつけたからです。

 予定どおり出走してくれば、間違いなく断然の人気になっていたと思いますし、同じ逃げ、先行馬にとっては厄介な存在になったでしょうね。差し馬にとっても目標となる馬がいなくなり、単に1頭の馬が回避するのとは訳が違います。レース全体の展開も、ダノンプレミアムがいなくなって、大きく変わることになるでしょう。

 ダノンプレミアム不在で、一気に混戦模様となった皐月賞。代わって、主役候補に名乗りをあげる馬となると、一番は弥生賞2着馬のワグネリアンということになるのでしょうか。

 弥生賞は、見た目にはダノンプレミアムに完敗でした。しかし、初の中山コースで、陣営としては「本当に勝ちたいレースはこのあと」という意識があったと思います。その分、鞍上の福永祐一騎手も先を見据えて、脚を測っているような乗り方をしていました。

 そう考えると、決して着差ほどの能力差はなかったと思います。折り合いをつけて、馬に我慢を覚えさせるレースができたことも、収穫になったのではないでしょうか。この経験を本当に生かそうとしているのは、もしかするとさらに先、日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)なのかもしれませんが、皐月賞でも勝利を狙える存在であることは間違いありません。

 ただし、ライバルも力があります。ステルヴィオとキタノコマンドールの2頭は、ワグネリアンともほとんど実力差はないと思っています。

 ステルヴィオは、桜花賞を勝ったアーモンドアイと同じロードカナロア産駒。ゆえに、距離を不安視する声も少なくないようですが、トライアルのスプリングS(3月18日/中山・芝1800m)では、最後までしっかりと脚を伸ばして、勝ちパターンにあった2着エポカドーロをきっちり差し切りました。あの内容なら、皐月賞の2000mは十分に対応できるでしょう。

 最終的に挑戦することはありませんでしたが、ロードカナロア自身も、僕は2000m戦でも通用すると見ていました。最後の秋は、天皇賞・秋(東京・芝2000m)に挑んでほしい、と思っていたほどです。

 一方、2戦2勝のキタノコマンドールは、血統的なスケールや、ミルコ・デムーロ騎手が騎乗するという点でも魅力はありますが、何より前走のすみれS(2月25日/阪神・芝2200m)が圧巻でした。キャリア1戦の馬とは感じさせないほど、非常に強い内容だったと思います。

 今回も、わずか2戦でのGI挑戦、大幅な相手強化や関東への輸送など、クリアすべき課題は引き続き多いですが、それでもポテンシャルの高さで何とかしてくれるのではないか……。そう感じさせるムードが、同馬にはあります。

 この3頭は、本当に甲乙つけ難く、拮抗した力関係にあると思います。それこそ、ダノンプレミアムが不在の中、展開ひとつ、乗り方ひとつで、結果は変わってくるのではないでしょうか。

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」には、前述のスプリングSでステルヴィオにハナ差屈したエポカドーロを取り上げたいと思います。


スプリングSでは2着に奮闘したエポカドーロ

 人気の中心となる2頭、ワグネリアンとステルヴィオが抱える不安と言えば、後方から外を回すことになり、差し届かないという展開でしょう。トライアルよりも出走頭数が増える皐月賞では、それぞれがそこで見せたものと同じような競馬をすると、そのロスはより大きくなります。ダノンプレミアムという前方の目標がいなくなったことで、仕掛けどころも難しくなりました。

 もし、こうして後ろの馬にとって厳しい展開になったとき、先に抜け出して残る力があるとすれば、エポカドーロを置いて他にはいないでしょう。

 スプリングSでは、ステルヴィオの強さを際立たせる役回りになってしまいましたが、同レースでは何としても皐月賞の権利がほしい立場。鞍上の戸崎圭太騎手は、3着までに入ることを最優先に考えて、安全策をとって早めに抜け出す形を選択したのだと思います。

 今回はもっと強気に、思い切った騎乗もできるでしょうから、人気馬に割って入るどころか、逆転の可能性まで秘めた1頭だと思います。それだけの能力は持っている馬ですよ。

 最近、戸崎騎手は見ていてちょっと頼りない騎乗が続いていましたが、先週の日曜日の阪神では内容が伴った3勝を挙げていました。さらに、管理する藤原英昭厩舎は、先週の桜花賞でも2頭出しだったように、今年はすこぶる好調です。エポカドーロへの期待がますます膨らみます。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。



◆皐月賞は「上がらぬ人気に怒った3頭」が秘めたる力を爆発させる!>>

◆アンカツさんは、あの馬を切った! 皐月賞、ダービーを占う「3歳牡馬番付」>>

◆ダノン回避でチャンス。「皐月賞狙いなのに人気落ちの2頭」で稼げる>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索