距離ならアーモンド以上。オークスは「サトノワルキューレの騎行」だ

距離ならアーモンド以上。オークスは「サトノワルキューレの騎行」だ

2018年クラシック候補たち
◆第11回:サトノワルキューレ

 牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(阪神・芝1600m)は、後方待機から驚異の末脚を繰り出したアーモンドアイが完勝した。

 ほとんどムチを使わずに人気のラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切って、桜花賞レコードまでマークした圧勝劇。その内容から、二冠目となるGIオークス(5月20日/東京・芝2400m)では断然の主役となるだろう。

 とはいえ、オークスは距離、コースともに桜花賞とは条件が大きく変わる。そうした状況にあって、逆転を狙う新興勢力もいる。

 栗東トレセン(滋賀県)の角居勝彦厩舎に所属するサトノワルキューレ(牝3歳/父ディープインパクト)も、その1頭だ。

 昨年11月にデビューした同馬は、その初陣をアタマ差でモノにした。その後、2戦目は500万下特別の梅花賞(1月27日/京都・芝2400m)に出走。3着に敗れたものの、牡馬相手に勝ち馬からコンマ4秒差と、まずまずの走りを見せた。

 続く3戦目も、500万下特別・ゆきやなぎ賞(3月10日/阪神・芝2400m)に臨んで、再び牡馬相手に戦った。前半は最後方を進んだが、レース中盤から徐々にポジションを押し上げると、直線手前では先頭集団に取りついた。そこから、息の長い末脚を披露。ゴール前できっちり抜け出して、鮮やかな勝利を飾った。

 ここまで使われてきたレースを見ればわかるとおり、サトノワルキューレは中・長距離路線を選択。1600mで行なわれる桜花賞には見向きもせず、2400m戦のオークスに照準を合わせてきたことは明らかだ。その中で、牡馬相手に勝ってきたことは、十分な強調材料となる。

 そして4月22日、同馬はオークストライアルのGIIフローラS(東京・芝2000m)に挑む。ここを勝って、目標のオークスへと確実に駒を進めることができるか、注目される。

 では、サトノワルキューレに関わるスタッフは、同馬についてどう評価しているのか。関西競馬専門紙のトラックマンが仔細を伝える。

「デビュー戦を勝ったあと、オーナーと相談して『オークス一本に絞ろう』と決めたそうです。距離適性やそのレースぶりを見ても、桜花賞よりもオークス向きなのは明白だったため、こうしたローテーションで来たみたいですね。

 桜花賞を勝ったアーモンドアイのような”切れる脚”はないものの、『200m11秒台のラップをずっと刻める持久力がある』とスタッフ。つまり、長くいい脚を使えるということで、それはまさに『東京の芝2400mを舞台としたオークスでこそ生きる』と陣営は見ています」

 桜花賞上位組は強力だが、距離に関してはサトノワルキューレのほうが経験豊富だ。そのうえ、この馬には陣営が目を見張るほどの成長力があるという。トラックマンが続ける。

「デビュー前後はまだ”成長待ち”だったようで、初戦の勝利も『うれしい誤算だった』とスタッフは言っています。ただ、3戦目を迎える頃から急成長。今も『さらに調教の内容がよくなっている』と、その成長ぶりには陣営もかなり驚いていました」

 オークスの権利獲りを狙うフローラSでは、デビューから手綱を取ってきたミルコ・デムーロ騎手が引き続き鞍上を務める。クラシック戦線においても、多くの有力馬に騎乗しているトップジョッキー。陣営としては、「本番のオークスでもこの馬を選んでくれるような走りをしてほしい」と願っている。

 二冠目のオークスの舞台で、女王アーモンドアイに挑戦状を叩きつけることができるのか。フローラSにおけるサトノワルキューレの走りを、しっかりとチェックしたい。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索