土壇場で手にした出走権。ランドネは「強運」をオークスで発揮するか

土壇場で手にした出走権。ランドネは「強運」をオークスで発揮するか

2018年クラシック候補たち
第15回:ランドネ

 4月29日に行なわれたオークストライアルのスイートピーS(東京・芝1800m)。例年、2着までに優先出走権が与えられてきたこのレースは、今年から1着のみに権利が与えられる形に変更された。

 そのたった1枚の切符を手にしたのは、角居勝彦厩舎(栗東トレセン/滋賀県)のランドネ(牝3歳/父ブレイム)だった。

 初陣は今年2月。同世代のライバルたちに比べて、かなり遅いキャリアのスタートとなった。それでも、そのデビュー戦でクビ差の2着とまずまずの走りを見せると、2戦目の3歳未勝利(3月17日/阪神・芝2000m)では、先頭に立ってペースを握って逃げ切り勝ち。2着に3馬身差をつける完勝だった。

 唯一の大敗を喫したのは、続く3戦目のオープン特別・忘れな草賞(4月8日/阪神・芝2000m)。前走と同じ舞台だったが、スタート直後から激しくかかって、直線に入ると失速。8着に沈んでしまった。

 しかし、そこから巻き返したのが、先述のスイートピーSである。好スタートから2番手につけると、前走とは打って変わって、きっちり折り合った。そのまま好位で直線を迎えて早め先頭に立つと、上がり33秒9の脚を駆使して後続の追撃を振り切った。

 最後のチャンスをものにして、オークス出走にこぎつけたランドネ。同馬を管理するスタッフの話からも、この馬の好調ぶりが伝わってくるという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「(ランドネは)アメリカ生まれで、バリバリのダート血統なのですが、ここまでは芝でも安定した走りを見せていますよね。その分、陣営も一定の能力の高さを感じているようです。

 また、前走スイートピーSではマイナス12kgでの出走でしたが、『数字ほどのダメージはなく、元気いっぱい』とスタッフ。調教も動いており、いい状態で本番を迎えられそうです」

 父ブレイムは、ダート主流のアメリカ競馬で鳴らした名馬。そうした血筋背景もあってか、ランドネの馬体重は500kg前後で、牝馬ながら雄大な馬体を誇る。ゆえに、前走の馬体減もさして気にならないのだろう。

 とはいえ、オークスへ向けて、陣営にも課題に感じていることがあるという。先述のトラックマンがその点について説明する。

「スイートピーSではうまく折り合いましたが、忘れな草賞で見せた引っかかり癖は、まだ解消されていない様子。『折り合いは今も課題。2400mへの距離延長は大きなポイントになる』とスタッフは話しています。引っかかるとスタミナを消耗するので、そこをどう我慢できるか、ですね」

 前走は戸崎圭太騎手が手綱を取ったが、オークスでは先約があるため、内田博幸騎手に乗り替わる。扱いの難しい馬だけに、本番でコンビが替わるのは、さすがに心配な材料となる。

 そうはいっても、最後の最後につかんだオークス切符。桜花賞組をはじめ、強力なメンバーが集うが、そのいい流れと強運を生かして本番での好走を期待したい。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索