オークスは絶対能力。有力2頭の疑問視は「イテテッ」と大ケガするぞ

オークスは絶対能力。有力2頭の疑問視は「イテテッ」と大ケガするぞ

 今週末20日、東京競馬場では3歳牝馬によるGIオークス(芝2400m)が行なわれる。今回79回目を数える、3歳牝馬のチャンピオンを決める伝統の一戦だ。

 レースで大きなポイントとなるのはGI桜花賞から800mも延びる大きな距離延長。牡馬の春クラシックは2000mのGI皐月賞から2400mのGI日本ダービーと400mの延長なので、比べると倍も差がある。これまでの傾向などを見ながら、「オークスで勝てる血統」について考えてみたい。

 最大の注目馬はやはり、桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)を勝ったアーモンドアイ(牝3歳/国枝栄厩舎)だろう。昨年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)などを勝ち、4戦4勝の戦績で単勝1.8倍の圧倒的人気だったラッキーライラック(牝3歳/松永幹夫厩舎)を並ぶ間もなく差し切ったその末脚は衝撃的ですらあった。

 普通に考えれば、あれだけの強い競馬で勝っただけに、オークスでも中心になると思う人が多そうだが、一方で血統を見て、「父ロードカナロア」が気になる人もいるだろう。同馬は日本調教馬として初めてGI香港スプリント(シャティン・芝1200m)を勝った、日本競馬史に残るスプリンター。勝利距離は1600mが最長で、1800m以上での出走はなかった。産駒の成績も、5月13日現在、芝の57勝中52勝が1600m以下と短距離に偏っていて、芝2400mは1戦して16着という成績が残っているのだ。

 しかし、これまでの歴史をひも解くと、「オークスの距離延長に関して、血統は関係ない」という傾向が見えてくる。本質は中長距離に向かない血統でも、絶対能力の高さで距離を克服してきた馬が多いからだ。

 例えば、2011年の勝ち馬エリンコート。その父デュランダルはGIマイルチャンピオンシップ(京都・芝1600m)2勝とGIスプリンターズS(中山・芝1200m)を勝ち、勝利距離は1200〜1600mと、ロードカナロアと同じようなタイプだった。また、2010年の勝ち馬アパパネは、父がダービー馬キングカメハメハだったとはいえ、母ソルティビッドは1200mまでしか勝ち鞍がないスプリンターだった。

 近年の代表的な例を2つ挙げたが、オークスに関してはまだ他にも同様のケースはある。アーモンドアイは父が短距離タイプとはいえ、母フサイチパンドラは2006年オークスの2着馬で、その後GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)、GII札幌記念(札幌・芝2000m)を勝った中距離タイプだっただけに、母系からのサポートは強力だ。後方で脚をためて差すタイプの馬もオークスでは好成績を残す馬が多く、その意味でも、大きく評価を下げる必要はないだろう。今回も有力馬の1頭として重要視したい。

 対するラッキーライラックは父が三冠馬のオルフェーヴルで、その父ステイゴールド産駒の牝馬はレッドリヴェール(阪神ジュベナイルフィリーズ勝ち馬)、アドマイヤリード(GIヴィクトリアマイル勝ち馬)などマイラーが多いが、オルフェーヴルは母の父に名ステイヤーのメジロマックイーンが入ってスタミナ色が濃く、父系からの不安は少ない。

 母の父フラワーアリーは米GIトラヴァーズS(ダート10F=約2000m)などを勝ち、種牡馬として米2冠馬アイルハヴアナザーなどを送る中距離タイプ。ラッキーライラックはレースぶりも好位から抜け出すセンスある走りを見せており、距離延長にも難なく対応できそうなタイプだ。安定感や信頼度ではアーモンドアイを上回ると言っていいだろう。これまでの走りを考えても、桜花賞上位2頭の信頼度は高い。

 桜花賞3着は、阪神ジュベナイルフィリーズ2着、GIIチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)3着のリリーノーブル(牝3歳/藤岡健一厩舎)だった。父ルーラーシップは香港GIクイーンエリザベス2世C(シャティン・芝2000m)の勝ち馬で、種牡馬としては昨年のGI菊花賞(京都・芝3000m)を勝ったキセキや、今年のGIIアメリカJCC(中山・芝2200m)を勝ったダンビュライトを出す中長距離タイプ。距離が延びて、さらに良さが出る可能性も大きい。GII報知杯4歳牝馬特別3着で、オークス7着の祖母バプティスタなど近親に重賞入着馬は多いものの、勝ち馬はいないファミリーだけに、一族悲願の重賞勝ちをこの大舞台でとの思いは強い。

 オークストライアルのGIIフローラS(東京・芝2000m)を豪快な追い込みで勝ったサトノワルキューレ(牝3歳/角居勝彦厩舎)。ディープインパクト産駒で、母ヒアトゥウィンは南アフリカで芝1600〜1800mのGIを2勝している馬。母の父ロワノルマンは芝12F(約2400m)の米GIサンセットHの勝ち馬なので、血統的な距離適性は2400mでも問題ないだろう。ただ、フローラSはメンバー的にレースレベルが高いとは思えず、桜花賞の上位組を相手に同じ競馬で勝ち負けするのは難しいと見ている。

 もう1頭、血統的に注目したいのがロサグラウカ(牝3歳/尾関知人厩舎)だ。新馬戦(福島・芝2000m)、水仙賞(2月24日/中山・芝2200m)と2戦2勝で、父はリリーノーブルと同じルーラーシップ。祖母ローズバドが2001年のオークス2着馬で3代母ロゼカラーも1996年オークス4着と、オークスで惜敗を重ねてきた牝系だ。その牝系に、オークス馬を母(エアグルーヴ)と祖母(ダイナカール)に持つルーラーシップがつけられた配合はオークス制覇を意識させるのに十分なものだ。牝系の悲願を達成することができるか注目したい。

 以上、5頭を取り上げたが、桜花賞上位2頭はかなり強いと見ているので、この2頭を中心に、穴馬としてロサグラウカを挙げておきたい。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索