元マイナー最多勝、村田透に聞く「日本のバッターを打ち取る方法」

 5月初旬、ほっともっとフィールド神戸で北海道日本ハムファイターズの村田透に会った。直接、彼と顔を合わせたのは5年ぶりだろうか。前回のときはアメリカ・オハイオ州にあるアクロンという町で、村田はクリーブランド・インディアンスの2Aでプレーしていた。


昨シーズン、7年ぶりに日本球界に復帰した日本ハム・村田透

 その後、マイナーで順調に経験を積み、2014年に3Aで初勝利。2015年にはマイナー最高峰のリーグで15勝を挙げ、最多勝のタイトルを手にした。そしてこのシーズン途中に1試合のみだったが、メジャーの先発マウンドにも立った。それまで日本プロ野球の一軍マウンドに立ったことのなかった男が、一瞬ではあったがアメリカン・ドリームを叶えた瞬間だった。

 そしてインディアンスとの契約を終えると、昨年、北海道日本ハムファイターズと契約を結び、日本球界に復帰した。

 5年前とは違い、32歳の村田の表情にはベテランの風格さえ漂っていた。

 メジャーでは勝利を挙げることはできなかったが、3Aでは十分な実績を残している。日本復帰に際し、球団の期待もそれなりにあったはずだ。しかし、昨年は15試合に登板(先発は8度)して1勝2敗。かつてドラフト1位で入団した古巣・巨人相手に”涙の初勝利”はあったものの、本来の実力からすれば、今ひとつ物足りない成績だった。

 ただ、村田は6年もの間”日本の野球”から遠ざかっていた。来日する外国人選手たちが”日本野球への適応”に四苦八苦する姿は、春の風物詩といっていい。

 たとえば、日本選手がメジャーに挑戦する際や、国際大会で戦うときに話題に上がるのが使用球だ。日本のボールに比べて滑りやすく、あの大谷翔平(エンゼルス)でさえ、今年のキャンプ、オープン戦でボールを操るのに四苦八苦していた。

 逆に、アメリカの使用球に慣れた村田にとって、日本のボールは使いづらいということはないのだろうか。村田に聞くと、こんな答えが返ってきた。

「ボールに関しては、特になにもなかったです。『少し軽いかな……』というのもあって、戻ってきた当初はむしろ投げやすかったです。日本のボールは本当に投げやすい。指にもしっかりかかりますし。苦労したのはむしろ柔らかいマウンドの方です。でも、それも慣れないことにはどうしようもないですからね」

 そもそもアメリカでは、メジャーとマイナーでも使用球が違うし、投げる土地の気候によってボールの感触はまったく違うという。村田もアメリカに渡った当初は苦労したそうだが、やがて自分なりの結論を出した。

「そんなこと、いちいち気にしても仕方がない」

 環境の変化に四の五の言っていては、プレーする舞台にも立てない。与えられた環境の中で、どこまでパフォーマンスを発揮できるのか。アメリカのみならず、パナマやベネズエラでもプレー経験のある村田は、その術(すべ)を身につけた。

 これまで村田には何度も話を聞いたが、悪い結果に対しても言い訳は一切しない。その姿勢は、今も変わらない。

「昨年については、それはもう自分の実力不足です。日本に戻って、特に何かを変えたわけではありません。とにかく、これまでやってきたことを出すだけですから……」

 日本の打者についてはどうか。

「ボールへのアプローチの仕方が違います。日本は基本、ミート中心ですから」

 マイナー時代は追い込んでから変化球ではなく、ストレート勝負にいくこともあったという。「アメリカでは強い真っすぐをコーナーに決める力が問われる」と、かつて村田が言っていたことがあるが、日本ではしっかり変化球で打ち取ることも必要になってくる。

「日本の場合、追い込んでからというわけではなく、初球からでもしっかりミートという感じです。そのあたりのミート力はすごいです」

 それなりの適応期間は必要だったのだろう。村田のピッチングが日本野球に適応した結果が、昨年の交流戦での”日本初勝利”であり、その後も勝ち星には恵まれなかったものの、シーズン後半は内容のある投球を披露した。防御率2.77という数字が、そのことを証明している。

 年が明けて、村田はキャンプに参加した。よく日本のキャンプは「長すぎる」という声を耳にするが、これについても村田は「郷に入っては郷に従え」の姿勢を崩さない。

「それも気にならないです。そんなもんだと思っています。それに日本ハムの雰囲気は、どちらかというとアメリカのチームに近いと思います。キャンプもアリゾナでスタートですし……」

 シーズンが開幕し、4月5日の楽天戦では8回を4安打、1失点の内容で今季初勝利を挙げた。現在の村田の立ち位置は、先発6番手。チーム事情により登板の間隔が空いたり、配置が変わることもある。そんなことはアメリカで何度も経験している。とにかく、チームの勝利のために万全の準備をする。プレーする場所がどこであろうとも、選手として一番大事なことをこの男は知っている。

「今年は調子がいいですから」

 村田の表情は明るい。自分の投球スタイルが試合をつくる先発に向いていることは、村田自身が自覚している。5月10日のオリックス戦でも先発し、勝ち星こそつかなかったが6回1/3を4安打、1失点と好投。村田が先発ローテーションのひとりとして欠かせない存在になるのも、そう遠くはないはずだ。

◆山本昌は日本ハムドラフト7位・宮台康平をどのように評価していたか>>

◆デストラーデ「野茂は人間だけど、イチローはエイリアンだね」>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索