スペインの知将がスイス戦をほめる。どこに「かすかな光」が見えたのか

「2失点目のようなプレーは敗戦に直結する。本番では決して許されない。敵陣でのCKの時点でポジションが悪く、カウンターを潰せず、帰陣も遅かった。フットボールにおいて、最も大切なのは数的優位ではない。ポジション的優位性である」

 スペインの”目利き”ミケル・エチャリは日本代表のスイス戦をスカウティングした後、こう見解を述べている。

 エチャリはスペインの古豪レアル・ソシエダで約20年にわたって、あらゆる役職を経験してきた。強化部長、育成部長、ヘッドコーチ、セカンドチーム監督、そして戦略分析担当。プレーを見抜く目は、群を抜いている。

 そのエチャリは、国内で批判を浴びる西野ジャパンのスイス戦をどう見たのか?


スイス戦ではトップ下に入り、後半31分までプレーした本田圭佑

「ガーナ戦と比べて戦術的にはいいプレー内容だったと思う」

 エチャリは今回のリポートにそう明記している。

「ガーナ戦は3−4−3(3−4−2−1)だったが、スイス戦は長谷部誠を中盤に戻し、4−2−3−1を採用している。前半の日本は、戦術レベルではスイスよりも上だった。スペースを有効に使い、ポジション的優位を保っていた。

 スイスは4−2−3−1で、アグレッシブで高さと強さのあるチームという印象だ。しかし、攻守にムラがあった。例えば、右サイドで逆足のプレーをした左利きのMFジェルダン・シャキリは、ダイアゴナルに突破や仕掛けを繰り出して脅威だったが、一方で帰陣が遅く、日本にスペースを与えていた。また、中盤のバロン・ベーラミは、攻守両面で精力的に顔を出すも、動きすぎてポジション的優位を自ら失い、チームのバランスを崩していた。

 日本は中盤で勝ち取ったスペースを活用し、イニシアチブをとっている。その点、長谷部は隙を見逃していない。彼が中盤に戻って、強固なブロックができた。右サイドの原口元気は運動能力が高く、アップダウンし、サイドをカバー。トップ下に入った本田圭佑は、サイドでプレーするときよりも可能性を感じさせ、幅と深さを作り出せるし、最もコンビネーションを創出していた。

 日本は敵ゴール前でのシーンを数多く作っている。長友佑都は左サイドを攻め上がり、ファーポストの大迫勇也へクロス。長谷部はロングシュートを打ち、宇佐美貴史が左サイドから侵入し、大島僚太が左足でシュート、さらに本田も好ポジションからゴールを狙っている。

 もっとも、ガーナ戦もそうだったが、どのシュートも強度も精度も足りない」

 前半40分、日本は吉田麻也がPKを与え、先制点を奪われた。

「とはいえ、あれはPKではなかった。スイスの選手が突っ込んで、吉田の足に接触した瞬間、自ら倒れている。ダイブに近く、厳しい判定だった。

 日本は失点直後も、厳しいプレスで敵陣に押し込み、奪ったボールでゴールに迫っている。長友が左から攻め、長谷部が右サイドに展開し、原口、酒井高徳で右から崩してクロスを上げ、それをさらに長友が拾っている。一連の攻撃は見事だった」

 エチャリはこのように戦術レベルについて高い評価を与えつつも、後半に入って「攻め急ぎが見られた」と言う。

「後半になると、日本は前線と最終ラインの距離が長くなっていった。FW陣は1点がほしくて前がかりに、一方でDF陣は失点を恐れてずるずると引いた。前の選手は帰陣してポジションを取ることをしなくなり、後ろの選手はそれによって守りを固めるために下がった。これで中盤が空き、ポジション的優位が崩れた。

 そのなかで、乾貴士はひとつのアクセントになっていた。サイドから対角線にも、縦深くにでもドリブルで仕掛けられる。彼がボールを持つことで、それに合わせて周りも動くことができた。

 ただし、チームとしては精彩を欠いている。前半から動きの量が多かったこともあって、後半途中からは動きの質が決定的に落ちた。カウンターで3対3になるシーンがあったにもかかわらず、ただ真っ直ぐ走るだけで、何の工夫もない。原口は入る可能性の乏しいシュートを打ち、柴崎岳のシュートも枠を大きく外している。

 攻め急ぎの傾向が顕著だった。

 2失点目は、まさにその悪い流れが集約されていた。敵陣CKからのカウンター。日本は攻めへの意識が強すぎて、守備のポジションが取れておらず、カウンターに入った選手を潰せていない。自由にボールを運ばれ、中盤でもサイドでもポジション的不利に立たされ、帰陣も遅かった。繰り返し言うが、本番では決して許されない」

 エチャリはそう厳しく断じた。そして本大会に向けては、こう前向きな総括をしている。

「ガーナ戦よりもいい内容だったことは間違いない。長谷部を中盤に戻し、守備面が改善したことが攻撃をよくしている。

 大会では4−2−3−1が基本になるだろうが、私は長谷部をアンカーに置いた4−1−4−1を推奨する。左サイドに乾を抜擢し、トップ下的に本田、もしくは香川真司。もうひとりのMFには山口蛍を入れ、右には原口。中盤をより強固に固めることによって、日本人の武器であるスキル、一瞬のスピードという長所を活かせるはずだ。

 注意すべき点は、ザッケローニ時代もそうだったが、日本は、特にリードされると前がかりになりがちなところだ。スイス戦の2失点目が顕著な例だが、背後がおろそかになってしまう。ポジション的優位を保つ。それを常に忘れないことだ。 

 強固な中盤を作って、相手よりも優位なポジションを取る。シュート技術の問題はあるにせよ、それによって日本は互角に戦えるだろう。10年近く、私は日本代表をスカウティングしてきた。決戦に向け、皆さんの健闘と幸運を心から祈っている」

◆本田と長友、2人の認識のズレに「ジーコの失敗」をくり返す予感>>>

◆W杯直前で完敗を重ねる西野ジャパンに「火事場の馬鹿力」はあるのか>>>

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索