大学球界の「完全試合男」は、憧れの菅野が待つプロに向けてリスタート

大学球界の「完全試合男」は、憧れの菅野が待つプロに向けてリスタート

 あの男がようやくマウンドに戻ってきた――東海大の青島凌也(4年)が、6月11日の全日本大学野球選手権の九州産業大戦で1点ビハインドの8回裏二死からマウンドに立った。

 昨年は大学日本代表に選ばれるなど大きく飛躍。今シーズンはエースとして期待を集めていた。しかしケガの影響もあって、リーグ戦はわずか1試合にリリーフしたのみ。それだけに思うところはあった。

 青島の名前を聞いて、熱心な野球ファンなら、2016年秋に横浜市長杯で達成した完全試合を思い出すかもしれない。コーナーを突くストレートにカットボール、スライダーを駆使して打ち取る姿は、エースそのものだった。ただその日、青島は絶好調ではなかった。

「今だから言えますけど、あのときは秋のリーグ戦から調子がよくなかったので、あまり自信はありませんでした」

 弱気になりかけていた青島のプライドに火をつけたのが、相手チームでプレーする高校の後輩のひと言だった。

「当日、国際武道大に入学した(東海大)相模の後輩たちがあいさつに来たんです。軽い感じで『今日は青さんから打たせてもらいますよ』と。その言葉が引っかかって……。『野球って、そんなに甘いものじゃないだろう』って。

 親しい関係だからこそのあいさつだったと思います。彼らは甲子園で優勝したメンバーだし、大学でも1年から主力で試合に出て結果も出している。でも、僕も大学で必死にやって、ようやく先発を任せてもらえるようになったんです。『高校時代の僕じゃない』というところを見せないといけないと思いました」

 青島の投球は冴え、10者連続を含む18奪三振を記録。つけ入る隙のない内容で完全試合を達成した。

「完全試合を意識したのは6回ぐらいからです。ゾーンに入ったような感じでした。いつもなら攻守交代のときはハイタッチとかをしながら気を高めてベンチに戻るのですが、周りも気を遣ってくれたのか、ハイタッチもせずにすぐにベンチに戻って試合を見ていました。目の前の1球に集中していました」

 大学3年になると、大学日本代表に選出された。代表には立命館大の東克樹(現・DeNA)や明治大の斎藤大将(現・西武)といった各リーグを代表するエースがいた。

「試合前やイニング間の調整など『こんなことやっているのか!』と新鮮なことばかりでした。対戦した外国人打者は日本人だったら手を出さないインコースの球も力強くスイングしてフィールド内に飛ばしてきます。今までの組み立てだけでは通用しないと……。日本代表でいろんなことを学べましたし、すごくいい経験でした」

 青島は小学2年のときに地元・名古屋にある六田(ろくでん)ファイターズで野球を始め、6年のときに中日ドラゴンズジュニアに選出されて全国大会で優勝。中学では軟式の東山クラブに在籍。ここでも全国大会で準優勝を飾った。

 多くの高校から誘いがあるなか、青島は愛知県ではなく神奈川県の東海大相模への進学を決めた。

 東海大相模は、青島が中学2年の夏に甲子園準優勝、中学3年の春に全国制覇を成し遂げた全国屈指の強豪校である。甲子園はもちろん、優勝にもっとも近いと思えた。なにより決め手になったのは、門馬敬治監督が直接見に来てくれたことだった。感激した青島は、門馬監督のもとで全国制覇を成し遂げようと決めた。

 しかし、高校では大事な試合で勝てなかった。

「高校1年の秋は関東大会で霞ヶ浦(茨城)に負けて、先輩たちの甲子園をふいにしてしまった。最後の夏にようやく甲子園に行くことができましたが、初戦で負けた。背番号1をつけていましたが、『1番は青島じゃないだろう』という声もありましたね」

 高校3年のとき、東海大相模には青島のほかに同級生で佐藤雄偉知(ゆういち/現・Honda鈴鹿)がおり、1学年下には小笠原慎之介(現・中日)と吉田凌(現・オリックス)と、4人の超高校級投手が揃い、”140キロカルテット”と呼ばれていた。

 甲子園初戦の盛岡大付(岩手)戦に先発した青島は、初回を3者三振に打ち取るなど、3回までに8奪三振の快投を見せた。しかし、球威が落ちたところを狙われ、6回途中4失点で降板した。

「甲子園の応援はすごかった。気持ちが一気に入って、初回から全力投球。しかも、ほとんどストレート。もう止まらなくなってしまいました。こんな投球では最後まで持ちません。試合が終わってから『なんであんな投球をしたんだ』と、いろんな人に散々言われました」

 青島はプロ志望届を出さず、東海大へ進学した。大学では完全試合を達成し、日本代表に選出されるまでに成長した。しかし、まだ理想とするエースを体現できていないという。青島が思い描くエースとはどのような投手なのだろうか。

「完全試合を達成したとき、気持ちの持ち方とかエースらしい投球とか、そういうものが少し見えてきました。でも、まだまだ完成途上。その感触をしっかり自分のものにしたい。防御率でいえば0点台。ホームを踏ませないことが目標です」

 気持ちに任せて投げない。冷静に、しかし勝負どころでギアを上げる。その姿は高校、大学の先輩にあたる菅野智之(巨人)とだぶる。青島は一度だけ菅野と会ったことがある。

「菅野さんが浪人されているとき、東海大相模の練習のグラウンドにやってきました。そこでカットボールを教わりました。そのとき僕は高校1年で、すぐにマスターしたわけではありませんが、今ではなくてはならない球種です」

 大学に入って、菅野のすごさをあらためて思い知らされた。菅野は1年秋から4年秋まで通算37勝を挙げ、敗れたのは4度だけ。防御率0.57と圧倒的な数字を残し、誰もが認める絶対的エースだった。

「もちろん菅野さんのような球を投げることはできません。だけど勝利という目標は同じです。話をうかがう機会があれば、ゲームのなかでの修正の仕方、力の抑え方、そして豊富な経験そのものをうかがいたいです」

 しかしその機会は、”140キロカルテット”のひとり、吉田に先を越されてしまったと青島は苦笑する。

「1月に吉田から電話がかかってきて『ハワイの自主トレ、最高でした!』と自慢されました。吉田は菅野さんと一緒に自主トレをしたみたいで。吉田も聞きたいことはいっぱいあったと思います。本当にうらやましかった(笑)」

 小学校、中学校、高校と常に全国の舞台で戦ってきた青島。しかし、大学ではこの日の大学選手権が初めての全国でのマウンドだった。相対したのは大学屈指の強打者として名を馳せる岩城駿也。青島は「7割程度の出来」と言いながらも、軌道の美しい外角低めのストレートで追い込み、最後は菅野直伝のカットボールで三振を奪った。

「細かいコントロールや球のキレとかはまだまだですが、全体的にいける感じをつかめたので、秋に向けてまた頑張ります」

 打者1人、わずか6球だけのピッチングだったが、それでも完全復活を期待するには十分な内容だった。

 秋こそチームの柱として活躍し、再び全国の舞台を踏む。そこで成長した姿をアピールして、堂々とプロ志望届を出すつもりだ。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索