あの左腕エースが引退を「全然悲しくない」と思うほど痛いヒジの故障

あの左腕エースが引退を「全然悲しくない」と思うほど痛いヒジの故障

◆シリーズ「もう一度投げたかった」──野村弘樹(後編)

 1998年に13勝を挙げ、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)の日本一に貢献した野村弘樹を、翌1999年の春にヒジ痛が襲った。

 症状の回復を信じて手術に踏み切るも、ヒジの状態は回復せず。日常生活にも支障をきたすほどの痛みを抱えながら、ついに野村は引退のマウンドに上がる。


──左ヒジに痛みを抱えながら、野村さんは手術の翌年から一軍で投げています。2000年は29試合に登板(先発登板は14試合)し、2勝8敗、防御率4.38。2001年は14試合に先発して4勝5敗、防御率4.44という成績を残しています。

野村 毎試合、毎試合、痛み止めのボルタレンを3、4錠飲んで、ごまかしながら投げていた。痛みを取るために、気功の先生を訪ねたり、歯の噛み合わせまで治したり……。さまざまな治療を試しましたが、効果はありませんでした。

 プロ野球選手にとっては、痛みがなくなって100パーセントの力で投げられるようになって初めて「成功」なんです。手術自体は成功でも、投げられなければ意味がない。僕の場合は最後まで戻らなかった。手術が合わなかったということなんでしょうね。

──2002年の登板数はわずか3(0勝2敗、防御率13.50)。そのシーズン限りでユニフォームを脱ぐことになりますが、手術から引退の日まで、野村さんはどんな生活を送っていたのでしょうか?

野村 ずっとヒジ中心の生活です。何よりもまず、ヒジのことを考える。普通の生活さえままならなかった。ヒジが曲がらないから、何をやってもストレスばかりで。蛇口をひねるのがつらい。ドアも開けられない。髪も体も満足に洗えない。トレーニングではヒジを鍛えるのに、普通の生活ではなるべく使わないようにしていました。練習中ならまだしも、普段の生活でヒジを痛めるわけにはいかなかったから。

 もしかしたら、普段からもっとヒジを使えばよかったのかもしれない。今振り返ると、過保護にしすぎたのかなとも思いますね。でも、当時はヒジをかばいながらの生活しかできなかった。故障は自分で乗り越えなければいけないもの。チームにもチームメイトにも迷惑をかけているのはわかっていました。「申し訳ない」という思いはありましたが、今できることをやるしかない。そう気持ちを切り替えることで、少し楽になったのは事実ですね。

──その頃はどんな思いでマウンドに上がっていましたか?

野村 できるだけ勝てる可能性を残しながら、中継ぎのピッチャーに交代したい。チームに迷惑をかけないことを心がけていました。自分のボールを投げ込むことだけに集中するしかなかったですね。

──バッテリーを組んでいた谷繁元信捕手は10代の時からよく知る間柄でしたね。

野村 シゲ(谷繁)はコンディションを見ながら配球を組み立ててくれました。でも、状態が悪い時は、どうにもしようがない。ヒジが痛い時にはガンガン打たれました。ごまかしながら投げていることはバッターも知っているので、もう抑えられなくなった。いつも不安で不安で仕方がなかった。ストライクを投げることはできましたが、腕の振りもスピードも全然で……。

──グラウンド以外の生活にも変化はありましたか?

野村 食事を根本から見直すことに決めて、野菜はすべて無農薬に、卵は烏骨鶏(うこっけい)にして、白米の代わりに玄米を食べるようにしました。キャンプ中から徹底してやりましたよ。いつから効果が出るのか、そもそも効果が出るかどうかもわからない。でも、やらないよりはやったほうがいいと思って。嫁さんには迷惑をかけました。キャンプ地に卵を送ってもらって、自分の部屋に電子レンジを置いて茹でて食べました。毎日のことなので、かなりストレスがかかりましたね。

──引退を決めたのはいつですか?

野村 2002年4月の時点でもう引退することを決めました。まだ開幕したばかりだったので「ちょっと待て」と慰留されたのですが、もう無理でした。

──2002年10月13日が最後のマウンドになりましたね。

野村 引退登板の日が決まって、リハビリを始めました。引退を決めたら痛みが消えると聞いたことがあったのに、全然そんなことなくて「やっぱりダメだな」と思いました。むちゃくちゃ痛かったので、引退試合で涙も出ませんでした。

 引退することに対する悔し涙はなかったですね。もちろん、悔いはあったんですが、それよりも「もう投げなくてもいい」という思いのほうが強かった

──この時はまだ33歳で、通算勝利数は101。周囲からすれば早すぎる引退でした。

野村 テレビ取材のクルーがカメラを構えていたんですが、「感動的な場面がないんですが……」と言われてしまいました。でも、実際にそうなんです。もう痛くて痛くて。取材に対しても「全然悲しくない。もう投げなくていいから、スッキリしている」と答えたのを覚えています。

──あらためて現役生活を振り返ってみて思うところは?

野村 小学2年生が野球を始めた時から、楽しく野球をした記憶はありません。野球は”やらなければいけないこと”で、練習もやらされていた部分が間違いなくあった。父親が広陵高校野球部のOBでしたからね。

 PL学園時代には、甲子園で1回戦負けすることなんか考えられなかった。勝った瞬間だけはうれしいと思ったけど、野球を楽しいとは感じなかった。僕が頑張ることができたのは、マウンドで恥をかきたくなかったから。楽しく投げたいというのと、恥をかきたくないと思って必死で投げるのとでは、結果は大きく違うでしょう。それでも打たれることがあるのが、野球の難しいところなんですが。

 今でも、イベントなどでマウンドに上がることがありますが、野球が楽しいと感じたたことはありません。サントリードリームマッチで東京ドームのマウンドに上がる時も、「打たれるのは恥だ」と思っています。あの満員の中で恥をかきたくない。お祭り的なイベントでも、バッターに打たれるのは嫌ですからね。


■野村弘樹(のむらひろき)

1969年、広島県生まれ。1987年ドラフト3位でPL学園から横浜大洋ホエールズに入団。プロ3年目の1990年に11勝をマーク。1993年には17勝を挙げ最多勝投手に輝いた。1998年に13勝でチームの38年ぶり優勝、日本一に貢献したが、1999年に左ヒジを手術した。2001年に通算100勝を達成したが、2002年に左ヒジの状態が悪化し、現役を引退。その後、ベイスターズのコーチをつとめ、現在は野球解説者として活動している。2015年2月から桜美林大学硬式野球部の特別コーチも務めている。

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索