VARは見た!「ダイバー」ネイマールは世間を敵に回して帰宅

「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)は見た!」

 ネイマールのロシアW杯は、そんなタイトルがつけられそうな形で終わった。サンバのリズムも、底抜けの陽気さもない。ずるく姑息な印象だけが残ってしまった。


ベルギーに敗れ、ベスト8で姿を消したブラジルのネイマール

 きっかけはラウンド16のメキシコ戦だろう。タッチライン際、ネイマールは接触されてファウルを受けた後、大袈裟に倒れている。そして踏みつけられたようなリアクションで、悶えながら転がった。ところがビデオで再生すると、何もされていない。被害者を演じていたのだ。

「(メキシコの選手は退場になっていたかもしれず)ひどく恥ずべき行為だ。ひとりの選手が倒れただけで、こんなに時間を使うなんてあり得ない。フットボールは道化師のものではない」

 敗れたメキシコのファン・カルロス・オソリオ監督は、憤懣(ふんまん)やるかたない様子だった。

 ネイマールがメキシコ戦までのW杯4試合で倒れていた時間は、13分50秒と計算されている。

 5試合目となる準々決勝、ベルギー戦でも、ネイマールは何度もピッチに倒れ、PKを主張する場面もあった。しかし、この日の主審は最初からシミュレーションを疑っているように見えた。VAR判定に持ち込まれこともあったが、ビデオ再生されたとき、どれも軽い接触でダイブしていたことが確認されている。

 やはり、VARは見ていたのだ。

「ネイマールはわざと倒れる”ダイバー”だから。(スペインの)ラ・リーガでプレーしている選手ならみんな知っている。たいしたことないファウルで派手に転ぶ。彼の”プレースタイル”なんだろうけど、審判には公正にジャッジしてほしいよ」

 ベティスでプレーし、メキシコの主将でもあったMFアンドレス・グアルダードは苦々しげに語っている。

 フェアプレーに関して、ネイマールの評判は著しく悪い。

 選手の間で彼をリスペクトする声が乏しい理由は、「一流選手にあるまじき、欺く行為で得をしようとする」というあざとさにある。昨シーズンまでプレーしていたバルセロナでは、相手選手が怒りを募らせる場面が試合ごとにあった(突然、退団を決めてフランスリーグに移籍したのは、そういう自分を理解しない風潮に耐えかねたからだとも、一部で言われている)。

「技術的にはすばらしいが、人間性でメッシには永遠に及ばない」

 それがピッチ内外の評価として定着してしまった。もっとも、ブラジル人としては特別、非難されるようなことはしていないのだろう。

「ネイマールよ、他の国からの批判など気にするな。ゴールするべきときはゴールし、ファウルで倒れるべきときは倒れたらいい。誰もがやっていることだ」

 かつてセレソンで10番をつけたリバウドは、ネイマールにエールを送っている。ブラジルでは、人を欺くことも勝つための手段なのだろう。彼らが好んで使う「マリーシア」だ。

 しかし、世界最高のフットボーラーとして認められるには、それなりの行動規範があるだろう。

「勝ち負けというのはプレーの一部だ。しかし、シミュレーションで得をしようとするというのはどうか。子供たちの模範にはならない。少なくとも、自分の子供には」

 ブラジル代表を率いるチッチ監督は、ブラジル国内リーグで、当時サントスにいたネイマールと対戦したとき、はっきりと苦言を呈していた。その振る舞いを問題視していたのだ。

 しかしネイマール自身に、少しも悪びれたところはない。そして、不必要に敗者を挑発してしまう。今回の一件でも、批判に対して「帰った人間たちのたわごと」と言い切っている。当然、これも反発を買う。一介の選手ではないだけに、発言の与えるインパクトは大きい。

 ネイマールは試合中も、ときにその悪辣さを見せる。たとえば、ほぼ負けが決まった相手に対し、また抜きを仕掛けるようなプレーだ。

 それが、2015年のスペイン国王杯決勝では大きな問題になった。ビルバオ戦の終盤、すでに3−1でバルセロナが勝利をほぼ手中にしていたときに、LAMBETTA(ボールを両足で挟み、相手の頭上を浮かして抜けるフェイント)を繰り出した。敗者を嘲笑するかのような行為で、相手を激昂させただけでなく、このときはバルサの監督ルイス・エンリケまでネイマールの行為をたしなめている。

 ネイマールは勝負になると、やり過ぎてしまうところがある。マリーシアに囚われてしまうのだろうか。

 準々決勝のベルギー戦でも、ネイマールは審判の目を欺こう、と躍起になっているようにも見えた。そのせいで本来のプレーは冴えを失い、むしろチームのブレーキになった。終盤になってようやく集中力が高まると、左サイドを抜け出して中央のコウチーニョに戻したパスなどは出色だったし、アディショナルタイムに入ってからのシュートも際どかったといえる。

 しかし、チームを勝利に導くことはできなかった。ブラジル自体が、ネイマールが起こした騒動に振り回された感もある。

「あれ、今度は誰がお家に帰るのかな?」

 グアルダードは、自身のインスタグラムでメッセージを書き込んでいる。

◆「秘策」でブラジル粉砕。4強入りベルギーが見せた戦術の奥深さ>>

◆ジーコらブラジルのレジェンドが日本を高評価。「西野は現代的な指揮官」>>


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索