プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合

プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合

 今シーズン、個人的に活躍を期待していた選手のひとりにヤクルトの谷内亮太(やち・りょうた/6年目/内野手)がいた。昨年の松山(愛媛)での秋季キャンプで、そのパフォーマンスの高さに驚かされたからだ。だが現在、あらためて「プロの世界の厳しさ」に直面している。

 谷内の今シーズンは、西都(宮崎)の二軍キャンプから始まった。

「これまでは一軍キャンプ(沖縄・浦添)でスタートしていたので、まずは自分の置かれている現状を思い知らされました。ただ、キャンプ最初に高津(臣吾)監督が『二軍スタートになったけど、10月に笑っている人間が勝者だから』と話してくださって、それが心に響きました。10月に笑っていられるように、ほかの選手のことは気にせず、自分の技術を磨くキャンプにしようと、気持ちの整理ができました」

 二軍キャンプでも、谷内のパフォーマンスの高さは際立っていた。

 たとえば”連続ティー100球”で、コーチは高低・緩急を使い、選手たちに楽をさせないようにトスをあげる。多くの選手は途中から悲鳴を上げ、スイングが波打つこともしばしば。そのなかで谷内は、機械のように強く正確なスイングを最後まで繰り返すのである。

 橘内基純(きつない・もとずみ)トレーナーは「突出した部分が見えにくいですが、どの分野でも平均以上の力があることが魅力の選手です」と、谷内のフィジカル能力について語る。

「筋力、持久力、パワー、それに切り返しの動作や繰り返しの運動能力など、どの数値も毎年のように伸びています。チーム内において、いずれも上位の数値です。性格的にも勤勉で、何事にも一喜一憂せず、ムラなく練習を続けられる。動きに対する意識、トレーニングに対する知識があり、負荷の高いトレーニングをこなせるメンタルと体力も持ち合わせています」

 谷内自身は「試合でもそうですが、自分で自分を使い切れていない感じがあるので『もっとできる』という思いはあります」と話し、こう続けた。

「これといって秀でたものはありませんが、昔からトレーニングをしっかり続けてきた自負はあります。たとえば、瞬発力が特別に優れた選手はうらやましいですし、そうなりたいとも思います。でも自分のことを考えれば、やはりすべての面でバランスよく、それを成長させることが大事だと思っています」

 開幕を二軍で迎えた谷内だが、「今年に限っていえば、打撃を追求してやってきました」と、その成果は如実に現れた。ファームとはいえ、右打者でありながら約2カ月にわたって打率.350以上をキープしていたのだ(現在は.342)。

「これまでのフォームを少し変えて、松元(ユウイチ)コーチや北川(博敏)コーチに、西都キャンプから教わってきたことがはまった感じがありました。そのなかでもこだわったのが、打席での質を上げるということでした。

 今までは引っかけたゴロが多い印象だったので、そういう”凡打”を少なくしていこうと。もちろん、いい打球がアウトになったり、よくない打球がヒットになったりすることもあります。それが野球なんですけど、今シーズンは『今のボールに対する入り方はよかったな』とか、なにかしら自分が納得できる打席がつくれるようになったと思います」

 二軍の松元打撃コーチは、谷内について次のように語る。

「今年は配球の勉強に力を入れています。たとえば右打ちをしたい場面で、相手バッテリーはそうさせないようにインサイドに投げてきます。その(配球の)タイミングなどを勉強していて、それが打率にもつながっていると思います。これをすると決めたら、最後までやり続けることができる。お手本のような選手です」

 5月22日、谷内はファームで打率.364を残し、待ちに待った一軍昇格を果たした。それまでの時間を、どんな気持ちで過ごしていたのだろうか。

「野球をすること自体、一軍でも二軍でも同じです。僕ができることは、いつ上(一軍)に呼ばれても後悔しないように、下(二軍)でしっかり準備することでした。それを忘れなかったからモチベーションを切らさずにプレーすることができました。一軍ではバッティングで結果を出して、そこをほかの選手との違いにできればと思います」

 しかし、現実は厳しいものとなった。

 谷内はすべての内野を守れるユーティリティープレーヤーなのだが、昇格時の内野はファーストに坂口智隆と畠山和洋、セカンドに山田哲人、サードに大引啓次がいて、ショートに西浦直亨(なおみち)。大引がケガで離脱すると、川端慎吾が復帰。簡単に入り込めるポジションはなく、2試合で先発出場を果たすもインパクトを残すことはできなかった。

 そして6月1日の楽天との交流戦(楽天生命パーク)。代打で登場した谷内はセンターに大飛球を放つ。「あわや」と思わせる会心の一打だったが、田中和基が背走してスーパーキャッチ。谷内にとっては何とも悔しい結果となった。

「正直、『なぜアウトになるのか』という打球でした。納得できる打席ではありましたが、今の僕は当落線上の選手なので、いくらいい打球を10打席続けても結果が出なければ下へ落とされる世界です。今は内容ある打席を追求してくのか、それとも結果を求めるのか、バランスの取り方が難しいです」

 6月9日、ヤクルトの試合前練習を見ていると、いつもと様子が少し違うことに気づく。谷内の守備練習が一向に終わらないのである。宮本慎也ヘッドコーチがノックをし、土橋勝征内野守備・走塁コーチが見守っている。前日のオリックス戦で、谷内は途中からショートの守備につき、1イニングに2つの失策を記録してしまったのだ。

「よし、もう1本いこう」(宮本コーチ)

 全体練習が終わってもノックはまだ続き、ようやく終わると谷内はグラウンドにへたり込んだ。持久力に自信のある谷内がしばらく動けないほど厳しい練習だった。

「全体練習のなかで、ずっとノックをしていただけることは幸せなことだと思っています。石井(琢朗)コーチからは『内野手はまず守備。それができないと試合に出られない。もちろん、バッティングも大事だけど、守備はその倍の練習をしないと』と言われています。

(前日のエラーは)メンタルの弱さだったり、準備不足だったり……。今年に限っていえばバッティングに比重を置いていたので、あのエラーは守備を見つめなおすいい機会になりました。バッティングも守備も、もっと向上心を持って取り組みたい。ここでしっかりやっていけば、またスタメンの機会がめぐってくるかもしれません」

 6月13日、メットライフドームでは西武の選手が早出練習でバットを振り込んでいた。そのとき、ビジター側のベンチからグラブとボールを手にした谷内が出てくると、おもむろにコンクリートの壁に向かってボールを投げた。「コツン」と跳ね返ってきたボールを、腰をおろして丁寧に捕球。その動作を何度も繰り返していた。

「石井コーチが『こんな練習の仕方もあるんじゃないか』って。今こうして”壁当て”をしていると、昔よくやっていたことを思い出しました。子どもの頃は狙ったところに投げるという具合にピッチャー目線でやっていました。捕球の基本もわからなかった頃なので、遊び感覚でしたよね。今は捕球をより正確にするために取り組んでいます」

 そんな谷内を見ていて、ふと2年前のことを思い出した。それについて谷内に聞いてみた。

―― 2年前、死球により右手を骨折。あのシーズンは開幕から23試合で打率.300と好調を維持し、プロ4年目でレギュラーの座をつかみかけていました。

「うーん、痛いのは痛かったです。自分のなかでもノッテる段階でしたので。ただ、あのケガがあったから、今の考えでやれているのかなと思っています。死球による骨折が原因でレギュラーを逃したという考えは一切ないです」

 6月25日、谷内は二軍降格を通告されるも、7月6日に再び一軍の舞台に戻ってきた。このチャンスを機に「10月に笑っていられる選手」となれるのか。谷内の戦いはまだまだ続く。


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索