サッカーを知った大坂なおみ。元女王に完敗も、強いメンタルで全米へ

サッカーを知った大坂なおみ。元女王に完敗も、強いメンタルで全米へ

「初めてのセンターコートで、もっと楽しめるはずだったのに……」

 大坂なおみは2度目のウインブルドンで、初めてセンターコートでプレーするチャンスを得た。だが、いつもテレビで見ていたその場所に一歩足を踏み入れた瞬間、楽しむはずの時間はどこかに飛んでいってしまった。そして、大坂は、センターコートで楽しめなかったことを最大限後悔した――。

 第18シードの大坂(WTAランキング18位、7月2日付/以下同)は、第11シードのアンゲリク・ケルバー(10位、ドイツ)に2−6、4−6で敗れて、ウインブルドンで初の4回戦進出はできなかった。

 2人のこれまでの対戦成績は1勝2敗と大坂が負け越しているが、初対決となった2017年USオープンの1回戦では、ディフェンディングチャンピオンのケルバーを、わずか65分で破った衝撃は記憶に新しいところだ。

 グラス(天然芝)コートで対戦するのは初めてで、大坂のビッグサーブや強力なフォアハンドがうまく決まれば、有利に試合を展開できるかもしれないと言われていたが、大坂自身は、グラスでの試合経験がケルバーより劣っていることを懸念していた。

「ケルバーの方が、グラスで試合をたくさんしています。自分にアドバンテージがあるかもしれないけど、プレッシャーになってもいけないので、あまり考えないようにします」

 今回の3回戦では、2016年ウインブルドン準優勝者のケルバーに、大坂が気にしていた経験の差を見せつけられる形になったが、ケルバー本人は「すべてのゲームが本当にタフだった」と謙虚だった。

 第1セットと第2セットともに第1ゲームで、大坂はケルバーにサービスブレークを許してしまい、常にスコアを追いかける厳しい展開を強いられた。

 さらに大坂を苦しめたのが、ケルバーのファーストサーブだった。確率が70%と高く、さらにファーストサーブでのポイント獲得率が80%と安定していたため、大坂が思うような展開に持ち込めずに、多くのミスをすることになった。

「ケルバーのサーブがよかったのに対して、私のサーブはよくなかったですね。ケルバーが、多くのチャンスをものにしていきました」

 こう試合を振り返った大坂がミスを22本したのに対して、ディフェンスがいい選手として知られているケルバーは、わずか5本のミスに抑えた。大坂は、ケルバーのハイレベルなテニスに今回は脱帽するしかなかった。

 昨年と同じ3回戦でウインブルドンを去ることになった大坂だが、今季アレクサンドラ・バインコーチと取り組んでいるポジティブな姿勢で戦うことを、1回戦と2回戦では実践することができている。昨年と比べて大きく変化して、大坂の試合に臨む姿勢は格段によくなった。

「自分でもそう思います。(2回戦では)少しネガティブになりそうなことがあっても修正することができました。ファイティングスピリットを前向きに出せていると思います」

 また、サッカーにはもともと興味がなかった大坂だったが、ウインブルドン期間中に会場近くの家を借りて、バインコーチやトレーナーたちと共同生活をする中で、ロシアW杯サッカーに熱狂するバインコーチから影響を受けて、興味を持つようになった。2回戦後の記者会見では、”サムライブルー”のユニフォームを着用して現れ、「3番が誰かわからない」と、選手は知らないことを正直に語るお茶目なところも見せた。

 いまや多くの人が、大坂が未来のグランドスラムチャンピオンになり得ると語るようになった。そして、大坂自身も、自分がチャンピオンになる姿をイメージできるようになってきており、当面の目標としては、グランドスラムでベスト8に入ることを掲げている。そして、自身がチャンピオンになるために今必要なことを、大坂は次のように語る。

「たとえ自分が100%の調子ではなくて80%だとしても、勝つ方法を見つける必要があります。多くのベストチャンピオンたちがそうしてきたように」

 これで大坂のグラスシーズンは終了し、今後は夏の北米ハードコートシーズンに臨むことになる。トッププレーヤーになるための資質を、この夏にどれだけ身につけることができるのか注目したい。

「ハードコートは、自分の好きなサーフェスですから、今からプレーをするのが楽しみです。もちろんいいプレーをしたいですし、もっと勝てるように学んでいきたいです。今の調子を続けて、もっともっとテニスを進化させていきたいです」

 今季のメジャー最終戦であるUSオープン(8月27日開幕、ニューヨーク)で、20歳の大坂は、グランドスラム初のベスト8入りを目指すことになるが、今の彼女なら必ず実現できるはずだ。


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索