「簡単に返事をしてはいけない」栗原恵が移籍のオファーに迷った訳

「簡単に返事をしてはいけない」栗原恵が移籍のオファーに迷った訳

 大山加奈との”メグカナ”ブームで女子バレー人気をけん引し、2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪に出場した栗原恵。この春に日立リヴァーレを退団し、身の振り方が注目されてきたが、6月1日付でJTマーヴェラスに入団することが発表された。

 今年で33歳と、ベテランの域に差しかかった栗原はなぜ移籍を決意したのか。JT入団に至るまでの経緯や、JTの吉原知子監督とのエピソードなどを聞いた。


――今回、JTマーヴェラスへの入団はどのように決まったんでしょうか。

「前チームの日立リヴァーレを退団させていただいて、しばらくはフリーの時間を過ごしました。そのときにJTマーヴェラスの監督であるトモ(吉原知子)さんから直々に声をかけていただいたんです。最初は気軽な感じで『会って話をしましょう』と。その後の面談でお互いの考えを伝え合ったうえで『JTに来てほしい』とオファーをもらいました。

そのときは引退も視野に入れていたので、すぐには決められませんでした。すごく若いときから私のことを知っているトモさんに声をかけてもらえたのは、とてもありがたくて嬉しかったです。でも、引退を考えながら長く休んでいたので、自分の今後と真剣に向き合う時間をいただきました」

――その間にどんなことを考えていたんですか?

「トモさんは普通の監督さんとはちょっと違って、現役時代もずっと背中を見てきた”大先輩”。私もベテランと言われる年齢になりましたけど、私が初めて全日本に選ばれたときは、本当にストイックなトモさんを『これが選手のあるべき姿なんだな』と見ていました。偉大すぎる方なので、JTへの移籍も簡単に返事をしてはいけないと考えていました」

――入団に向けた交渉のなかで、吉原監督からはオファーの理由も聞いたかと思うのですが。

「トモさんは『まだまだできると思う』とはっきり言ってくれました。『自分がどうしたいのかが一番だけど、バレーボールを辞めようとしたときにそう思われる選手は限られている。それは”使命”で、私も感じてきたことだけど、メグもそういう選手なんじゃないかと思う』という言葉は嬉しかったですね。『もういらない』と言われても仕方ない年齢になったからこそすごく心に響く、深くて重い言葉をもらいました」

――2004年11月、NECレッドロケッツからパイオニアレッドウィングスに移籍したことで吉原さんとチームメイトになりましたね。吉原さんは2006年に現役を引退しますが、その後もやりとりはあったんですか?

「自分が全日本で試合を行なうときも、解説に来られてるときはよく声をかけていただきました。落ち込んでいるときは励ましてくれたり、『私はこう思う』『こうやったらいいんじゃない?』とアドバイスをくれたりもしましたね。でも、トモさんがJTの監督になってからは、私は別のチームの選手でしたから、以前よりもバレーボールの話をする機会がなくなってしまって……。そんななかで、今回のお話をいただけたのはすごく驚きました」

――JTは栗原選手がプロ選手としてプレーする6つ目のチーム。2011年9月から半年間は、ロシアのチームでもプレーしました。日本人初のプロバレーボール選手になった吉原監督も、日本や海外のさまざまなチームでプレーしていますが、「プロ選手として、求められるチームでプレーする」というところにシンパシーを感じますか?

「さきほども言ったように、トモさんは偉大すぎて、”同じ”という感覚ではないですけどね。『いろんなところを渡り歩いていてすごいな』と思っていたトモさんの背中をいつの間にか追いかけていて、いろんなチームで経験を積むことができたのかなと思います」

――JT入団までのフリーの期間は、ヨガなどをされて「目覚まし時計をかけない生活を楽しんだ」ともお聞きしましたが。

「ずっとヨガには興味があったんですが、クロスフィットというトレーニングを新しく始めたりもしました。現役復帰のためのトレーニングではなく、自分のあらたな趣味、視野を広げるためにやってみたんですけど、楽しくてとても新鮮でした」

――ある程度バレーから距離を置いて”楽しむ”時間は初めてだったんですか?

「そうですね。何度もケガして、バレーボールができない時期がたくさんありましたが、手術をしてすぐリハビリが始まってと、常に復帰を目指してやっていましたから。目標を定めず、自分の好きなように過ごすことは初めてでした」

――何度もケガを乗り越えながらシーズンを重ね、また新たなチームに移籍。メグカナブーム当時のイメージからすると、ここまで現役にこだわることは意外でした。栗原さんは奔放で、「すぐにタレントになっちゃうのかな?」とも思っていたので(笑)。

「そうなんですね(笑)。自分でも、ずっと『長くやりたいです』とは言っていたんですけど、実現するとは思っていませんでした。自分でチームをやめるタイミングを決められたり、そこからまた声をかけていただけることは本当にありがたいです。それまで一緒にプレーしてきた先輩たちのなかには、”やめなければならない状況”になってコートを去った選手がたくさんいましたからね。

自分もいつかそうなるんだろうとも思っていました。なので、今年も現役でいられることには感謝しかありません。ファンの方からもずっと、『納得がいくまでやりきってください』と励ましの声をいただいてきました。それに後押しされて、メダルは取れませんでしたがオリンピックに出場できましたし、すごく前のことですけど、2005−2006シーズンにはVリーグで優勝することもできました」

――そのときは、最高殊勲選手賞、サーブ賞、ベスト6賞を獲得しましたね。

「だいぶ前のことですね(笑)。いろいろな経験をさせてもらって、『やりきった』という思いがないわけではないんですけど、プレーできる環境があることがありがたいと思ってプレーしていたら、いつの間にかこの年齢になっていました」

――ベテランとなった今、若い選手に伝えたいことなどはありますか? 日立でチームメイトだった佐藤美弥(みや)選手は、「コウ(栗原選手のニックネーム)さんにはすごく励ましてもらって支えになった」ともおっしゃっていましたが。

「美弥とは友達で、仲良しなだけとも言えるんですけどね(笑)。ただ、昨季のリーグは苦しいことも多かったので、逆に私のほうが支えてもらってシーズンを乗り切れたと思います。チームは別になりましたが、美弥の全日本での活躍を応援したいです。

これはJTに限ったことではないですが、若い選手たちの頑張りはすごいです。お互いに刺激しあいながら、パフォーマンスを高めていきたいと思っています」

(後編につづく)


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索