「悲劇の右腕」の教え。木更津総合に好投手が生まれ続ける謎が解けた

「悲劇の右腕」の教え。木更津総合に好投手が生まれ続ける謎が解けた

 木更津総合の投手はなぜ育つのか――。

 これまで不思議で仕方がなかった。近年、木更津総合には毎年のようにプロスカウトから注目される投手が現れる。記憶に新しいのは、2016年春夏の甲子園ベスト8に導いた早川隆久(早稲田大2年)や、昨年「高校屈指の左腕」と言われた山下輝(ひかる/法政大1年)など。いずれも大学に進学したものの、プロ志望届を提出していればドラフト指名は確実の好素材だった。

 木更津総合の五島卓道監督は早稲田大、川崎製鉄神戸で内野手として活躍。暁星国際(千葉)監督時代には小笠原道大(元中日ほか)を育成した実績がある。もともと野手育成には定評があるが、木更津総合には投手を専任で教える指導者はいないという。もちろん、好素材をリクルートしているという前提はあるとはいえ、これだけ好投手が続くのは、何か理由があるのではないかと考えていた。

 そんな折、今年のドラフト候補である木更津総合OBの鈴木健矢(JX−ENEOS)を取材する機会があった。鈴木は高校時代にサイドスローに転向して才能を開花させ、キレ味鋭いボールで注目されている。なぜ木更津総合の投手が育つのかを率直に聞いてみると、鈴木は爽やかな笑顔をたたえてこう答えた。

「僕の1学年上に『千葉さん』という先輩がいたんですけど、この人がすごかったんです。僕もみんなも、千葉さんから技術的なことや練習メニューを教わっていましたから」

 意外な形で名前が登場したが、この「千葉」という選手は、高校球界では名の知れた存在だった。一般的には「悲劇の右腕」として知られている。

 2013年夏の甲子園2回戦、木更津総合は西脇工(兵庫)と対戦した。先発したのは1回戦でも完投勝利を収めた2年生エース・千葉貴央。だが、その立ち上がりの投球に球場は異様な雰囲気に包まれる。

 千葉はまるで軽いキャッチボールのような力感のないフォームから、スローカーブを続けた。1番打者を6球すべてスローカーブで三振に仕留めたところで、たまらず木更津総合ベンチは投手交代を決断。千葉は右肩を痛めており、思い切り腕を振ることができなかったのだ。

 そして、多くの野球ファンにとって、この痛々しい姿が千葉に対する最後の記憶になっている。高校3年時はほとんどの時間をリハビリに費やし、その後も千葉が華やかな舞台で躍動するようなニュースは届いていない。

 そんな千葉が、実は木更津総合の投手育成に貢献していたとは……。実際に木更津総合の五島監督に聞いてみても、「千葉は今でも毎年冬の合宿に来て、選手にいろいろと教えてくれていますよ。とても勉強していますし、信頼しています」という答えが返ってきた。

 千葉に会ってみたい――。そんな思いを募らせ、千葉が現在所属する桐蔭横浜大を訪ねてみた。

「去年の4月に右ヒジを手術して、今は8割くらいの力で腕を振れるようになってきました。春のリーグは間に合いませんでしたが、確実に少しずつよくなっています」

 今年で大学4年。大学野球8季のうち、すでに7季は終わっているというのに、千葉はいまだ公式戦マウンドに立つことができずにいる。本人は前向きに語ってくれたものの、やはり故障の根は深いと思わざるを得ない。

「桐蔭横浜の野球は接戦に強いという特徴があるんですけど、春のリーグ戦は大事なところでミスが出て競り負けて、目指す野球ができませんでした」

 眼前に広がる大学の練習風景を眺めながら、千葉はチームリーダーのような広い視野から春の戦いを総括した。それもそのはずで、千葉はリーグ戦出場のない投手ながら、なんと桐蔭横浜大の主将を務めているのだ。

 桐蔭横浜大の齊藤博久監督は言う。

「本来であれば、千葉のような力のある投手は歴史のある名門大学が放っておきません。私は投げられないことを覚悟の上で声をかけました。実際、ここまではリーグ戦で投げられていませんが、キャプテンとして十分な働きをしてくれています。どうして千葉をキャプテンにしたかというと、彼には人を惹きつける人間力、カリスマ性があるから。千葉をキャプテンにしたからといって『なんで千葉が?』と思う人間は誰もいません」

 そんな千葉に、本題である「木更津総合の投手が育つ理由」について聞いていくことにした。

 そもそも、千葉が投球理論に興味を持ち始めたのは4歳上の兄の影響だったという。強豪高校の野球部にいた兄は、ことあるごとに野球の技術に関する情報を探してきては、千葉に授けた。中学時代には、こんなアドバイスがあったという。

「ピッチングには2つの動作がある。それは『並進運動』と『回転運動』。体重移動という並進運動でためた力を、最後に回転運動でボールに伝えるんだ。貴央のフォームは、並進運動の途中から回転運動が始まっているから、できるだけ横を向いた状態を長くできるといいね」

 兄の助言どおりに実践してみると、パフォーマンスは飛躍的に向上した。千葉はフォームに興味を持ち、さまざまな書籍を読み漁るようになる。

 参考になった本を尋ねると、千葉は少し困ったような顔をして、こう答えた。

「すり切れるまで読んだ本もあるんですけど、僕はピッチングと広い視野で向き合いたいと考えているんです。参考になる内容があっても、『こんな考え方があるんだな』と受け取って、『これが正解』とは思わないようにしています」

 中学生の時点で投手としての知識を蓄えた千葉は、数ある誘いの中から進学先として木更津総合を選ぶ。

「寮生活も学校生活も『自立』がテーマだと聞いてから練習を見学したのですが、『本当に高校生か?』と思うくらい一人ひとりが独立していて、少しのミスも許さないような緊張感がある。『ここでやりたい』と思いました」

 入学時、3年生には黄本創星(きもと・ちゃんそん)という県内指折りの好投手がいた。千葉は1年夏から登板機会を得て、夏の甲子園では春夏連覇を達成する大阪桐蔭戦でリリーフ登板し、貴重な経験を積んでいる。

 そして驚くべきは、千葉は下級生時から上級生にアドバイスを求められ、技術的な助言を送っていたことだ。その背景には、「いいものは上級生だろうと下級生だろうと学ぶ」という木更津総合の選手特有の気質があったことは間違いない。千葉が上級生になると、必然的に下級生から指導を請われることが増えた。

 前出の鈴木健矢は高校2年夏まで、本人曰く「ベンチに入れるかどうか」というレベルの投手だった。しかし、千葉は早い段階で鈴木に「プロになれると思うよ」と伝えていたという。

「健矢は僕がいた頃は上から投げていたんですけど、ステップする左足が突っ張ることを気にしていました。僕は『そこはそんなに気にしなくていいんじゃないの?』と言いました。健矢は背筋がめちゃくちゃ強くて、腕が長いので、下半身が突っ張ることで腕がよく走るだろうと思ったんです。あとは体ができてくれば、すごいピッチャーになるなと」

 2学年下の早川には「左腕が右の腰から生えているイメージで投げるといいよ」とアドバイスを送った。千葉は他人に何かを伝える際、大事にしていることがあるという。

「強要するのではなく、あくまで『情報を与える』という感覚です。この人はこう言っている、でもこの人は真逆の感覚らしい……そんな情報を伝えて、あとは本人が考えて、掘り下げていけばいい。最後は『自分で考えること』が大事だと思っています」

 木更津総合の投手練習は走り込み中心だ。近年は「走り込み不要論」が広まりつつある。もちろん、千葉はそんな風潮を知っており、「それも正しいと思いますが」と前置きしてこう続けた。

「僕はいいと思っているので走っています。心拍系のトレーニングになり、体のバネを使えるようになり、大きい歩幅を意識することで体全体のバランスを意識できる。でも、一番は精神面。走るのはキツイので、自分自身と向き合えますから」 

 人間の歩く動作、走る動作は一歩一歩が体重移動の連続である。それは投手の投球動作ともつながっているという考え方を持っている。なお、長距離をジョギングするのではなく、短距離・中距離のランメニューを重視しているという。

 また、高校卒業後は冬合宿に毎年顔を出し、後輩にエールを送っている。今春、エース格の働きを見せた野尻幸輝は、「千葉さんにマウンドでの心構えや気持ちの持っていき方を学んで、すごく参考になりました」と証言する。

 千葉の高校卒業後は鈴木、早川、山下……と1学年ごとに好投手が連続して成長し、人材難と言われた今チームも野尻だけでなく、2年生の逸材右腕・根本太一が台頭してきた。彼らに共通しているのは、先輩から貪欲に学び、急激な勢いで成長したということだ。

 その流れを築いたのは、木更津総合の選手個人の「自立」を促す環境であり、そして類まれな指導能力を持った千葉貴央という存在だったに違いない。

 近い将来、指導者になるつもりはないのか? 千葉にそう問うと、意外にも「今のところ考えていません」という答えだった。

「選手としていけるところまでやりたいです。社会人でやりたいですが、公式戦で投げていないので、なかなか決まらなくて……。だからアメリカの独立リーグなど、海外で野球をすることも視野に入れています」

 千葉が選手にこだわる理由の一端には、恩師である五島監督への思いがある。

「2年夏の甲子園では僕のわがままで投げさせてもらったのに、まるで監督が潰したような言われ方をされてしまいました。肩・ヒジが痛かったのは小学生からですし、原因は自分にあります。このまま僕が出てこなければ、『監督が潰した』と言われ続ける。それは絶対に嫌なので、だからあきらめずにやれているんだろうと思います」

 桐蔭横浜大の齊藤監督は「投げられるようになれば大丈夫。(社会人は)どこもほしがるはずですよ」と見通しを語る。大学最後のシーズン、千葉がマウンドに立つ日は訪れるのか。そしてどんなボールを投げるのか。楽しみはふくらむばかりだ。

 そして何年、何十年先になるかはわからないが、選手生活をまっとうした千葉が指導者としてグラウンドに戻ってくることを願わずにはいられない。そうでなければ、日本野球の大きな損失になるはずだ。たとえ投げられなくても、千葉貴央という野球人が残した功績は、母校の後輩たちが身をもって証明している。


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索