本人直撃! Jを吸収中のトーレスの素顔「鳥栖での生活は快適だよ」

本人直撃! Jを吸収中のトーレスの素顔「鳥栖での生活は快適だよ」

 台風12号が近づき、九州は雨脚が断続的に強くなり始めていた。

「フェルナンド!」

 名前を呼びかけ、スペイン語で挨拶すると、壁に背をもたれて携帯をいじっていた彼は、人懐こい笑顔を浮かべた。

「ここでの暮らしは快適だよ」

 そう応じたフェルナンド・トーレスは、前日の試合のリカバリーを終えたばかりだった。クラブハウスの前で、迎えの車を待っていた。まだ日本の免許を取得していないので、練習場とホテルを送り迎えする運転手がいるという。そんなやりとりをしている間に、彼自身がまもなく乗るのだろう、マツダの高級スポーツカーが到着した。電光石火のゴールを持ち味にする、トーレスらしい車だった。

「マジで彼はいいやつなんだ。ナンバー1だよ。いつも気にかけて、喋りかけてくれるからね」

 トーレスは、チームメイトの豊田陽平に視線を投げかけながら言った。はにかむように人のことを褒める様子に、その純朴さが浮き出ていた。真のスター選手というのは、意外なほど純粋さを失わない。

 電撃的な入団会見から2週間が経過。ほとんど様子が伝えられないが、トーレスはどのような鳥栖での生活を送っているのか――。

「佐賀牛は最高です」

 ジュビロ磐田戦の後、記者たちに囲まれたトーレスは笑顔で答えていた。地元に対するリップサービスもあるのだろう。スーパースターとして生きてきただけに、そういうことが自然に無理なくできる。

 性格は恥ずかしがり屋で無口なほうだ。しかし、言うべきことは言う。いわゆる真面目なプロフェッショナル。試合翌日の軽めの練習でも、ジムにこもって筋力トレーニングを欠かさない。全身、バキバキの肉体だ。

「スター選手だからといって、誰に対しても感じがいいし、手を抜くようなことは絶対にしないですね」

 鳥栖の選手たちは口を揃える。その行動はすでに模範となりつつある。

 クラブとしては気をつかい、入団以来、非公開練習を続けているのだろう。しかし、トーレスのような大物選手は、巻き起こる喧騒をもエネルギーにできる。人々の熱気を感じ、自分のプレーに還元できるはずだ。

「トーレスと一緒にプレーできただけでも、このクラブに来た意味はあったというか。子供みたいにはしゃいでしまうところがあります」

 Jリーグで通算400試合以上に出ているDF小林祐三は、その正直な気持ちを吐露している。

「トーレスは、リフティングとかは下手なんです。日本では、ボールタッチが硬いとか、柔らかいとかで、うまさを判断するところがありますよね? でも、そんなの関係ないんだな、とあらためて思います。トーレスの場合、試合ではどんなボールも収められるし、運べますから」

 試合中には驚嘆する瞬間があった。

「アングルをつけるのは、普通はパサーの役目なんです。でも、トーレスは横にずれることでオフサイドを回避し、自分でアングルを作って、ディフェンスの矢印を変えられる。(キム・)ミンヒョクの縦パスが通ってシュートまでいった場面がありましたが、”通っちゃった”という感じなんです。それはトーレスが角度を変えているからで、一発でマークを外せている。見たことがないです」

 現場でのインパクトは周りが考える以上だ。

 入団後、慌ただしい日々を送るトーレスは依然としてホテル暮らし。新居を探している最中で、家族を呼び寄せるのはこれからになる。コンディションはまだ5割程度。欧州のクラブだったら、まだ「試運転」の時期なのだ。挑戦の行方はこれから見えてくる。

「Jリーグのレベルは高いよ。プレーがハイテンポ。試合終了間際になると、オープンスペースが生まれて、打ち合いになるのが特徴かな」

 トーレスはJリーグについて吸収を始めている。磐田戦のハーフタイムにはチームメイトのプレーに注文をつけた。ドリブルでエリア内に持ち込み、3人を引きつけながらシュートし、惜しいところでブロックされる場面もあった。仲間の特徴を知り、自分の特徴を伝え、相手を値踏みしながら、プレーをシンクロさせているところだ。

 もっとも、勝ち星から見放されている鳥栖が、「自分のゴールを早急に必要としている」という自覚は強い。

「自分のゴールよりも、チームが勝つことが大事。しかし、そのために自分のゴールが求められているのは知っている。ゴール前での決定的なシーンを、もっと多くできるようにしたい」

 トーレスは語ったが、その言葉はゴールゲッターとしての矜持(きょうじ)といえる。その重責を果たすことによって、彼はスペイン代表として欧州王者、世界王者にもなったのだ。

「今度はゆっくりカフェでもしよう!」

 車の助手席に乗り込むスペイン人FWを誘うと、彼は雨に濡れながらも笑顔で応じた。

「いいよ。いつでも連絡くれ」

 トーレスはそう言って取材者の気をよくさせた。スターとしての寛容さだろうか。どうせ覚えているはずはないだろうが、瞬間、瞬間を輝かせられるのが、まさしくスターなのだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索