半年で鳥栖に復帰した豊田の胸中。「そんなに長い時間は残されていない」

半年で鳥栖に復帰した豊田の胸中。「そんなに長い時間は残されていない」

 7月28日に行なわれたジュビロ磐田戦後、すでに夜は更けていた。試合が開催された鳥栖には深夜まで営業している店がない。そのため、久留米の焼肉屋に出かけることになった。

「今と昔が変わっているというのは意識しています」

 サガン鳥栖のFW豊田陽平(33歳)は、左手でトングを器用に使いながらその胸中を明かしている。豊田は今年1月に移籍した韓国Kリーグの蔚山現代から半年で帰還し、この夜が途中出場での復帰戦になった。網の上ではハラミがジュージューと音を立てていた。

「自分が帰ってきたのは、一緒にJ2からJ1に上がったチームがJ2に落ちるのを見るのは許せなかったからです。落ちるようなチームじゃない。力になれることがあるんじゃないかって。

 ただ、今の自分が”鳥栖らしさを”と主張しても難しい。それはピッチで姿勢を示すべきことで、試合に出ていないなか、影響力が失われているというのは自覚しています。でも、チームとして間違っている方向に行っているのを感じたら、それは言っていきたい。今は託された時間の中、なんとかチームのために仕事をするだけ。個人としてはあと6得点で通算100得点となり、通過点にしたいですけど、今はチームがすべてですね」

 18チーム中17位と降格圏に沈む鳥栖に戻ってきた英雄は、語気を強くした。

 昨年の大晦日、小松空港のカフェだった。豊田は、ほとんど電撃的に韓国への移籍を決断している。かつてヴィッセル神戸にも在籍していたキム・ドフン監督から電話が入り、日本語で「ぜひ、来てほしい」という熱烈なオファーがあったことも、心を決めた理由のひとつだろう。しかし、最大の理由は「一度は海外で」という夢を捨て切れなかったからだ。鳥栖のことは気がかりだったが、千載一遇の機会を逃したくなかった。

 しかし、韓国での生活も、プレーも、うんざりするほど水が合わなかった。

 たとえば、ウォーミングアップではメディシングボールで20回のリフティングというメニューに閉口した。深夜にお菓子やファーストフードを貪る若手選手たちも理解できなかった。槍のような選手を両サイドに走らせ、クロスに無理やり合わせる、というプレー一辺倒の戦術にも疑問を持った。ロッカールームの使い方の汚さは、日本人選手なら唖然とするほどで、がっかりした。

 日々、違和感ばかりが募っていった。

 一方で、豊田は過去のKリーグ所属日本人選手の誰よりも韓国語に取り組み、片言の会話はすぐできるようになっている。しかし、むしろこれが逆効果になった。へたに会話ができたことで、侮(あなど)られることになったという。

 クラブハウスで通訳と張り紙を見ていたときのことだ。ほとんど前触れもなく、背後からコーチに尻を蹴られた。そのコーチは冗談のつもりだったようで、満面の笑みを浮かべていたが、何が起きたのか理解できなかった。

「これが韓国スタイルだから」

 別のコーチがなだめるように言った。はたして、これで成長できるのか。その疑問が頭を離れなくなった。

「周りは『豊田は半年で帰ってきたのかよ』という見方だと思います。でも毎日、何か違和感のあることが起きるから、1日が長くて。少なくとも1年以上の感覚でした」

 豊田はそう言って苦笑し、ウーロン茶を口に含んだ。追加した上ホルモンがテーブルにやってきた。

「自分の年齢を考えたら、そんなに長い時間は残されていない。さらに半年間も、韓国にとどまることはできないな、と。それで、鳥栖への復帰を相談しました。他のクラブでプレーする選択肢はなかったですね。鳥栖の降格を避けたい、という気持ちがありましたし、そこで必要とされるなら、と」

 韓国での試合は、5月21日、ロシアW杯による中断期間前が最後になった。ACLで敗れ、つなげていた気持ちも切れていた。6月には、鳥栖のイタリアキャンプに帯同することが決まった。

「自分としては、結果を残せず戻ってきたことに、悶々とするところはありました。直感的に決めるべきじゃなかったなと。でも、嫁が『若いときから一度は海外でやりたいって言って、どんなものかわかっただけでもよかったじゃない。行かずにキャリアが終わっていたら、後悔していたかもよ』と言ってくれて、それもそうだなと。ACLを経験できましたし、思いやりや気遣いという、日本人のよさを再認識できたのもよかったです」

 豊田はそう言って腕を組んだ。消化不良の想いは残っている。しかし、得たものがないわけではない。ひとりのプロ選手として鷹揚(おうよう)に構え、試合に向き合えるようになったという。

「韓国の選手は、食生活はめちゃくちゃだし、練習もかなりゆるい感じ。鳥栖のほうが断然きついですよ。ただ、韓国の選手は本番に強いんです。その点、自分は少し思いつめすぎていた。それでがんじがらめになっていたんじゃないか、と思うようになりました。手を抜くのとは違うけど、うまく割り切って、リラックスしてサッカーに取り組めるようになりましたね」

 豊田はいつも敗北や失敗からも学び、這い上がってきた。北京五輪ではチーム唯一の得点を挙げたものの、その後はJ2の鳥栖に流れ、その鳥栖をJ1に昇格させ、クラブ史上初の日本代表選手にも選ばれた。ブラジルW杯では本大会のメンバーから外れるも、2015年のアジアカップには出場した。

「もう、時代は違います。新しく変わるほうに身を委ねるのが楽なんですよ。ただ、自分はいいときも悪いときも、このチームでやってきたので」

 豊田はそう言うと、テーブルの上を片付け、布巾できれいに拭いた。

「トーレスには積極的に話しかけています。黙々と練習する選手で、なんか自分と共通する性格なんじゃないかなと。もっと英語がうまくなりたいですね!」

 そう語る鳥栖の英雄は、今をたくましく生きている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索