東大法学部外野手にスカウトも注目。志すは赤門初のプロ野手か司法の道

 スポーツ全盛の現代社会にあって、勝利至上主義的なありように警鐘を鳴らす向きが顕著になってきている。スポーツの醍醐味は、選手を取り囲む不確実性に抗(あらが)い、選手自らの努力で確信をつくり出す過程にある。勝敗の結果や到達点でなく、課題を見出し困難に立ち向かう姿にこそ、スポーツの意義があるのではないだろうか。

 そんなスポーツの意義を再認識させてくれるような選手が、神宮の杜でひたむきにプレーしている。東京大学野球部3年の辻居新平(外野手)だ。


昨年秋のリーグ戦で打率.308、1本塁打、6打点と活躍した東大・辻居新平

 177センチ、80キロ。打席に入ると、一見、4番打者かと見間違えてしまうようなどっしりとした力量感がみなぎる。一発長打を予感させる豪快なフルスイングで、この春頃からバックネット裏のプロスカウト陣からも大きな注目を集める選手となった。某球団のスカウトはこう期待を寄せる。

「打撃に持ち味があり、トップバッターにしては長打力のある意外性を持った選手。俊足、強肩、強打と、身体能力が高い。秋季リーグ戦の成績いかんでは、来年のドラフト候補に挙がる可能性がある」

 レギュラーポジションを獲得した昨年秋のリーグ戦は、打率.308、1本塁打、6打点と結果を残した。そしてこの春、さらなる飛躍を目指してリーグ戦に臨んだ。

 明治大戦で3年生エースの森下暢仁(まさと)から先頭本塁打を放つと、一気にヒットを量産。昨年秋の結果が、決してマグレでなかったことを証明した。

 だが、リーグ戦終盤に差しかかるにつれ、バットが湿りがちになり、最終的に打率.231まで下げてしまった。

「明治大戦で調子を上げたものの、4カード目の法政大戦から相手バッテリーに徹底マークされるようになり、厳しいコースを攻められ、思うようなバッティングをさせてもらえませんでした。僕はプルヒッターなので三遊間の内野安打などレフト方向の打球が多い反面、ライト方向への打球が極端に少ない。その分、相手バッテリーも配球しやすいのかなと反省しています。春のリーグ戦を自己採点するなら、50点ぐらい。チームにも迷惑をかけたし、打率も下げましたから……」

 野球との出会いは、小学2年生のとき。辻居は4人兄弟の末っ子で、10歳上に長男、8歳上に次男、5歳上に三男がいる。その長男が神奈川県内屈指の進学校である栄光学園高校の軟式野球部に在籍。高校3年のときに関東大会に進出し、優勝投手に輝いたのである。その雄姿を観客席から目の当たりにして以来、野球に強い関心を抱くようになった。

 父親の勧めもあって、地元の少年野球チーム『緑園(りょくえん)ラービー』に入団。そこで才能を開花させる。小学6年生の春、相鉄沿線大会に「4番・エース」としてチームを優勝に導き、大会MVPにも選ばれた。

「緑園ラービーは地元の強豪チームで、僕らの代は好選手が揃い、今でも大学でプレーする仲間がいます。大会で優勝したものの、そこまで野球にのめり込むこともありませんでした。それよりも、父親と一番上の兄が通った栄光学園に憧れていました。中学受験(栄光学園中学)の勉強に専念するために、この大会後にチームを辞めました」

 1年間、野球から離れて受験勉強に励み、見事、栄光学園に合格。辻居は迷うことなく軟式野球部に入部した。ちなみに、中高一貫の栄光学園は軟式野球部はあるが硬式野球部は存在しない。

「聞くところによると、学校創立当初は硬式野球部があったそうです。ある日、野球にあまり縁のないスペイン出身の校長に、硬球が直撃するアクシデントが起きたそうなんです。以来、その方が『野球は野蛮なスポーツ』と見なすようになって、硬式から軟式に代わったらしいです」

 入学後も辻居は学業を優先させながら、野球に励んだ。高校2年で頭角を現し、「4番・エース」の座をつかむ。

 軟式ボールは、力が加わる瞬間に変形したり、運動エネルギーがゴムに吸収されたりして、パワーロスを発生させる。そのため、硬球よりもスピードが出にくいと言われている。それでも辻居は、高校3年時には最速133キロを投げるまでに成長を遂げた。辻居が当時を懐かしむ。

「教育方針は、がっちり勉強というよりも、部活と勉強の両立を目指す学校です。さまざまな部活があるなかでも野球部が最も盛んで、中高6年間、思う存分、野球をやらせてもらいました。野球部のチームカラーは、バンバン打って勝つのではなく、機動力を生かして得点し、投手を中心に守備を固めて守り抜く野球でした」

 全体練習は、平日の週2回と月2回の日曜日に限られる。しかも練習時間は2時間足らず。それ以外は自主練習で補うしかない。早朝と昼休みに各30〜40分、さらに全体練習のない日の放課後1時間といった具合に、時間を見つけては練習に充てた。

「朝練はダッシュなどランニング中心のメニューをこなし、放課後の練習の最後には必ずウエイトトレーニングをするなど、体力づくりに重点を置いていました。おかげで脚力は鍛えられたと思います。生まれながらにして体つきがよく、筋肉がつきやすい体質なんです。だから、それほどウエイトトレーニングをやり込まなくても、筋肉がつく。そういう体に産んでくれた親に感謝するしかありません」

 高校3年のとき、辻居はチームの中心選手として投打で活躍を見せる。県大会決勝まで勝ち進み、関東大会出場を果たした。関東大会出場は、ちょうど10年前に長男の活躍で優勝したとき以来の快挙だった。だがチームは、初戦でタイブレークの末に涙を呑んだ。以後、再び野球から距離を置き、大学受験勉強に励んだ。

「次男と三男が揃って東大へ進学したのがきっかけになって、自分も東大を目指すようになりました」

 毎年8月、東大野球部は翌年に入部を希望する高校生および受験浪人生を対象に練習会が行なわれる。当然、参加したからといって合格できる推薦制度などない。東大野球部に入るには、まずは日本一難関といわれる入学試験に合格する以外に道はない。辻居は練習会には参加せず、ひたすら受験の準備をし、見事合格を果たした。

「栄光学園の野球部は、東大野球部に入りたくて受験する部員が多い中、僕は野球部に入ることよりも東大に現役合格することを第一目標に掲げました。東大に受かってから、野球部に入るかどうかを考えようと……。野球部の同級生20人のうち10人が東大へ進学。そのうち野球部に入部したのは、僕を含めて2人だけでした」

 入部直後、軟式あがりの辻居は、硬式野球のレベルの高さをあらためて痛感させられた。だが浜田一志監督は、入学当初から辻居の非凡な野球センスに目をつけていた。

「毎日毎日、『ここはダメ!』『ここもダメ!』といった具合に熱心に指導してくださり、試合にも使ってくれた。そのことが昨年秋の好成績につながったと感謝しています。監督の指導法はノルマを課すものではなく、選手一人ひとりに練習法を考えさせる。『あれをしろ! これしろ!』ではなく、『自分たちで考えてやりなさい』と自主性を重んじる。ただし、体力づくりに関しては、『他の5大学の選手に負けない体をつくれ』と」

 高校時代から自信があったパワーと脚力を生かすため、東大入学後、辻居は投手から外野手へ転向する。

 野手となった辻居が唯一心掛けていることが、フルスイングすることだ。芯に当たればオーバーフェンスが期待できるし、打球が詰まっても俊足を生かして内野安打にすることができる。それに初球を狙い打つ積極性も、辻居の持ち味のひとつだ。

「打席に入るたびに、初球の入りを最大限に意識します。バットを振るも振らないも、想定したボールが初球にこないと、その瞬間から相手バッテリーの後手に回ってしまうので、初球に集中力を高めるよう心掛けています」

 昨年秋、東大はエース・宮台康平(現・日本ハム)ら4年生の活躍で3勝を挙げ、さらに30季ぶりとなる勝ち点1を奪取したが、今年の春は1勝も挙げることができなかった。秋のリーグ戦の目標は、すべてにおいてキャリアハイを達成することだ。

「昨年秋にマークした打率.308以上を目指すために、プルヒッターの長所を残しつつ、右方向にも強い打球を打てるように鍛えたい。それによって、対戦相手チームの守備位置や配球を手こずらせるのが狙いです。ホームランを2季連続で打ったので、秋も最低1本は打つ。できたら2本、3本と増やしたいですね。チームの目標は、まず1勝を挙げること。1勝すればチームに弾みがつき、勝ち点も見えてくる。そうすれば41季連続最下位からも脱出できるはずです」

 1925年の秋に発足した東京六大学野球連盟は、今秋で179シーズン目を迎える。歴代優勝回数は45回を誇る早稲田大を筆頭に、法政大の44回、明治大の39回、慶応大の36回、立教大の13回と続く。東大はいまだ無冠だ。甲子園常連校や強豪校出身の好選手を多く揃える5大学の後塵を拝している。

「東京六大学リーグの実力は、大学球界トップランクだと確信しています。東大はその5大学から勝たなくてはならない。毎試合ごと、いろいろ考えて戦っているつもりですが、勝てる保証はない。だけど、1勝を目指して、さらに勝ち点を……というように段階を踏んで勝ちを目指してやっていくしかありません。ある意味、挑戦。ウチの野球部にとって今、いちばん適切な言葉は”挑戦”だと思います。挑戦しなかったら存在意義がない組織なのかもしれません」

 すでに捲土重来を期して練習に明け暮れている。毎朝8時から12時まで全体練習をこなし、午後2時から4時ぐらいまで自主練習で鍛え抜く。ほぼ野球漬けの1日だが、学業も怠らない。現在、辻居は法学部3年生。法律プロフェッショナルコースに籍を置く。

「父親や一番上の兄と同じ司法の道を目指して、司法受験を視野に入れていますが、ほかの職業に就くことも考えています。とくに、具体的な職種を決めたわけではありません。実は、現在の第一目標は、周囲の方から『上を目指さないか』という言葉をかけてもらえるような選手になること。現状、上でプレーできるレベルに達していないですし、そのつもりはありません。野球は大学まで、と考えています。だけど今後、周りから認められる選手になれたら……考え直すかもしれません」

 これまで東大出身のプロ野球選手は6人いるが、すべて投手。もし来年のドラフトに辻居が指名されれば、東大出身初の野手でのプロ野球選手となる。辻居自身は「そのレベルに達していない」と謙遜するが、これまでさまざまな困難に率先して立ち向かってきた。そのスポーツマン精神の源泉を感じると同時に、辻居の大いなる可能性に期待したい。

◆甲子園の土を踏めなかった、プロも注目する超高校級の逸材7人>>

◆プロ入りゼロの玉川大に謎の151キロ右腕。来年ドラフト指名はあるか>>


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索