究極の戦術に罪はない。振れ幅が大きいF・マリノスの問題は他にある

究極の戦術に罪はない。振れ幅が大きいF・マリノスの問題は他にある

 J1第19節、横浜F・マリノスはサンフレッチェ広島に1−4で敗れた。

 ワールドカップ開催にともなう中断開け以降、横浜FMは1勝2敗。再開初戦となった第16節のベガルタ仙台戦こそ勝利したものの、その後は連敗と苦しい戦いが続いている(第18節の清水エスパルス戦は台風により中止。8月29日に開催)。

 だが、連敗したといっても、言い方を変えれば、再開後の3試合で黒星がひとつ先行したに過ぎない。にもかかわらず、横浜FMの戦いぶりに不安を掻(か)き立てられるのは、スコアの”振れ幅”があまりにも大きいからだ。

 最近3試合のスコアは、第16節の仙台戦が8−2、第17節のFC東京戦が2−5、そして今回が1−4。再開初戦を圧勝した一方で、その後は大量失点による惨敗が続いているのである。

 今季の横浜FMは、いわば”究極のポゼッションサッカー”とでも言うべき、独自性の強いサッカーに取り組んでいる。選手が大胆にポジションを移しながら、徹底してボールを保持してパスをつなぎ、相手の守備網に穴を作り出す。

 そんなスタイルは、勝敗という意味ではなかなか結果につながっていないが、内容的に見れば、徐々に熟成されている様子がうかがえる。仙台戦の大勝は、そのひとつの証明といえるだろう。

 もちろん、ボールポゼッションで相手を圧倒し、そのうえで勝ち切ることは簡単ではない。だが、ここまでの過程を見る限り、その挑戦は決して無謀なものではなく、むしろ非常に興味深いものに映る。

 とはいえ、これほど大量失点が続いてしまうと、本当にこのサッカーを続けていて大丈夫なのか、という不信感が、ピッチ内外に芽生えても不思議はない。結果に頓着せず、客観的に見ている分には興味深い挑戦でも、当事者はそれほど呑気に構えてはいられないだろう。

 MF喜田拓也は、「難しいことにチャレンジしているという覚悟は持ってやっている」と言いながらも、「結果が出ていないと説得力が増さなくなる」と、苦悩を明かす。

 現在のスタイルを横浜FMに持ち込んだ張本人、アンジェ・ポステコグルー監督も、「責任は自分にある。ファンには謝りたい」と語る言葉に力がなかった。

 しかしながら、現在の横浜FMを評価するうえで考えなければならないのは、大敗(大量失点)の本当の原因が、目指すサッカーのスタイルや戦術にあるのか、ということだ。

 確かに現代サッカーの常識に照らせば、極端にボールポゼッションに偏ったスタイルには、非効率な面があることは否定できない。また、極端なスタイルゆえ、対策が講じられやすいという面もあるだろう。

 しかし、だからといって横浜FMの不甲斐ない戦いぶりが、必ずしも戦術的欠陥に起因しているとは思えないのだ。GK飯倉大樹は言う。

「FC東京戦も含め、大事なところの1対1で負けて失点していることが、こういう結果につながっているし、失点すると少し(集中力が)切れてしまう。そこは選手が反省しなければいけない」

 つまりは戦術以前の、もっとサッカーという競技の本質の部分で、横浜FMの選手が負けている部分があったということであり、だとすれば、どんな戦術を採ろうと結果は同じだ。

 しかも、飯倉が「後半の入り方は最悪だった」と振り返ったように、0−1で迎えた後半開始から1分経たずに2点目を許すと、そのわずか3分後にも3点目を失った。「そういうところがイージーだった」とは飯倉だが、こうなると、もはや戦術うんぬんの問題ではない。

 対照的に広島のキャプテン、MF青山敏弘は、「マリノスは自分たちのスタイルを持っていて、ハマったら強い」と、相手の力を認めたうえで、満足そうに試合を振り返り、こう続けた。

「でも、(横浜FM用の)対策というより、相手がどこであろうと、絶対に前を向かせないというくらいに、強くプレッシングにいくことは変わらない。何もできなかったレッズ戦(第18節で浦和レッズに1−4の完敗)で何がダメだったのかを洗い出し、今日は球際を強くいき、簡単に引かず、(横浜FMの攻撃を)スピードアップさせなかった」

 横浜FMが苦境に立たされているのは間違いない。”非常識”にも見える戦術をやり玉に挙げるのは簡単だ。

 だが、苦境の理由を安易に戦術に求めてしまえば、チームは進むべき針路を見失いかねない。ポステコグルー監督が明言しているように、「戦い方を変えるつもりはない。今のサッカーを追求していくなかで修正していく」ことが、チームがステップアップするために進むべき道筋だろう。

 FWウーゴ・ヴィエイラが語る。

「気持ちを切り替えて次の試合へ、と軽い気持ちでいたら、(何も変わらないまま)最終戦になってしまう。何かを変えなければいけない。マリノスのユニフォームを着ている重みを、一人ひとりが感じるべきだ」

 今の横浜FMには、戦術より先に変えるべきものがあるように思う。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索