イニエスタ特需のいいとこ取り。FC東京、ホクホクで首位・広島に迫る

イニエスタ特需のいいとこ取り。FC東京、ホクホクで首位・広島に迫る

 スタンドの記者席に座っているだけで、じっとりと湿った空気が重く体にのしかかってくる。常にうちわであおいで、顔の前の空気を撹拌(かくはん)させていなければ、息苦しささえ感じるほどだった。

 J1第20節、FC東京vsヴィッセル神戸が行なわれた味の素スタジアムは、「危険な暑さ」と称される高温に加え、多湿にも見舞われていた。風もなく、熱がこもったその空間は、とてもサッカーに適した環境とは言えなかった。

 案の定、試合はこう着状態に陥った。

 ボールを追い越して攻め上がっていくようなハツラツとした動きは、両チームともに見られない。互いに攻め合ってはいるものの、シュートチャンスを作る以前にボールを失ってしまうことが多かった。

 結局、終盤は両チームが気力を振り絞っての消耗戦。「カウンターの打ち合いになり、間延びした」(FC東京・長谷川健太監督)なかで、途中出場のFWリンスが試合終了目前の90分に値千金の決勝ゴールを決め、FC東京が1−0で勝利した。

「みんながバテている状況のなかで、ボールを回され、時間を使われた。体力的に消耗してこういう結果になった」

 神戸の吉田孝行監督は、暑さによる消耗を敗因に挙げながらも、そうなった理由については、「前半から賢く攻撃ができなかった」。「守備も機能せず、それによって攻撃も機能しなかった」ことで消耗を招いたと自省した。

 対照的に、してやったりはFC東京の長谷川監督だ。「前半から厳しい戦いになった」とはいえ、「慌てず、相手のスキを突くことができた。交代選手が決めてくれて、チーム全体の力で勝利を収めたことは大きい」と、満足げな様子だった。

 FC東京のMF米本拓司も「正直、メチャクチャ暑かった」と振り返り、こう語った。

「でも、だからこそ、相手より1歩でも2歩でも前に出られれば勝つことができるし、意識してスプリントもしなければいけないと思っていた。それが、ウチの生命線だから」

 米本と2ボランチを形成したMF高萩洋次郎も、「暑いのは相手も一緒。ウチは走れる選手がそろっているし、後半は相手のほうが(運動量が)落ちた」と語り、酷暑のなかでの打ち合いも望むところと言わんばかりだった。

 しかも、同時刻に行なわれた試合で、首位のサンフレッチェ広島が試合終了間際のオウンゴールにより、湘南ベルマーレと2−2で引き分けていた。この結果、2位のFC東京と広島との勝ち点差は5に縮まった。ギリギリのところで、勝ち点1を勝ち点3に変えた見返りは大きかった。

 さて、FC東京が貴重な勝ち点3を手にしたこの試合。過酷な環境下で行なわれたことはすでに記したとおりだが、この日の暑さ、いや”熱さ”は必ずしも気象条件によるものだけではなかっただろう。

 この試合で味スタに集まった観衆は、実に4万4801人。チケットは前売り段階で完売し、試合後には報道陣に大入り袋まで配られた。ワールドカップの閉幕とともにJ1が再開されて以降、味スタでの最多観客数だった第17節、横浜F・マリノス戦の3万4126人と比べても、1万人以上も増えたことになる。

 もちろん、観客増の理由のひとつにはFC東京の好調もあるだろう。だが、言うまでもなく、最大の要因は別にある。今夏、神戸に新加入したMFアンドレス・イニエスタだ。

 実際、この日の味スタでは、FCバルセロナのユニフォームを身に着けたファンを何人も見かけた。イニエスタ見たさにチケットを購入したファンは多かったはずだ。

 ちなみに昨年8月、この試合と同じ日曜の夜に行なわれた、FWルーカス・ポドルスキの”味スタ初見参”となった試合(2017年8月13日/J1第22節、FC東京vs神戸)の観衆は3万642人である。イニエスタ人気がいかに高いかがうかがえる。

 ところが、ワールドカップ直後に神戸に合流し、すでにJリーグデビューも果たしたイニエスタは、2試合に出場したところで、まさかの一時帰国。前節に続き、FC東京戦にも出場しなかった。イニエスタ目当てでやってきたファンは、さぞがっかりしたに違いない。

 それでも、すでにチケットは売り切れ。しかも、”主役”の欠場は事前に広く知られていたにもかかわらず、チケット購入者のほとんどが会場に足を運んでくれたのだから、試合を運営するFC東京はホクホクだ。

 この様子なら、おそらく”イニエスタ景気”はまだまだ続く。神戸はもちろん、アウェーで特需の恩恵を受けるクラブが出てくるだろう。この先、神戸のアウェーゲームは、札幌ドーム、埼玉スタジアム、豊田スタジアムといった”大箱”でも予定されているだけに、どれだけの観客が集まるのか楽しみだ。

 とはいえ、イニエスタ景気の恩恵にあずかるクラブは、相応の代償も払う必要がある。「攻撃にものすごく変化をつけられるし、パスの流れもスムーズになる。まだ合流したばかりなのに、いるといないとではまったく違う」(神戸・DF那須大亮)という世界的プレーメイカーを擁する難敵と、対戦しなければならないからだ。今後、イニエスタがチームにフィットしてくれば、なおのこと、痛しかゆしというところだろう。

 それを考えれば、FC東京はまさに”おいしいとこ取り”だった。

 高萩は「どのくらいのレベルなのか、肌で感じてみたかった」と、イニエスタの欠場を残念がる一方で、そっけないほど淡々と「個人的にはいてほしかったと思うが、チームとしては(勝つためには)いなくてよかった」。

 また、もしイニエスタが出場していれば、直接マッチアップする機会も多かったはずの米本にしても、「削ったらブーイングされただろう」と笑いを誘いつつ、「やってみたいというのはあるが、いないほうが勝てる確率は高くなる。やはりチームが勝つことが一番だから」と、冷静に語っていた。

 満員札止めの大観衆のなかで、勝ち点3はきっちり確保。FC東京は、イニエスタ景気のメリットだけを最大限に享受して、首位・広島の背中を視界にとらえた。

著者:浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索