不運続きの中嶋&関口コンビが「3度目の正直」でスーパーGT初優勝

 2018年のスーパーGTシリーズも折り返しを迎え、シーズン後半戦に突入した。8月4日、5日に静岡県の富士スピードウェイで行なわれた第5戦「富士500マイルレース」は、中嶋一貴/関口雄飛組のau TOM’S LC500(ナンバー36)が優勝。2位にはナンバー1の KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)が入り、サーキットのすぐ近くに拠点を置くトムスがホームコースでワンツーフィニッシュを飾った。


レース後に抱き合う関口雄飛(左)と中嶋一貴(右)

 毎年8月上旬に開催される「真夏の富士ラウンド」はこれまで、300kmレースとして開催されていた。だが、今年はシリーズ最長距離となる500マイル(約800km)レースへと変貌。途中のピットストップは最低4回以上が必要となり、これまでとは違った耐久レースという要素も加わった。その新たなレースで優勝候補と言われていたのが36号車の中嶋/関口組だった。

 中嶋は6月にフランスで行なわれたル・マン24時間耐久レースでトヨタのマシンを駆り、初めて日本人が日本車で総合優勝を飾るという偉業を成し遂げた。今、もっとも脂の乗っている33歳だ。

 対して、相方の関口は2013年にGT500クラスにステップアップしてから、物怖じしないアグレッシブなドライビングで評価を高めている30歳。その腕が認められて、今シーズンはレクサス勢の名門チームである「トムス」への加入が決まった。

 そんなふたりのコンビ誕生に、開幕前から「活躍が楽しみ」「いつ勝ってもおかしくない」という目で周囲から見られることが多かった。だが、そんな期待がプレッシャーとなったのか、シーズン序盤は思わぬ苦戦を強いられた。その後は徐々に調子を上げてトップ争いに加わるパフォーマンスを発揮するものの、そこでも不運に見舞われ続けることになる。

 第3戦・鈴鹿では、レース序盤に他車に追突されコースオフしてしまい、一気に最後尾まで後退。普段はクールに振る舞うことの多い中嶋が、珍しく憤りを露わにしていた。

 続く第4戦・タイでは、予選10番手と後方からのスタートとなった。だが、着実に順位を上げて、残り10周を切ったところで2番手に浮上。関口が怒涛の追い上げを見せてトップの小林可夢偉(DENSO KOBELCO SARD LC500/ナンバー39)に迫る。流れは完全に関口のほうにあり、ゴール直前でトップ入れ替えかと思われた。だが、最終ラップに入ったところで、まさかのガス欠。ゴールまで残り半周というところでマシンを止めて終幕となった。

 そして「3度目の正直」で迎えた今回の第5戦・富士。だが、またしても彼らに不測の事態が発生する。予選3番手の36号車は序盤からトップ争いを展開して24周目に2番手となり、トップを走るMOTUL AUTECH GT-R(ナンバー23)に迫っていた。

 1回目のピットストップは、23号車が30周目に入ったのに対して、36号車はタイミングをずらして36周目にピットイン。それまでのペースを考えると、このピットストップで23号車を逆転し、トップに立てる計算だった。

 ところが。タイヤ交換に手間取ってしまい、約15秒のタイムロス。6番手に後退してしまった。

「メカニックも人間なので、ミスすることも絶対にあります。そこで怒っても時間を戻せるわけではないし、そこから精一杯追い上げようと、気持ちを切り替えました」(関口)

 この時点でレースは全体の5分の1が終わったばかり。36号車のふたりは、決して優勝をあきらめなかった。攻めの走りを見せ、116周目にはふたたび2番手まで返り咲いた。

 しかし、トップを走るカルソニックIMPUL GT-R(ナンバー12)との差は25秒。さすがに、この逆転は厳しいかと思われた。だが、ゴールまで34周というところで、なんと12号車にトラブルが発生してスローダウン。36号車がついにトップのポジションを手に入れる。

 ただ、これで36号車の優勝は安泰というわけではなかった。すぐ背後から1号車(ニック・キャシディ)が迫ってきていたからだ。残り10周を迎えるタイミングで、両者の差は2秒を切る大接戦。しかも、富士スピードウェイはブレーキへの負担が大きいコースだ。今回は500マイルの長距離戦なだけに、「最後までブレーキが保つのか」と、懸念の声もあがった。

「(一番ブレーキに負担がかかる)1コーナーでは少し余裕を持ってアクセルを離し、ブレーキの踏み方にも気を遣って、ブレーキの温度が上がりすぎないように心がけました。(ブレーキが)効かなくなったら、2、3周でダメになってしまう。残り10周あったから、早めに労わりながら走りました」(関口)

 本来なら、とことん攻め続けるのが関口の信条だ。だが、今回は確実にレースをモノにするために、冷静なドライブに徹した。そして177周――4時間40分にわたる激戦が終了。36号車は悲願の今季初優勝を飾った。

 第3戦・鈴鹿、そして第4戦・タイと悔しい思いをしている分、表彰台で喜びを爆発させるかと思った。だが、表彰台の中央に上がったふたりは、周囲の期待にやっと応えられたという安堵の表情を浮かべていた。中嶋はレース後、こう語る。

「自分たちとしては、勝たないといけないレースだと思っていました。ここで勝たないと今シーズン(のチャンピオン獲得のチャンスが)終わると言ってきたので、勝ててホッとしています。

 クルマのパフォーマンス的には、12号車と同じか、僕たちのほうがちょっといい感じでした。(GT300クラスとの混走など)クルマを抜いていく展開のなかで、ノーダメージで最後までもってこられた。そのおかげで最後、ちょっとご褒美がもらえたのかな」

 ドライバーズランキングでは、関口が40ポイントを獲得して2位へと浮上。チャンピオン争いに名乗りを挙げるポジションまで上がった。

 シーズン中盤の悪い流れを、36号車はここで断ち切ることができた。残り3戦、このコンビがさらに飛躍する可能性は十分にある。

著者:吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索