世界王者になった桃田賢斗。圧倒的だった強さの要因は「心の成長」

世界王者になった桃田賢斗。圧倒的だった強さの要因は「心の成長」

 7月30日から中国・南京で行なわれた世界バドミントン選手権で、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が日本人男子として初優勝。冷静な試合運びで栄冠を獲得した。

 世界ランキング8位で第6シードになった桃田は、運に恵まれた部分もあった。準決勝までに対戦するはずだった第4シードの孫完虎(韓国)と第2シードのリー・チョンウェン(マレーシア)が棄権。さらに、世界ランキング1位で大会連覇を狙うビクター・アクセルセン(デンマーク)は、3回戦でリオデジャネイロ五輪優勝の諶龍(中国)に敗れ、その諶龍は準決勝で第3シードの石宇奇(中国)に敗戦した。

「正直、世界ランキング上位の選手とは決勝でしか対戦していないので、世界チャンピオンになったという実感はあまり湧いていないです。でも、シード選手が棄権したチャンスをものにできたというのは、すごく自信になっているし、次に彼らと対戦したら勝てるように準備をしていきたいです」(桃田)

 それでも、彼は今回の戦いで、幸運だったことが霞んでしまうほど、圧倒的な強さを見せつけた。

 3年ぶりの大舞台。違法賭博問題で出場停止になった期間も含めて、支えてきてくれた人たちに恩返しをする大きなチャンスと思い臨んだ大会だった。ひとつ誤算があったとすれば、大会初日の練習で腹筋を痛めてしまい、フルパワーでスマッシュを打てない状態だったことだ。

 それでも、桃田にとってそれはマイナスにはならず、彼が選んだのは、”守り”を重視する戦法だった。

「精神的に苦しかったのは、3回戦でアンダース・アントンセン選手(デンマーク・第16シード)と戦った試合でした。腹筋のことが気になって強打できない自分にモヤモヤしました。第1ゲームはリズムをつかめずに取られてしまい、第2ゲームも前半で苦しくて心が折れそうになりました……。でも、そこで気持ちを持ち直して、強打は打てなくても、長いラリーで気持ちを切らさずに戦えたので、そこは成長できたところかなと思います」

 第1ゲーム、桃田は9−14から5連続得点を奪われて13−21で落とす。第2ゲームは中盤までシーソーゲームになったが、13−12から4連続得点で抜け出して勝利。第3ゲームも取って勝ち上がった。

 そこからは、危なげない試合運びで、準決勝では、出だしこそ0−5とリードされたが、相手の決め球をレシーブしてミスを誘い、6連続得点で逆転すると、そのまま逃げ切って21−16。第2ゲームも安定した守りで21−5と圧倒した。

 決勝の相手は、今年の全英オープンを制している石宇奇(世界ランキング3位)。今大会は北京五輪金で世界選手権5回優勝の林丹(中国)と、五輪王者で世界選手権2回優勝の諶龍に勝って調子を上げてきていた。開催地である南京の会場は、彼を応援するホームの大声援に包まれた。

 桃田は「決勝は名前を呼ばれた時にアウェーだなと感じたし、自分が緊張しているのもわかりました。自分が勝ちたがっているというのもすごくわかったのですが、それを楽しみながら試合をすることができました」と振り返る。

「大舞台になればなるほど相手も勝ちたいという気持ちが強くなってくるし、緊張する。そういう時こそ熱くなり過ぎず、冷静にプレーした方が相手は嫌がると思った。スタミナ勝負になれば勝てるという自信はあったから、冷静に視野を広くもってプレーして、相手のウイニングショットを確実に取ろうとコートに入りました」

 決勝の第1ゲームは、出だしの長いラリーを桃田が制する。その後、鋭いスマッシュを決められて接戦が続いたが、桃田の表情は落ち着いていた。後半になると相手が決めにきたスマッシュを連続で拾い、13−11からは焦れてきた石宇奇のミスを誘発する展開に持ち込んで8連続得点。21−11で第1ゲームを先取した。

 第2ゲームは「相手はもうあとがない状況で、最初からスピードを上げてきているのがわかったので、自分もついていこうとスピードを上げました。その中で相手の疲れも見えたので、長いラリーをするだけではなく、時々攻撃した方が相手はどんなショットでくるかわからなくなるだろうと思って、少しギアを上げて攻めようと思った」と言うように、スマッシュを効果的に入れながら得点を重ね、11−7で折り返した。

 そして、後半も桃田が自らのペースに持ち込むと、石を応援する地元中国の観客の大歓声はすっかり消えて静まり返ってしまい、最後はネットインで21点目を奪ってあっさりと優勝を決めた。

「腹筋を痛めたこともあって、大会前に自分で決めた『守り』という言葉どおりに相手のウイニングショットを拾い、長いラリーでプレッシャーを与えられて、いつもと違う戦い方で優勝できたのはすごく自信になりました。スタミナに関しては、試合をしていても相手選手の疲れがすごくわかるようになったし、自分はまだまだ動けるという気持ちもあったので、そこは成長できたところかなと思います」

 次のアジア大会で、「攻撃も交えながら戦える状態になるはず」と言う桃田は、「ディフェンスができないと勝てないので、そこは自分のプレーの土台でもあるし、今回はレシーブがきっちりできるというのがすごく自信になった。そこは崩さず、ディフェンスからの攻めのタイミングの取り方だったり、ポジショニングだったり……。そういうスキルをもっともっと磨いていきたいと思います」と意欲的に語る。

 これからのバドミントン人生を冷静な目で見据えている彼が今回見せた姿は、今やレジェンドと称される林丹やリー・チョンウェイらがそうだったように、「絶対に負けそうもない」と思わせる王者の戦いぶりだった。

「今は東京五輪を照準にはしていないし、1戦1戦を全力で戦うのが自分のやるべきことだと思う。それをやっていれば、自分の成長にもつながると思うから、その先に東京があればいいと思う」

 そう語る桃田は、自らの足下をしっかりと見つめている。

 出場停止という苦しい期間に体力アップに務め、持ち前の技術だけではなく、心の成長も手に入れた桃田。彼はここから本当の強さを手に入れるため、さらなる進化へまた一歩踏み出した。

著者:折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索