ベンゲルの去ったアーセナル。エメリ新監督の改革は吉と出るか

 プレミアリーグの新シーズンが8月10日に開幕する。

 昨シーズンはマンチェスター・シティが圧倒的な強さを見せつけて戴冠。彼らが記録した「勝ち点100」「106得点」「38試合中32勝」はいずれもプレミアリーグ史上最多で、2位のマンチェスター・ユナイテッドを勝ち点で19ポイントも引き離しての圧勝だった。今シーズンも、ジョゼップ・グアルディオラ監督の率いるマンチェスター・Cが優勝候補の筆頭だ。


今シーズンから名門アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督

 また、ニューカッスル・ユナイテッドへの移籍が決まった武藤嘉紀をはじめ、レスター・シティで契約最終年を迎える岡崎慎司、サウサンプトンで在籍7季目に入る吉田麻也の日本人選手の活躍にも注目が集まる。

 そんななか、大きな節目を迎えているのが、スペイン人のウナイ・エメリ監督率いるアーセナルだ。昨シーズン限りで1996年から指揮を執ったアーセン・ベンゲル監督が退任。長期政権にピリオドを打ち、バトンは68歳のベンゲルから46歳のエメリへと渡った。

 チームの全権を託されていたベンゲルがクラブを離れたのだから、当然のようにアーセナルでは大きな変化が生じている。たとえば、7月から開始したチームトレーニング。

 ベンゲル体制では、オフ明けの練習はボールを使わないフィットネスメニューで身体を慣らすことに専念していた。ところがエメリ新体制では、練習初日からボールを使ったトレーニングを開始。2日目には、さっそく戦術練習を消化した。また、ベンゲル体制では午前中にトレーニングを1度行なうだけだったが、エメリ体制では練習時間が午後に変更され、トレーニング自体も2部制に変わっている。

 さらに、選手の食事の摂り方も変わり、ランチの際にはファーストチーム、U−23チーム、U−18チームの全員が一緒に食事をするようになった。1軍選手とユースアカデミーの選手が同じテーブルを囲むように工夫もなされているという。若手育成に定評のあるエメリ監督らしく、トップチームと下部組織の垣根を取り除くことで、若手の成長を促したい考えが見てとれる。

 もちろん、スカッドにも自身のカラーを植えつけ始めている。今夏の市場ではDFソクラティス・パパスタソプーロス(前ドルトムント)、DFステファン・リヒトシュタイナー(前ユベントス)、GKベルント・レノ(前レバークーゼン)、MFルーカス・トレイラ(前サンプドリア)といった守備陣を中心に獲得した。

 とくに34歳のリヒトシュタイナーと30歳のパパスタソプーロスには、エメリ監督も「経験値をチームに注入してくれる」と期待を込める。経験豊富なベテランを加えることで、守備の骨格を固めたいのだろう。「名より実を取った的確な補強」(戦術アナリストのエイドリアン・クラーク氏)と、その人選も高く評価されているように、ベンゲル体制のウィークポイントだったディフェンスの整備に力を注いだ格好だ。

 実際、ベンゲル体制で過去最低となる6位で終えた昨シーズンは、「51失点」を喫した。この数字はトップ6クラブでワーストであり、マンチェスター・Cの「27失点」、マンチェスター・Uの「28失点」に比べて約2倍。リーグを7位で終えたバーンリーの「39失点」よりも多いのだから、いかに昨季のアーセナルのバランスが悪かったかがわかる。

 それだけに、新加入選手をチームに融合させながら、いかに守備組織を盤石に仕上げるか――ここがエメリ監督にとって、目下の課題になるだろう。そのエメリ監督とベンゲル前監督の違いについて、スペイン人DFのエクトル・ベジェリンは次のように説明している。

「ベンゲル監督とエメリ監督の哲学は大きく異なる。ベンゲル監督は選手たちのインスピレーションに委ねるところが多く、自由を与えてくれたけど、エメリ監督はもう少し戦術的だ。ピッチ上はより組織化されている。練習方法も大きく変わった。ベンゲル監督時代にはやらなかったことにも取り組んでいる。監督の考えを消化しようと全力で取り組んでいる」

 はたして、エメリ新体制のアーセナルはどこまで躍進できるだろうか。1999年から2004年までアーセナルで活躍した元ナイジェリア代表FWヌワンコ・カヌ氏は、「アーセナルが優勝するにはミラクルが必要」と断言する。言葉の真意を次のように説明した。

「新しい監督がやってきたら、チームとしてまとまるまで相応の時間が必要。新加入選手も適応するのに時間がかかる。エメリ監督は新しいメソッドを持ち込もうとしているのだから、十分な時間を与えるべきだ」

 プレミアリーグ開幕戦の相手は、昨季に圧倒的な強さを誇ったマンチェスター・Cである。振り返れば、昨シーズンの2月下旬に行なわれたリーグカップ決勝(0−3)と、その4日後に行なわれたプレミアリーグ(0−3)の連戦で大敗し、ベンゲル体制は一時代の終焉を強く印象づけた。

 そのマンチェスター・Cを相手にどこまでやれるか──。苦戦は避けられそうにないが、まずはエメリ監督の初陣に注目したい。

著者:田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索