イニエスタだけじゃない? 神戸「バルサ化」戦略は成功するのか

 アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸入団。7月22日のリーグデビュー戦以来、その一挙手一投足に、注目が集まっている。


一時帰国後、再びヴィッセル神戸に合流したアンドレス・イニエスタ

 神戸の動きは戦略的だ。神戸はイニエスタが選手として大成したバルセロナを理想とし、「バルサ化」を目指しているのだ。

 神戸のオーナーでもある楽天の三木谷浩史社長は昨年から、バルセロナと破格のスポンサー契約を結んでいる。年間550万ユーロ(71億円)で4年間のパートナーシップを締結。シーズン開幕前にはクラブ関係者をバルサへ派遣し、トレーニングメソッドを学びながら人材交流し、神戸にバルサ流を還元していく狙いだ。

 しかし、バルサ化は可能なのか?

 日本だけでなく、世界中で人気のバルセロナ。バルサを模すためのヒントを求めて、毎月、ひっきりなしに各国のクラブ関係者が視察に訪れている。しかし、「バルサ化」を実現させたという話はとんと聞かない。

 そもそも、バルサスタイルとは、何なのか?
 
 それを知るには、バルサの歴史、哲学をおさらいする必要があるだろう。現在の「世界に冠たるバルセロナ」のイメージ。それが90年代に入ってからできたことは、あまり知られていない。

 実はそれ以前のバルサは、地方に割拠する群雄クラブのひとつだった。1961年から1990年までの30年間で、ラ・リーガ(スペイン国内リーグ)で優勝したのはたった2回。一方で、レアル・マドリードは19回を誇る。アトレティコ・マドリードは4回。2回というのはレアル・ソシエダ、アスレティック・ビルバオと同じ回数だ。

 当時のバルサは戦略に欠け、有力外国人選手を手にしても長続きしない。そんな失敗を繰り返していた。80年代に所属したディエゴ・マラドーナも、そのひとりだろう。それぞれの選手は非凡であっても、チームとしてひとつになるのに苦しんでいた。
 
 バルサは、明確なプレースタイルを欠いていた。彼らにあったのは、「カタルーニャの盟主」としての誇りと、独裁政権の象徴だったレアル・マドリードに対する憎しみと怒りだった。その執念がバルサらしいといえないこともなかったが、ありあまるエモーションはチームとしての不安定さにもつながり、ラ・リーガでは常にレアル・マドリードの後塵を拝していた。

 その流れを劇的に変えたのが、1988年5月に監督に就任したオランダ人ヨハン・クライフだった。70年代、唯一のラ・リーガ優勝を選手としてバルサにもたらしたクライフは、英雄として迎え入れられている。そのクライフがすぐに着手したのが、下部組織「ラ・マシア」の充実だった。

 ラ・マシアは80年代にはすでに生まれていたが、クライフはそれを完全に作り替えた。

「ボールは汗をかかない」

 そのコンセプトを掲げ、各年代からトップチームまで一貫してボールプレーを磨くように徹底した。スカウティングからボールプレーヤーの資質のある選手を選び、同じシステム、同じコンビネーションで強化したのだ。ラ・マシアこそ、バルサのスタイルの根幹となった。

「(ボールを受けるときに)ダイレクトパスなら、誰もおまえに敵わない。ツータッチしたら、みんなと同じ平凡な選手。もしスリータッチ以上したら、私のばあさんと一緒だ」

 クライフはそう言って、ラ・マシアから引き上げたMFジョゼップ・グアルディオラを厳しく鍛え、ボールプレーの極意を叩き込んでいる。他の選手に対しても、要求はエキセントリックだった。そしてクライフ・バルサは1990−91シーズンからリーガ4連覇を果たし、ドリームチームと崇められるまでになるのだ。

 オランダの名将が土台を作ったラ・マシアはその後、大輪の花を咲かせる。グアルディオラの系譜を継ぐ者として、シャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セスク・ファブレガスなどを続々と生みだした。こうして世界が惚れ込む「バルサスタイル」が確立されたのだ。

 2007−08シーズンにバルサに戻ったグアルディオラは、まずバルサBの監督としてラ・マシアを鍛え直し、バルサBの3部昇格に成功。そこでとともに戦ったセルヒオ・ブスケツ、ペドロらをトップチームに引き上げ、バルサ最強時代を作った。2008−09シーズン以降、ラ・リーガでは3連覇を達成し、UEFAチャンピオンズリーグは2回優勝。「ボール支配率8割」という圧倒的な優勢で勝つ姿は神がかっていた。

 それはラ・マシアが作り上げた伝統の継承といえるだろう。

 リオネル・メッシも、ラ・マシアにいたからこそ、その腕を上げることができた。常にボールを支配し、攻め立てる。試合自体が攻撃トレーニングで、選手は自然と鍛えられた。

「頭の上を飛ぶパスが理解できない」

 ラ・マシアから他のチームに移った選手は、そうぼやきながら自分たちの環境がいかに特殊だったかに気づく。しかし特殊であるが故に、”唯我独尊”のスタイルは生まれた。

 バルサが伝説と化すには、クライフという”神”が必要だった。そこには「3シーズン連続、最終節で逆転優勝する」という運も欠かせなかった。そして薫陶を受けた者たちが、クライフの志を継承。すべてが噛み合って、”バルサらしさ”は生まれた。

 神戸が挑む山は険しい。ただ、イニエスタが最高のお手本であることは間違いないだろう。





著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 西村尚己/アフロスポーツ●写真 photo by AFLO SPORTS


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索