育成選手から「カープの救世主」へ。快速サウスポー・フランスアの素顔

 現在、セ・リーグの首位を独走する広島カープだが、シーズン前半戦のチーム状況は”磐石”とは言いがたかった。とくにリリーフ陣は、昨年まで勝ちパターンで登板していた今村猛、ジェイ・ジャクソンが不調に苦しみ、戦線を離脱。「逆転のカープ」の基盤が揺らいだように見えた。

 そんなチームを救ったのが、24歳のドミニカ人左腕、ヘロニモ・フランスアだ。2014年にカープアカデミーに入団したフランスアは、四国アイランドリーグを経て今年3月にカープと育成契約を結ぶ。その後も2軍で結果を残し、5月には支配下選手として1軍昇格を果たした。

 先発した2試合は苦しんだが、リリーフに配置転換されると本領を発揮。身長186センチの長身から投げ込む150キロ超のストレートを武器に安定した投球を続け、今では勝利の方程式の一角を担っている。

 今回、そんなフランスアに単独インタビューを実施した。カープファンにはお馴染みとなったヘンディ・クレート球団通訳を通して、いまだベールに包まれている”鯉の救世主”の素顔に迫った。


最速157キロのストレートで打者を圧倒するフランスア

──フランスア選手は子どものころからピッチャーだったんですか?

「違います。外野を守る野手で、ホームランバッターでした。本格的にピッチャーになったのは、14歳か15歳ぐらいのときだったと思います」

──日本で一番苦労したことは?

「食事です。食べ物ではなく、味の加減に困りました。ドミニカでは料理に塩や砂糖をたくさん入れます。でも、ニッポンは薄い味。戸惑いました」

──そんななかで、よく食べるのは?

「大好きなのはタコライスです。パワーの源になります!」

──はじめて覚えた日本語はなんですか?

「基本のあいさつ、『おはようございます』ですね」

──カープのOBでもある久本祐一さん(現・中日ドラゴンズ打撃投手)は、4年前に来日したばかりのときと比べて「顔つきが違う。ずいぶん大人になりました」と言っていました。

「久本さん、お久しぶりです。正解です(笑)」


試合前にも関わらず、笑顔で質問に答えてくれたフランスア(右)とクレート通訳(左)

──育成時代、とくにお世話になった人はいますか?

「一番は菊地原(毅)3軍コーチ。同じサウスポーでたくさんアドバイス受けました。あと、沢さん、沢崎(俊和)2軍コーチにもやさしくしてもらいました。感謝です」

──チームメイトで食事に行くメンバーは?

「(同じ投手の)中田簾さん、加藤拓也は、よく連れていってくれました」

──2軍から1軍に上がって差を感じましたか?

「レベルが全然違います。1軍はすごいです」

──今まで対戦してきた打者のなかで、脅威を感じた選手はいますか?

「巨人の坂本(勇人)選手です。ストライクは、どの球も対応します。だけど、ボール球はまったく振ってくれない。とても困りました」

──キャッチャーの磯村嘉孝(いそむら・よしたか)選手は、「ストレートは、球質、重さ、コントロール、すべてがいいですね」と評価していました。

「(ストレートに)自信があるだけにうれしいです。イソさんには、育成時代からお世話になっているんです」

──ブルペンキャッチャーも務めているクレートさんから見た、フランスア投手のセールスポイントは?

クレート通訳「やっぱり、ストレートが一級品です!」

──熱狂的なカープファンは、フランスア選手から見てどうですか?

「マウンドに行くときの声援、三振を取ったときの声援、カープファンはすごいですね!」

──これからの夢を教えてください。

「今年だけでなく、長く活躍したい。そして、カープのエースになりたいです」

著者:寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索