全米プロ選手権。松山英樹はメジャー制覇に必要な「幸運」をつかめるか

全米プロ選手権。松山英樹はメジャー制覇に必要な「幸運」をつかめるか

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季最後のメジャー、全米プロゴルフ選手権(8月9日〜12日)が開幕した。

 第100回という記念すべき大会の舞台となるのは、ミズーリ州セントルイスのベルリーブCC(7316ヤード、パー70)。1897年に創設された歴史あるクラブだ。

 当初は9ホールの会員制クラブとしてスタートし、ミズーリ州のノルマンディー地方にあった。それが1955年、現在のセントルイス郊外に移転。ロバート・トレント・ジョーンズJr.の設計で、1960年にあらためて開場された。

 同クラブは難コースとして瞬く間に評判となり、5年後の1965年には全米オープンが開催された。その際、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)が優勝し、4大メジャーをすべて制する”キャリア・グランドスラム”を達成している。

 同大会の設定も7191ヤード(パー70)と、当時から距離の長いコースと知られていたが、最大7500ヤードまで設定可能ということで、さらに大きな話題を集めた。

 1992年には全米プロが開催され、ニック・プライス(ジンバブエ)がメジャー初勝利を飾った。その後、2001年9月には世界選手権シリーズ(WGC)のアメリカンエキスプレス選手権が行なわれる予定だったが、開幕直前の9月11日に米ニューヨーク州などで起きた『同時多発テロ事件』が発生。同大会の開催は中止となった。

 そして記憶に新しいのは、2013年に開催された全米プロシニアゴルフ選手権。日本の井戸木鴻樹が、シニアながらメジャー制覇を果たした舞台となった。

 同コースは、2006年にリース・ジョーンズ氏らによって大きなコース改造が行なわれている。多くの木々が切られた他、11ホールで池が絡むようになり、11番ホール(355ヤード)が1オン可能なパー4になるなど、より戦略的なコースとなった。

 さて、日程が大きく変わる来年からは5月開催と、全米プロが8月に開催されるのは今年で最後となるが、昨年の大会では松山英樹が熾烈な優勝争いを展開。最後はジャスティン・トーマス(アメリカ)との戦いに敗れて男泣きした。その姿は、いまだ鮮明な記憶として残っている。

 結果は5位。メジャーの最高成績(同じく昨年の全米オープン2位)には届かなかったが、ある意味、メジャー制覇にもっとも近づいた大会だった。その激闘を今一度、振り返ってみたい。

 舞台となったのは、PGAツアーのウェルズファーゴ選手権が毎年行なわれている、ノースカロライナ州シャーロットのクエイルホロー・クラブ(全長7600ヤード、パー71)だった。

 前週のWGC ブリヂストン招待で優勝した松山は、心身ともに充実していた。初日は出入りの激しいプレーながらも6バーディー、5ボギーの「70」で回り、首位と3打差の15位と、まずまずのスタートを切った。

 圧巻だったのは、「64」をマークした第2ラウンド。序盤から安定したプレーを見せて、驚異の「61」を記録した前週の最終日を彷彿とさせる、素晴らしい内容だった。

 その後、3日目は一時首位に立つ場面もあったが、首位のケビン・キスナー(アメリカ)に1打差の2位で最終日を迎えることになった。

 最終日、松山と激しい戦いを見せたのが、松山と同組で首位から2打差の4位でスタートしたトーマスだった。優勝の行方は、徐々にふたりの争いに絞られていった。

 序盤は松山が優勢だった。1番で1.2mのバーディーパットを外して、やや不穏なスタートになったものの、6番、7番で連続バーディーを奪取。松山が単独首位に立ってバックナインを迎えた。

 だが、そこから”幸運”を呼び込んだのは、トーマスだった。10番パー5では、ティーショットを大きく左に曲げながら、バーディーチャンスをつかんだ。そしてそのパットが、最後はカップの縁に止まりながら、数秒経って転がり落ちた。

 このトーマスの”ツキ”が、逆に松山の勢いを止めることになる。11番で1.2mのパーパットを外してボギーとすると、そこからまさかの3連続ボギーを叩いて後退。14番、15番と連続バーディーを奪って、再度トーマスに1打差に迫る粘りを見せたが、16番でまたもボギーを叩いて差を広げられてしまった。

 悔やまれるのは、その16番パー4。ラフから打った第2打が、フライヤーとなってグリーンをオーバーしてしまったのだ。その第3打を1.5mまで寄せたが、このパーパットが左に蹴られて万事休す。松山は結局、17番でバーディーを奪ったトーマスに3打差をつけられて敗れた。

「悔しいですね……」

 ラウンド後にそう言ったあと、松山の涙は止まらなかった。松山自身がもっとも悔やんでいたのは、ボギーにした11番(パー4)の、フェアウェーから打ったセカンドショットだった。

「難しくない状況から、ミスをしてしまった。アプローチとパットでしのげなかった。流れが悪くなる原因を(自ら)つくってしまった」

 結果は5位も、メジャー優勝にもっとも近づいた大会だったことは間違いない。松山が最後に語った言葉が印象に残っている。

「ここ(メジャー勝利まであと一歩)まで来た人はたくさんいると思いますし、そこから(メジャーを)勝てる人と勝てない人の差が出てくると思う。(自分は)勝てる人になりたい」

 松山を振り切って、メジャー初制覇を遂げたトーマスは今、勢いに乗っている。昨年の松山と同様、前週のブリヂストン招待を制して、ディフェンディングチャンピオンとして今大会に臨んでいる。

 一方、松山は今季未勝利と苦しい時間を過ごしている。トーマスだけがライバルではないが、メジャーでは少しの”幸運”によって大きく展開が変わる。今年はその”幸運”が、松山に転がり込んでくることを期待したい。

著者:text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索