小林可夢偉、またも初優勝を逃す。不運が重なり「あと一歩」の2位

小林可夢偉、またも初優勝を逃す。不運が重なり「あと一歩」の2位

 9月8日〜9日、スーパーフォーミュラ第6戦が岡山国際サーキットで開催された。この週末は秋雨前線の影響で強い雨に見舞われ、公式予選もウェットコンディションでスタート。中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)がQ1で脱落したほか、チャンピオン争いをする石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)や山本尚貴(TEAM MUGEN)も相次いでQ2で姿を消すなど、大波乱の展開となった。

 そんな荒れ模様の一戦で、ひと際目を引く走りを見せたのが、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)だった。

 Q1を4番手で通過すると、続くQ2では2番手以下に0.6秒近い差をつけてトップタイムを記録。さらに最終のQ3でも、驚異的な速さを見せて1分24秒466をマーク。この時点で2番手以下とは0.5秒の差があり、可夢偉の初ポールポジションは決まったかに思われた。

 しかし、土壇場でひっくり返される。岡山で優勝経験のある関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が最終ラップで0.02秒上回り、逆転でトップに浮上。可夢偉は惜しくもポールポジションを逃した。

 予選後の記者会見に登場した可夢偉は、悔しさを隠し切れないのか、いつもより言葉少なめで、その表情に笑顔はなかった。

 それもそのはず、「あと一歩」というところで予選2番手に終わったのは、参戦4シーズン目を迎えたスーパーフォーミュラで4回もあるからだ。

「Q3のアタックは悪くはなかったですけど、(関口)雄飛のほうがちょっとだけ速くて……得意の2番手で終わりました。最後に”スーパーアタック”を決めないと、ポールポジションは獲れないと思う。だから、僕は今まで獲ったことがないんだと。まぁ、しょうがないです」

 9日はさらに悪天候となり、決勝レースは予定より1時間遅れで進行した。ドライバーの安全を考慮し、セーフティカー先導でスタートが切られるも、7周目に赤旗が提示。天候回復を待ち、約55分にわたってレースは中断された。

 一時は中止となる可能性もあったが、雨脚が落ち着いたこともあって16時10分にレースは再開。12周目にセーフティカーが解除されて本格的にスタートすると、可夢偉はトップの関口を猛追した。雨の影響で視界が悪いにもかかわらず、各コーナーで隙を見つけては並びかけようとする。

 そして13周目、マイクナイトコーナーでイン側に飛び込み逆転に成功。可夢偉はついにトップへと浮上した。ただ、その際のバトルで可夢偉はフロントノーズの一部を破損する。それでも必死にペースを上げていき、あっという間に2番手以下に7秒の差を築いた。

 それはまるで、予選での悔しさをぶつけるかのような、気迫のこもった走りだった。

 このレース展開を見てサーキットに詰めかけたファンや関係者の多くは、可夢偉がついにスーパーフォーミュラ初優勝を成し遂げると確信した。しかし、またしても予想外の事態が可夢偉を襲う。

 可夢偉の後方で、アクシデントが発生。コース上に飛散したパーツや車両回収のため、セーフティカーが導入された。結果、5.8秒あった可夢偉と関口の差はゼロとなる。

 27周目に入るところで再スタートが切られたが、可夢偉は関口の反撃を気にしてか、一気にペースをあげて引き離そうと攻め込んでいった。しかし、それが仇(あだ)となってしまった。

 可夢偉はコース後半のダブルヘアピンひとつ目で止まり切れず、コースオフ。このミスにより、トップの座をあっさりと関口に奪われてしまう。

 幸いにも2番手でコースに復帰できた可夢偉は、あきらめずに追い上げをスタート。関口がミスを犯してタイムロスした隙に背後につくと、32周目のアトウッドカーブで関口のインに飛び込む。しかし、そのカーブの先ではマシン1台がスピンし、コース上に停車していた。周辺はイエローフラッグ(追い越し禁止)区間となったため、可夢偉は引かざるを得なかった。

 そしてその直後、ふたたびセーフティカーが導入されることになった段階で、レースの最大延長時間として決められた70分を迎え、レースは34周で終了。トップの座を守った関口が待望の今季初優勝を飾った。

 雨で難しいコンディションで白熱のバトルを展開した両者は、パルクフェルメで握手を交わす。そのとき、可夢偉はようやく笑顔を見せた。

 ただ、やり切れない気持ちは、心のなかに少なからずあったようだ。

「(再スタート後の)最初は踏ん張らないと、後がつらくなるだろうなと思ったので、ちょっと攻めたのですが……。その結果、失敗してしまいました。その後もチャンスがあるかなと思って(関口の隙を)うかがったんですけど、残念ながらセーフティカーが導入されて……。

 チームにとっても、僕自身にとっても、初優勝のチャンスでした。それをこんな形で落としたのは、非常に残念です。ただ、こういうレースを続けていけば、いつか勝てるんじゃないかなと思うので、引き続きがんばります」

 レース後の彼のコメントを聞いて、ふと予選後の可夢偉の言葉を思い出した。Q3で関口に僅差で逆転されたとき、可夢偉はこのように語っていた。

「(関口に逆転されたと知ったとき)……今年の僕は、2位に尽きるなと思いました」

 可夢偉が2位でフィニッシュしたのは、これで3回目。過去の2回とも、あと一歩という惜しい内容だった。

 スーパーフォーミュラ参戦4年目で、いまだ勝利なし。トップの座を手にするために何が足りないのか、小林可夢偉の模索の日々は続く……。

著者:吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索