【木村和久連載】不祥事続きのアマスポ界。根源は大学スポーツにある

【木村和久連載】不祥事続きのアマスポ界。根源は大学スポーツにある

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」
連載●第171回

 最近、アマチュアスポーツ界で立て続けに不祥事が起きていて、世間を騒がせていますよね。レスリングのパワハラ問題、日大アメフト部の悪質タックル事件、ボクシング連盟会長のワンマン運営……直近では、バスケットボール日本代表選手の買春騒動に、体操協会のパワハラ問題ですか。

 それにしても、こんなに次々に不祥事が起こるって、どういうことでしょうか。もしかして、これらは氷山の一角で、実はアマチュアスポーツ界は汚れて腐りまくっているのか?

 まあ、そこは何とも言えませんが、いい加減さを生み出している根源は、”大学スポーツ”にある、と個人的には見ています。そこで今回は、ゴルフも含めて、大学スポーツのあり方を考察してみたいと思います。

 アマチュアスポーツの多くは、中学校や高校、大学の部活動で行なうものだと、当たり前のように思っていますが、これはアメリカに多く見られるやり方です。ヨーロッパではクラブスポーツが主流で、各地域にあるスポーツクラブの傘下となる、マイナーチームやジュニア、ユースチームなどに選手が所属して活動していることがほとんどです。

 日本でも、少年野球のリトルリーグとか、サッカーのクラブチームとか、学校の部活とは別の、クラブスポーツが盛んです。けど、ポピュラーなのは、高校や大学の運動部です。まずは学校に在籍して、そのなかで部活動に勤しむほうが、金銭的にも、精神的にも楽なのです。

 学校という”隠れ蓑”があれば、スポーツで大成しなくても、そのまま就職という”逃げ道”がありますからね。

 大学の運動部はご存知のように、プロを目指すアスリート集団から、お遊び程度のサークルまで、玉石混交です。それだけレベルが違っていても、”大学スポーツ”とひとくくりにされるのも、なんだかなぁ〜って思いますがね。

 ちなみに、日本で、クラブスポーツ出身でメジャーになった選手と言えば、サッカーの香川真司選手が有名ですよね。

 兵庫県出身の香川選手は、小学校卒業後に宮城県仙台市の『FCみやぎバルセロナ』にサッカー留学します。仙台市の公立中学校に通ったあと、高校は県立の黒川高校の土木科に入学。高校時代、授業中は寝ていたという都市伝説が残っていますから、学科はどこでもよかったのでしょう(※高校2年生のときにJリーグのセレッソ大阪入り。通信制のウィザス高校に転校)。

 適当(?)に高校を選んだものだから、家と学校とクラブチームへの行き来に、毎日自転車に1時間以上乗ることになって、「これが、一番鍛えられた」ってコメントが残っています。そこかぁ〜。

 とまあ、香川選手は稀(まれ)な例で、最近はJリーグ各クラブの下部組織に所属して、そこからプロ入りする選手が多いです。それでも、高校サッカーで活躍して名前を売るほうが、まだまだ一般的な感じがしますよね。

 さて、話を戻して”大学スポーツ”の特徴を、つらつらと挙げていきたいと思います。

(1)大学であまり勉強しない
 そもそも大学には”スポーツ特待生”なるものがあり、入学試験を受けずに推薦で入学するケースもあって、どれだけ学力があるかは甚だ疑問です。

 それに、日本の大学の場合、先輩に傾向と対策を教わって難なくテストをクリアできたり、レポート提出だけで単位をもらえたりする場合が多く、卒業するのも楽です。

 その点、アメリカの大学は、入学するのはわりと簡単ですが、卒業するのが難しいと言われています。あのタイガー・ウッズでさえ、大学を卒業するために勉強期間を設けて、ゴルフを休まざるを得ない期間がありました。それぐらいシビアです。

 日本の大学スポーツで活躍するアスリートも、もう少し勉強したほうがいいと思いますけどね。あくまでもスポーツは、大学の課外活動のひとつですから。大学に在籍していることを、すっかり忘れている人、多いですよね。

 だいたい、大学生には成人もいるのですから、机に向かって勉強するだけでなく、社会通念や世間の常識などももっと学んで、どこに出ても恥ずかしくない人格を形成してほしいものです。

(2)キャンパスより合宿所に長くいる
 実力のある運動部は合宿所があり、そこに寝泊まりしながら、スポーツに勤しみます。有名なのは、東北福祉大学のゴルフ部の合宿所です。近くにゴルフ場があって、そこでほぼ打ち放題。そりゃ、こんだけ環境がそろっていれば、うまくなりますよ。

 かつては、日大ゴルフ部が全盛でした。当時を知るOBの方からお話を聞いたことがあるのですが、実は全体の練習日というのは、ほぼ週末だけだったそうです。キャンパスが点在していて、部員もいろいろなところに散らばっているので、平日は「個別に練習をやっていることが多かった」と言っていました。

 結局、日大が強かったのは、優秀な人材が入学し、在籍していたからです。

 それが今では、どのスポーツも毎日練習できる環境が整備されていないと、強い選手は育ちません。当然ながら、合宿所中心の生活となると、大学生本来の生活ができなくなりがちです。これも、善し悪しですね。

(3)多額のお金が動く
 ウチの田舎の県立高校ですら、OBに対して「運動部に寄付をしろ」と振込み用紙が届きます。トータルすると、その金額は相当なものだと思いますよ。

 これがメジャーな大学の運動部だったら、かなりのお金が注ぎ込まれているのではないでしょうか。

 加えて、オリンピックの強化選手となれば、ご存知のとおり、数百万円単位で助成金がもらえます。しかもそれは、選手個人に対してですからね。

 とにかく、活動費、環境整備費などの名目で、大学の運動部、それもメジャーであればあるほど、そこでは計り知れないお金が動いているんじゃないですか。もはや、それは”スポーツビジネス”です。

(4)プロアマ混在時代で、スター気取りの勘違いへ
 1964年東京オリンピックの日本代表選手には、重量挙げの三宅義信選手、マラソンの円谷幸吉選手など、自衛隊出身者がたくさんいました。

 当時は、大学生の恋愛とスポーツを描いた、映画『若大将シリーズ』全盛の時代ですが、大学キャンパスでは、学生運動をするか、ノンポリ学生となって遊ぶかしか、選択肢がなかったのです。

 スポーツで活躍するなんて、映画の中の加山雄三以外は無理な話で、大学スポーツで注目されるなんて、せいぜい東京六大学の野球とか、限られていましたね。

 それが今や、オリンピック選手には大学生がズラリといます。本番で活躍すれば、報奨金がもらえ、CMにも出られて、テレビのバラエティ番組のゲスト出演なども可能でしょう。そうなればもう、完全にお金持ちのスターです。

 これじゃあ、選手も「自分はセレブなのか」と勘違いしますよね。

 すでに全国区の知名度があるのに、スポーツばっかりの生活を送っているから、世の中のモラルやルール、法律などをあまり知らない。そこで、海外遠征なんかしたときには、思わずハメを外して、買春なんかしちゃって、騒動になるのです。

(5)スポーツ関連会社への就職。実業団、プロ、指導員、体育の先生など、道が無限に広がっていく
 日本の大学の理科系はすこぶる優秀ですが、文科系の文学部、経済学部、法学部あたりの没落は激しいです。今どき、ケインズ経済学を学んだり、六法全書を読んだりして、それが役に立っている学生が何人いますか?

 司法試験や公認会計士を狙う人たちは別ですが、通常は適当にレポートを書いて卒業する学生ばかりです。あとは、遊びサークルに入って、女子大生と青春の1ページを刻むぐらいですか。

 だったら、勉強しなくても、打たれ強くて「即戦力になる」と、運動部出身の学生のほうが、企業側に重宝されるのも頷けます。

 そんなわけで、大学解体論や不要論が囁かれて、もう何十年も経ちますが、ここに来てまた、大学の存在については、大きな転機に差しかかっているような気がします。

 少子化で大学生の数が減少するのは、むしろ結構だと思います。セグメントして、少数精鋭化し、学ぶ者は大いに勉強し、スポーツに専念する者は人格形成を踏まえてトレーニングに勤しむ。

 何にしても、人生は1回しかないので、有意義な大学生活を送っていただきたいものですね。

著者:木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索