大混戦セ・リーグCS争いの行方は。目利きの評論家3人が大予想

大混戦セ・リーグCS争いの行方は。目利きの評論家3人が大予想

 広島の優勝までのマジックが7となり、いよいよリーグ3連覇も目前に迫ってきた。独走する広島をよそに、熾烈を極めているのがクライマックス・シリーズ(CS)の進出争いである。現在2位のヤクルトから最下位・中日までのゲーム差は6。数字上、まだどのチームにもチャンスがある。はたして、CSに進出するのはどのチームなのか。藪恵壹氏、西山秀二氏、門倉健氏の評論家3人にセ・リーグの行方を占ってもらった。

◆藪恵壹氏(元阪神、楽天など)

 数字上、ヤクルトがやや優位かなと思うのですが、今年のセ・リーグは広島以外の5球団はどこも決め手がなく、CS争いは最後の最後までもつれると思います。

 そのなかで期待するチームを挙げるとすると、OBということもあり、どうしても阪神になってしまいます。ここにきてスタメンも固まってきましたし、以前より得点力不足に悩むことはなくなってきました。ピッチャーも攻撃陣が得点してくれるといい意味で大胆に勝負できますので、無駄な四球も減るでしょうし、リズムもよくなる。それが打線にも好影響を及ぼすと思います。

 今シーズンの阪神の勝ちパターンは、先制して、そのリードを小刻みな継投で逃げ切る。とくにリリーフの安定感は、セ・リーグのなかでも屈指です。先発がなんとか6回まで持ってくれれば、十分に勝機はあります。阪神とすれば、いかにこのパターンに持ち込むことができるかがカギになるでしょう。

 キーマンは……あえて誰というのではなく、試合に出る選手がそれぞれの役割をきっちりこなすことが大事になります。この先の戦いは間違いなく総動員になりますので、試合に出るすべての選手がキーマンと言えるでしょう。

 今年の阪神は雨天中止が多く、最も多く試合を残しています。大型連戦になるのではと危惧されていますが、私はそこまで心配する必要はないと思います。たしかに体力的には厳しいかもしれませんが、今の阪神にはこれぐらいの方が開き直って戦えるのではないかという気がします。うまく流れに乗れば、連勝も期待できますから。

 あとは、ヤクルトと巨人の直接対決で勝ち越せるかどうかでしょうね。ヤクルトとは6試合、巨人とは3試合を残しています。ヤクルトには最低でも4勝2敗、巨人には2勝1敗。仮に負け越すようなことになれば、正直CSは厳しいかもしれません。いずれにしても、巨人、ヤクルトとの直接対決が命運を握るでしょうね。

◆西山秀二氏(元広島、巨人など)

 最下位の中日までCSのチャンスはあると思います。現状、ヤクルトにやや勢いがあるのかなと思いますが、8月末から9月頭の広島戦で痛い逆転負けを喫したり、まだ絶対的な強さはありません。この試合をすんなり勝っていれば、抜け出していたと思うのですが……。現在3位の巨人に2ゲーム差と優位なのは間違いないですが、投手陣は不安定ですし、計算できる先発投手がいません。大型連敗の危険もありますので、まだまだ安心はできないと思います。

 3位の巨人は岡本和真がブレイクするなど、明るい話題もありましたが、投手陣が苦しい。先発は駒が足りず、リリーフに関しては1年間バタついている印象があります。ここにきて先発だった山口俊を抑えで起用していますが、やってみないとわからない部分が多く、どこまで期待に応えられるのか不安はあります。

 そんななか、期待したいのが先日一軍に上がった畠世周です。力のある投手ですし、先発なのかリリーフなのか、起用法はわかりませんが、彼が機能してくれればCS進出に大きく前進すると思います。

 阪神は残り試合数が最も多く、日程的に厳しい戦いを強いられるのは間違いありません。ベテランも多く、連戦が続くなかでどこまでパフォーマンスを発揮できるかがカギになりそうです。ただ、この時期の連戦は体力的にも精神的にもこたえます。現有戦力にプラスアルファの部分がないと、厳しいかもしれませんね。それはDeNA、中日にも言えることで、起爆剤となる何かがほしいところです。

 ここまでの戦いを見ると、ヤクルト、巨人にやや分があるのかなと思うのですが、不確定要素が多すぎてこの先の展開がまったく読めません。いずれにしても、ここからが本当の意味でサバイバル。「連敗したら脱落」という戦いになるのは間違いないでしょうね。

◆門倉健氏(元中日、横浜など)

 とりあえずヤクルトは抜けたかなという感じはします。CS争いをしているほかのチームと比べて、打線に破壊力がありますし、得点力がある。投手陣は不安定ですが、しっかり打線でカバーできています。2位になれるかどうかはわかりませんが、少なくとも3位までには入れると思います。

 あと1枠にどのチームが入ってくるのかですが、私は巨人、阪神、DeNAの戦いになると思っています。中日も広島に勝ち越すなど、力はあると思うのですが、戦力的にやや落ちるかなと。

 巨人は菅野智之がカギになると思います。阪神、DeNAと比べて、残り試合が少ないですから、巨人としては少しでも勝ち数を増やしておきたい。なので、菅野が投げる試合は絶対に落とせません。あと何試合に先発できるかわかりませんが、菅野で負けるようだと相当厳しい状況になるでしょうね。

 巨人を2ゲーム差で追う阪神ですが、まだ25試合残っています。巨人よりも10試合多く、逆転のチャンスは大いに残っています。ただ、阪神にとって気になるのが連戦です。とくに阪神は糸井嘉男、福留孝介といったベテランがチームの中軸を担っており、連戦になった時にいつもどおりのプレーができるのかどうか。投手陣はある程度計算できますので、打線がどれだけ得点できるかがカギになるでしょう。そういう意味でも、糸井、福留の出来がチームの成績に大きく左右すると思います。

 DeNAについては、正直、この順位なのが驚きです。昨年の日本シリーズの戦いを見れば、Aクラスはもちろん、優勝も狙えるだけの戦力だと思っていました。昨年2ケタ勝利を挙げたウィーランド、今永昇太、濱口遥大の3人がそれぞれ4勝、3勝、3勝と絶不調。これだけ計算が狂ったにも関わらず、まだCS争いしているのは、ある意味ラッキーだと思います。

 そのDeNAですが、ここからの戦いを考えたときに重要になってくるのは得点力だと思います。昨年のように打順を固定できていませんが、選手の状態を見ながら得点力のある打線が組めるのか、ラミレス監督の手腕が問われます。

 おそらく10月になっても、まだCS進出への戦いは続いていると思います。そのなかで、どれだけ自分たちの戦いができるのか。そこに尽きると思います。

著者:スポルティーバ●文 text by Sportiva





関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索