イニエスタ、トーレス、久保建英に見る、スペイン流「崩しの極意」

イニエスタ、トーレス、久保建英に見る、スペイン流「崩しの極意」

 9月2日、味の素スタジアム。サガン鳥栖のスペイン人FWフェルナンド・トーレスは、瞬間的にマークを外そうと、何度も動き直している。しかし、パスは入ってこない。次第に流れから消された。

 ただ、トーレスは「ボールが入れば……」という体勢は作っていた。

 試合終盤、トーレスは業を煮やしたように自分が下がってパスを受け、裏に人を走らせている。ディフェンスを自分に引き寄せ、味方のマークを外した。浮かせて出したスルーパスは、コンビネーションで崩した形になり、一流選手の片鱗を見せた。

「Desmarque」(マークを外す)

 世界のサッカーシーンをリードするスペインでは、その動作が重要視されている。たとえデカくて速くてうまくても、この駆け引きのできないアタッカーは評価されない。マークを外せないことには、身動きは制限され、ゴールは遠のく。

 バックラインの前のスペースでマークを外し、時間的、空間的余裕を得られるか。それが成立するかどうかが攻撃のバロメータになっている。

 たとえば、8月26日のガンバ大阪戦の先制点のシーンでは、トーレスが小野裕二の縦パスを、バックラインの前へ下がって受けている。これをワンツー気味にダイレクトに戻す。これだけの連係で、フリーになった小野がミドルを打ち、相手に当たったボールが得点につながった。このとき、トーレスの背後にはもうひとりのFW金崎夢生が走り込んでおり、マークを外していた。

 2点目も、トーレスはバックラインの前を横切るパスを入れ、それに走り込んだ金崎夢生が左足で決めている。3点目は、トーレスがバックラインを横切って右サイドからのクロスを呼び込み、ヘディングで叩き込んだ。それぞれがマークを外した状態を作り、得点に結びつけていた。

 バックラインの裏に入れば、距離的にはゴールへ近づくが、必ずしも得策というわけではない。

 その感覚は、バルセロナで薫陶を受けた久保建英(横浜F・マリノス)にも共通しているのだろう。

 J1初先発となったヴィッセル神戸戦。久保は自ら左足で右サイドに展開した後、全速力でペナルティエリア内に駆け上がって、バックラインを下げている。そして味方が切り返したのに反応し、停止して、一歩下がる。相手の逆をとって、バックラインの前でマークを外し、トラップから精度の高いシュートを流し込んだ。

 酷な言い方をすれば、神戸の守備は稚拙だった。そもそも簡単にラインを破られており、バックラインはズルズルと下がっている。バックラインの前にいたはずのアフメド・ヤセルはクロスが入った瞬間に下がってしまい、エリア内で久保にスペースを与えていた。

 守る側としては、バックラインの前でマークを外された状態でボールを持たれた場合、後手に回らざるを得ない。なぜならラストパス、シュート、ワンツーなど、いくつもの選択肢を与え、焦って食いつけば、完全に裏を取られるからだ。それは待ち構える部隊が、柵も土塁も堀もなく、騎馬隊に駆け込まれるに近い。相手に殺到される感覚で、とても守りきれない。

 そこで、ボランチもしくはアンカーが、バックラインのスペースを埋め、挟み込むシステムも生まれた。

 ディエゴ・シメオネ監督が率いるアトレティコ・マドリードは”鉄壁”の守備力を誇るが、DFラインとMFラインが緊密な距離を取り、間に入った敵を殲滅する。そもそも容易にそこへ敵を入らせない。危険地帯を潰すことで、世界トップの堅守を誇っている。

 また、昨季欧州王者のレアル・マドリードも、カゼミーロをフォアリベロのように置いて、センターバックの前付近を”消す”ことを守備の軸にしていた。

 しかし一方、アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)のような名手は、その守備陣形を”魔法”のように突き破れる。

 たとえば、湘南ベルマーレ戦ではこんなシーンがあった。左サイドで神戸の郷家友太がボールを持ったとき、しっかりマークが付かれていた。そのとき郷家は少し下がって引きつけ、後方のイニエスタへパス。湘南がラインを高くし、スペースを圧迫しようとした際だった。同時に左サイドバックのティーラトンが郷家の裏を走り、マークを外す。イニエスタはその動きを読み、鮮やかなスルーパスを出し、守備ラインを突き破ったのだ。

 イニエスタは選手の出し入れによって、マークがずれる感覚を体得している。そのおかげで、複数の選手を絡み合わせ、堅牢なディフェンスも崩せる。彼が攻撃の渦の中心となるのだ。

「個の力」

 日本サッカーではそれが叫ばれて久しいが、トップレベルではコンビネーションの確立が欠かせない。ひとりでマークを外せることは、もちろんアドバンテージだろう。しかし、それを連係につなげられるか――。そこにスペイン流の崩す極意はある。

著者:小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索