武器は「何をするのかわからない」。堂安律がヒデや本田の系譜を継ぐ

武器は「何をするのかわからない」。堂安律がヒデや本田の系譜を継ぐ

「めちゃくちゃ楽しかった」

 MF堂安律(フローニンゲン/オランダ)は、85分間のプレーを笑顔でそう振り返った。

 森保一監督が新たな指揮官となった日本代表の初陣、堂安にとっても代表初キャップとなるコスタリカ戦で、右サイドハーフでスタメン出場。ゴールこそなかったものの、ピッチ上で躍動し、3−0の勝利に貢献した。その姿に、古巣ガンバ大阪のホームスタジアムのスタンドを埋めたファンやサポーターも大いに沸いた。

 日本代表の”シンボル”となる選手たち――中田英寿、中村俊輔、本田圭佑……らは、チームに大きな影響を与える選手たちだ。新生・日本代表では誰がその”キング”の座に就くのか。チームのスタイルや方向性と同様に、大きな注目を集めていた。

 堂安は、その有力候補のひとりだった。

 ただ、そういう存在になるには、まずはプレーにおいて強烈なインパクトを残し、結果を出すことが求められる。コスタリカ戦は、堂安にその資質があるか否か、それを見極める最初の試合でもあった。

 それは”ポスト本田”ということではなく、あくまでも堂安が、歴代の”エース”のような圧倒的な存在感を示せる選手なのか、それだけのポテンシャルを秘めているのか、ということである。

 結論を先に言えば、「イエス」だ。

 堂安は、中田英寿でも、中村俊輔でも、本田圭佑でもなく、”堂安律の世界”をピッチ上で築いていた。そして今後、チームの中心になっていくだろう、というプレーを見せた。

 試合前、堂安はオランダでの経験が「大きな成長につながっている」と言及した。

「以前は、自分がゲームを作る意識が強くて、ビルドアップにも積極的に参加してプレーしていたんですけど、今はそのマインドが変わりました。ボールを持ったら、目の前の(相手)選手をぶち抜くか、シュートを打つか、という選択肢になっているんです。

(ガンバ時代の同僚)GKのヒガシくん(東口順昭)と久しぶりに話をしたときも、『おまえのように、めちゃくちゃシュートを打ってくる選手はJリーグにはいない』って言われたんですけど、その意識を日本(の試合)でもしっかり出していきたいですね」

 海外では、結果がすべて――。

 それを肌で感じた堂安は、迷いがなくなり、よりFWに近いところにポジションを取って、積極的に仕掛け、シュートを打ち、果敢にゴールを狙う選手になった。少なくとも、ゲームメイクという役割を主にこなしていた昨年5月、U−20W杯(韓国)で活躍していた頃の堂安ではなくなっていた。

 コスタリカ戦は初の代表の試合で緊張し、序盤は守備から入るなど、いつもよりも慎重な姿勢を取っていた。だが、時間が経つにつれ、硬さが取れるとプレーに鋭さが増した。特に後半は、相手サイドにスペースができて、自らのプレーを存分に発揮し始めると、俄然輝いた。

 後半13分には、左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)からのパスを、FW小林悠(川崎フロンターレ)がペナルティーボックス付近で受けて最終ラインの裏にスルーパス。それに反応した堂安が、左足で浮き球のシュートを放った。

 惜しくもシュートはGKに当たって、ゴール寸前で相手DFにクリアされたが、絶妙のタイミングで敵DFの背後に侵入した完璧なシュートシーンだった。

「(敵の)背後へ抜ける動きは、オランダで磨きをかけた部分で、今までの自分にはなかった形です。いい形で(ボールを)出してもらえたんで決めたかったですけど、シュートを打つ前に(ゴール後の)パフォーマンスを考えていて……。GKが完全に寝転ぶと思ったんで、チョンと蹴って、観客が静まってシーンとなっているなか、そのボールがゴールに吸い込まれていくイメージだったんですけど……(最後は相手DFに)やられました」

 さらにその5分後、堂安はまたしてもガンバ時代には見られなかったシュートシーンを披露した。縦に抜けて、右足でシュートを放ったのだ。

「右足でも(シュートを打つ)練習をしているんです。こういう形もこれまではなかったと思います」

 右サイドからカットインして左足でシュート――それが、ガンバ時代の堂安のシュートパターンだった。それを相手に封じられると”消える”時間が目立っていたが、今は相手の背後を取って右足で打つ、というパターンに加え、「味方を使ってコンビネーションでゴールを決めるほうが楽ですし、そのパターンを増やしていきたい」と語っていたように、ドリブルなどによる単独突破を仕掛けつつ、コンビネーションで崩していく形まで見せていた。

 攻撃の多様性とシュートへの高い意識。まさに堂安は、選択肢の多い”危険な選手”に成長していた。

 それでも、今回は決定的なチャンスを決め切れなかった。そこで、ロシアW杯のレギュラー組の招集が想定されている10月の代表戦でも、今回と同じようなアピールができるのか。また、コスタリカより強い相手を敵に回してもそれができるのか、といった疑問は残る。

 そういう意味ではまだまだ未知数な部分もあるが、「緊張した」という初の代表戦において、成長の跡をきちんと示したことは、そのプレーが身についているということである。ガンバ時代より、スプリント回数も増え、スピードも明らかに増していた。代表というチームに慣れ、周囲とのコンビネーションが高まってくれば、パフォーマンスが一段と上がっていくことは間違いないだろう。

 それに、これが一番大事なことなのだが、堂安は試合を楽しんでいた。

「試合を見ている方はどう思っているのかわからないですけど、ロッカールームでは(選手の)みんなから『めちゃくちゃ楽しそうにプレーしていたね』って言われて。実際、自分もラスト20分ぐらいはゾーンに入るような感覚でプレーできていて、視野も広くて、相手をおちょくるというか、いなすようなプレーができていました。85分まで使ってもらえるとは思っていなかったですけど、ほんと楽しかったです」

 中島もそうだが、”遊び心”のあるプレーは見ている人を楽しませる。堂安がボールを持つと、スタジアムがドッと盛り上がるが、それは「何をするのかわからない」「ワクワクするプレーを見せてくれる」という期待感があるからだ。

 あとはそこに、確かな決定力が備わってくれば、中村と本田をミックスしたような”スタイル”で、日本代表の新しい”キング”になっていくような気がする。

「次(10月の代表戦)はW杯メンバーが入ってくるけど、自分はオランダに戻ってアピールするだけ。次、呼んでもらえたら、今度こそは得点を、という気持ちでいます」

 代表デビュー戦ながら、堂安は今後の手応えをつかみ、自らの可能性をチームメイトやファンに示した。周囲の注目を浴びるなか、練習中についていたという「背番号21」は今後、どう変わっていくのか。

 4年後のカタールW杯では、過去の誰とも似つかない”堂安律”という絶大な存在となっていても、何ら不思議ではない。

著者:佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索