斎藤佑樹らを育てたアマ球界の巨匠が、8年ぶりに現場復帰を決めた理由

斎藤佑樹らを育てたアマ球界の巨匠が、8年ぶりに現場復帰を決めた理由

「正直ね、もうユニフォームはいいかなって思っていたんですよ」

 練習前に降っていた雨が上がり、土の匂いが立ち込めるグラウンドの片隅で、應武篤良(おうたけ・あつよし)が、ゆっくりと語り始めた。

 今夏の広島大会準々決勝の翌日、大きなニュースが飛び込んできた。新チームから崇徳(広島)の指揮を應武が執るという内容だった。 

 春夏合わせて5度の甲子園出場を誇り、1976年春のセンバツでの優勝経験も持つ強豪校として知られている崇徳だが、1993年春を最後に甲子園からは遠ざかっている。

 そんな背景もあり、「近年の活躍」と聞いたときに、同じく強豪として知られる軟式野球部が、2014年の全国大会準決勝で中京(岐阜/現・中京学院中京)と繰り広げた「延長50回の激闘」を思い浮かべる人も多いかもしれない。

 1976年のセンバツ優勝メンバーである應武は、早稲田大、新日本製鐵広畑でプレーし、現役時代は名捕手として鳴らした。現役引退後は新日本製鐵君津(現・新日鐵住金かずさマジック)、早稲田大で監督を務め、両チームともに全国大会へと導いた。

 采配だけでなく、新日本製鐵君津時代は森慎二(元西武)、松中信彦(元ソフトバンク)、渡辺俊介(元ロッテ)らを、早稲田大時代は斎藤佑樹(日本ハム)、大石達也(西武)、福井優也(広島)の3名を2010年ドラフト1位でプロに送り出すなど、選手育成にも定評のある野球人だ。

 早稲田大の監督を退任した後は、「自分の経験が少しでも人の役に立てば」と講演活動中心の日々を過ごしていた。その間もさまざまな高校、大学からオファーがあったが、應武がユニフォームに袖を通すことはなかった。

「とにかく早稲田の監督として過ごした6年間の重圧がすごくて。両肩にひとりずつ人が乗っているんじゃないか、というくらいのプレッシャーでした。幸い、監督として最後の大会となる2010年の神宮大会で優勝できた。あれで精も根も、さらに言えば運も使い果たしました」

 本人の言葉を借りれば「気力を使い果たした」状態。そんな状態で監督をしても結果は出ない。その思いもあり、指導者に戻る気にはならなかった。

 指導とも距離を置く生活を送っていたが、監督退任から約1年半が経過した2012年に、崇徳のOB会長に就任する。

「最後の夏の甲子園出場が1976年。私が高校3年の時でした。それからは2度センバツに出場しているものの、夏は出場できていない。OBとしては寂しいし、誤解を恐れずに言えば、『何をやっているんだ』と憤る気持ちもありました。それで、当時の甲子園メンバーが中心となって、学校側に提言するようになったんです」

 1976年当時の主将で、OB会副会長を務める山崎隆造(元広島)とともに、野球部強化について、学校と議論を重ねるようになった。その日々が続いたある日、学校側から「甲子園優勝メンバーを中心にチームを運営するのが一番いいと思うんです」と打診を受ける。

「じゃあ、監督はどうするんですか、と聞いたら『應武さん、あなたです』と。『え!? オレがやるの?』という感じですよね(苦笑)。まさかOB会長本人がやるのかよって」

 先述の理由もあり、現場復帰へ抵抗を示していた應武だったが、決め手となったのは「母校」であることだった。

「いくつかの高校から監督就任のお話をいただいたこともありましたが、自分の出身でない学校、歴史や理念の理解が不十分な場所で監督をしても、結果を残すことはできないとお断りしていました。『もう監督は十分、お腹いっぱい』と思っていましたけど、同時に『もう一度やるとしたら母校』とも考えていました。再びユニフォームに袖を通すなら自分の出身校しかないと」

 こうして監督就任となり、学校の夏季休暇期間にあたる8月から指導にあたっている。

「年齢も年齢なので、選手たちはもう孫みたいな感覚なんですよねえ。何というか”擦れて”ないんだよね、この子たちは」

 約1カ月をともに過ごした選手たちをこう表現し、應武は言う。

「野球の世界に限らず、最近の若者って『立派だな』とも思うんですよ。周りが見えているし、すごく自然に感謝の気持ちを伝えられる。自分の若い頃なんて、ただガムシャラにやるだけで、自分のことしか見えてなかった。逆に、感謝の気持ちを伝えられる人だから結果を出している、とも言えるのかもしれませんね。崇徳の現役部員も、そういう気持ちを持っている子たち。だからこそ、勝たせてやりたいんですよね」

 社会人野球、大学野球、そして高校野球という流れの自身の歩みを交えて、今後の意気込みを語る。

「新日鐵君津で監督していた頃の千葉は、NTT関東(1998年廃部)と川崎製鉄千葉(現JFE東日本)が2強。そのなかで、君津は”1弱”の存在でした。近年の広島県は、広陵と広島新庄が2強として君臨している。この2校がNTT関東、川鉄千葉だとすると、崇徳は君津。今のまま戦っても10回戦ったら9敗、100回で99敗すると思います。

 でも、かつて君津が都市対抗に出たり、早稲田を率いていた時には『負けるはずがない』と言われていた東大に負けたこともあった。『勝負に絶対はない』ということは、私自身、身をもって体験してきましたから。ここぞの1勝を公式戦で出せるようにやっていきますよ」

 練習の合間に今夏の甲子園を見るなかで、ひとつ目に留まった光景があったという。開幕戦でのことだ。

「開幕試合の始球式の担当が松井秀喜さんで、その試合を星稜(石川)が引き当てた。大スター始球式の後に、母校の後輩たちがグラウンドで戦う。それだけでもドラマチックなのに、試合後の校歌斉唱の時に松井さんも口ずさんでいた。あの一瞬だけは巨人の4番でも、メジャーリーガーでもなく、『星稜の松井秀喜』になっていた。その光景が眩しくってねえ、高校野球の”原点”を見たような気がしました。崇徳のOBたちにも、その瞬間を味わってほしいと思うんですよね」

 今年で60歳を迎え、「そんなに長々と、十何年も続けられるとは思っていません」とも語る。「今年みたいな猛暑が続いたら、体がもちませんからね」とおどけてみせたが、その裏には「1年でも早く母校を甲子園に導く」という強い決意が込められている。この思いが、指導の原動力でもある。

「バットというよりも私の”杖”ですね」と冗談交じりに語り、ノックバットを片手にグラウンドへと向かっていった。その茶目っ気とは裏腹に、グラウンド上で滲(にじ)む気迫は、往事のものと何ら変わっていなかった。

著者:井上幸太●文・写真 text&photo by Inoue Kota


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索