松岡修造も認める自信家・西岡良仁。「乃木坂」も経てケガから復帰

松岡修造も認める自信家・西岡良仁。「乃木坂」も経てケガから復帰

 1年前のこの時期――。西岡良仁は、ひとり「悲しい」想いを抱えていた。

 昨年3月のインディアンウェルズ・マスターズで、当時世界14位のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を破ってベスト16に勝ち上がるなど、キャリア最高の時を迎えていた。だが皮肉にも、あまりにいいテニスの調子は、肉体の限界を越えた試合数を彼に強いていた。インディアンウェルズの翌週のマイアミ・マスターズ2回戦で、ボールを拾うべく左足を大きく踏み出したとき、シューズの裏がコートに引っかかる不快な身体への刺激と同時に、ひざが「抜ける」感覚に襲われる。

 前十字じん帯、部分断裂。

 かつてない疾走は文字どおり断ち切られ、約9ヵ月に及ぶ復帰への長い道を歩むことを強いられた。

 ランキングは自己最高の58位に達し、今後は一層上のステージで、さらなる高揚感を得られる戦場に身を置くはずだった矢先のケガ。そのときの彼が覚えただろう喪失感を想像すると、胸に鈍い痛みが走る。

 だが、当の西岡は、この期間を「視野を広げる好機」とすべく、栄養学や料理を学び、トレーニングに打ち込み、クリニックを主催するなどテニスの普及活動も積極的に行なった。

「テニスから離れたら、普段の生活でもイライラすることは、むしろなくなった。ずっといきたかった乃木坂(46)のライブにもいけたし……」

 ケガしたのは悔しいが、それは誰にでも起こりうる「事故」。

 そう割り切り、21歳の若者らしい日常も堪能していたという。

 その彼が、とてつもない悲しさに襲われたのが、昨年9月のデビスカップだった。仲間の選手たちが日本代表として活躍する姿を見たとき、自分ひとりが取り残されているような寂寥(せきりょう)感に襲われたのだ。

 あれから1年――。

 今年1月に復帰を果たした西岡は、全豪オープンでは29位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を破り、5月にはツアーの下部大会に相当する「ATPチャレンジャー」で優勝を果たす。全仏オープンでは初戦で敗れはしたが、実力者のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)を相手にフルセットの死闘を演じ、観衆からの「ヨシ」コールを引き出した。さらに先の全米オープンでは、初戦でロジャー・フェデラー(スイス)とセンターコートのナイトマッチで戦うという、かけがえのない経験も得る。

 現時点での世界ランキングは170位。復帰からここまでの9ヵ月間の足跡を、彼は「悪くないスピードだと思っています」と総括した。

 ケガから復帰した多くの選手がそうであるように、西岡も復帰間もない今年2月ごろは、身体や脳に染みついたいいときのイメージと、実際の身体の動きが重ならぬもどかしさを味わうことになる。170cmの小柄な身体で2mに迫る強豪に立ち向かう彼の武器は、何にも増してフットワークだ。その足が使えない悔しさは、不安や焦りにもつながった。

 それでも彼は、今自分に必要なことは何かを分析し、「反射系のトレーニングを多く入れる」「常にケアトレーナーを帯同する」「練習や試合中に必要な水分摂取量を割り出す」など、適切な対処を重ねていく。その成果として得た7連勝でのチャレンジャー優勝を西岡は、「復帰後、一番自信になる」収穫だと言った。

 シーズンも残すところ3ヵ月となった今、西岡が目指すのは「来年1月の全豪オープンの本戦に入るまでランキングを上げること」。それは、年内に100位を切ることを意味する。その目的地を明確に見据えるからこそ、この先はアジア開催のチャレンジャー大会を転戦してポイントを稼ぐ、いわば”ドサ回り”的な道を歩むつもりだ。

「アジアのチャレンジャーは、施設や食事の衛生面で不安はありますが、そのなかでも勝たなくてはいけない。そういうところで勝ち切り、ランキングを戻せるかというチャレンジでもあります。

 テニスは戻っているので、チャレンジャーでは勝てるのではと思います。ここからはぶっ通しで戦って、勝てるだけ勝ちたい」

 負けん気の強さを放つ口調で、彼はそう明言した。

 西岡を小学生時代から知る松岡修造氏は、彼のことを「子どものころから『絶対に自分はトップに行ける』という自信を持っていた」と評したことがある。

 その自信の根拠は、どこにあるのか――?

 その問いを西岡本人にぶつけると、「うーん、なんなんですかね?」と照れたように笑みをこぼし、少し間を置いてから話しはじめた。

「もちろん、僕は自信家だと自分でも思います。ただ……僕、子どものころから、他人からの評価が低かったんですよ。僕の試合中の態度が悪かったというのもあるんですが、やはり身体が小さいというのもあって。

 でも、日本人のなかで見たら、ランキングを上げていくスピードなどは(錦織)圭くんの次に早いんです。だからずっと、他人に評価されなくても、自分で結果を出しているからいいやと思っていました。同時にだからこそ、結果を出さないと認めてもらえないとも思っている。だから、無理にでも自信を持ってやっているところもあります」

 西岡は、錦織同様に盛田正明テニスファンドの支援を得て15歳時にIMGアカデミーに渡ったが、実はその選考会で、2度落選の悔しさを味わっている。ジュニアの世界大会で結果を残すようになってからも、「あの身体では、プロでは難しいだろう」との声は嫌でも耳に入った。

 周囲の評価を覆すには、結果を残すしかない――。そのような反骨精神が、この小柄で、勝ち気で、そして知的なファイターを激しく突き動かす原動力だ。

 そんな彼が「悲しさ」を覚えたときから1年が過ぎ、今ふたたび仲間とともに、デビスカップでチームのために戦う喜びと興奮に身を浸している。

 かつていた場所に……そして、その先に続く道を、西岡は力強く進んでいる。

著者:内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索