大坂なおみが決勝進出。東京で見せた成長の証と周囲を和ますユーモア

大坂なおみが決勝進出。東京で見せた成長の証と周囲を和ますユーモア

 東レ パンパシフィックオープンテニス(以下東レPPO)の準決勝で、第3シードの大坂なおみ(WTAランキング7位、9月17日づけ/以下同)は、ノーシードから勝ち上がって来たカミラ・ジョルジ(37位、イタリア)を、6−2、6−3で破って、2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。そして、USオープンに続いて2大会連続の決勝進出となった。

 ベスト4に残ったメンバーの中で、大坂が一番ランキングの高い選手となり、決勝進出への期待が高まる中、大坂は、まさにトップ10プレーヤーらしいギアアップをしてみせた。

 ジョルジは、サーブからでもグランドストロークからでも、ほぼ全部のボールをアタックしてくる選手で、2回戦では、その超攻撃的なテニスを駆使して、ディフェンディングチャンピオンで第1シードのキャロライン・ウォズニアッキ(2位、デンマーク)を破るアップセットを演じた。

「もし彼女(ジョルジ)を波に乗せてしまうと、ほとんど(の選手が)勝つことが難しいタイプの選手で、実際そうやって勝ち上がって来た。私もできるだけ自分のベストを尽くしました。ちょっとでもショートボールを打ったり、少しでもスピードの乗らないボールを返したりしてしまうと、(ジョルジが)そこにしっかり合わせて攻撃してきたので用心しないといけませんでした」

 このように警戒していた大坂は、ジョルジの攻撃的なボールに打ち負けないで、的確に返球し、時にはさらに鋭いボールを打ち返してジョルジのミスを誘った。

 3〜4年前の大坂は、ミスかウィナーかという感じの攻撃一辺倒で、しかもミスの方が多い粗いテニスをしていた。だが、今の大坂は違う。

 さらにアレクサンドラ・バインコーチとの取り組みによって、大坂はさらに我慢強く、ミスの少ない安定感のあるテニスができるようになり、ジョルジは今の大坂にとって敵ではなかった。もっとも大坂の謙虚なところに変わりはない。

「現在私の方が優れているとは思いませんが、自分は(ジョルジとは)異なるタイプのプレーヤーだと認識しています。その中で勝利できてよかったです」

 今回の東レPPOでは、自他ともに大坂の初優勝への期待が高まっているが、東京での初タイトルへの思いを次のように語っている。

「(東京で)優勝できれば大きな意味を持つことになるでしょう。ここにいる理由は、優勝したいという思いがあってのことですから。ただ、そうなるためには多くの優れた選手たちに勝たなければなりません。すべての大会で優勝できるわけではありませんが、自分のベストを尽くしていい結果を残せたらいいですね」

 USオープンでグランドスラム初優勝した後で、選手によっては少し気が抜けてしまって直後の大会では早期敗退もあり得ることだが、逆に大坂は自分でも予想外にいいテニスをキープできている。

「自分自身も、この大会の初戦を落ち着いて臨めたことに驚いています。周りのみんなももっとナーバスになるだろうと思っていたようで、驚いたのではないでしょうか。実際、準決勝で初めてちょっと緊張しました」

 落ち着いてプレーできる秘訣として、大坂には自分なりの目標設定方法があることを明かしてくれた。

「私は、大きな目標ではなくて、小さな目標を掲げて達成していくことを心掛けています。あまりにも目標が大き過ぎると、それが自分に悪影響を及ぼすことがある。できるだけ集中力を欠かさないぐらいのレベルで続けられればと思っています」

 そして、東京での初優勝へ向けて勝ち上がっていくなかで、大坂には人を笑わせる才能があるのではという一幕も見られる。かつてないほど数多くの日本のマスコミが、会場となっているアリーナ立川立飛に詰めかけているが、大坂は、独特の天然系のユーモアを交えてうまく対応し、時には笑いを誘うこともある。

 準決勝のポストマッチインタビューでは、質問した女子アナウンサーが持っていたスマホについていたキャラクターが気になって、「何のアニメ?」と逆質問を大坂がする珍しいシーンがあった。

 それは「ジョジョの奇妙な冒険」(原作・荒木飛呂彦、集英社)のキャラクターだったのだが、大坂はそのキャラクターを知らなかったようで、「ジョルノ・ジョバァーナ。OK。ありがとうございます」と言って、周囲を和ませた。

 決勝で大坂は、第4シードのカロリナ・プリスコバ(8位、チェコ)と対戦することになったが、2人の対戦成績は1勝1敗だ。

「(プリスコバは)素晴らしい選手で、すべてのショットがよく、サーブもいいので、きっと厳しい試合になるでしょう」(大坂)

「(大坂は)USオープンで優勝し、自信を持っているようです。サーブもよく、いい形でプレーできている。お互い、どんなミスをするかがカギになる。私は、いいサーブを入れることができれば勝機はある」(プリスコバ)

 決勝進出を決めた大阪は、「今日じゃない……。昨日じゃない……。明日がんばります」と、翌日の決勝に向けて、たどたどしさはあったものの日本語で力強く宣言した。東京での初優勝はもうすぐそこだ。

著者:神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索