王者川崎の強烈なレッスンにKO寸前。この刺激がグランパスを強くする

王者川崎の強烈なレッスンにKO寸前。この刺激がグランパスを強くする

 開幕2連勝と好スタートを切りながら、その後は15試合勝利なし。ワールドカップ中断前までダントツで最下位に沈んでいた名古屋グランパスが、中断明け後に驚異のV字回復を見せている。

 第19節のベガルタ仙台戦から、怒涛の7連勝。しかもその勝ちっぷりは豪快で、鹿島アントラーズに4−2、浦和レッズに4−1、ジュビロ磐田には6−1と、圧巻のゴールラッシュを披露。第26節のV・ファーレン長崎戦に敗れ、連勝は止まったが、スコアは3−4と、攻撃スタイルを標榜する名古屋らしい負けっぷりだった。

 連勝中の7試合で奪った得点は24。1試合平均3点以上を記録する名古屋は、今のJリーグでもっとも破壊力を秘めたチームといっても過言ではない。

 復調の要因は、今夏に加入した新戦力の存在が大きい。前所属先で出番を失いかけていた実力者を次々に迎え入れ、開幕時とは半数近くのメンバーを入れ替えている。

 丸山祐市(前・FC東京)、中谷進之介(前・柏レイソル)、エドゥアルド・ネット(前・川崎フロンターレ)がセンターラインを強固なものとし、金井貢史(前・横浜F・マリノス)は攻撃型のサイドバックとしての真骨頂を発揮。前田直輝(前・松本山雅FC)は鋭いドリブルで推進力を生み出し、豪快なフィニッシュワークで得点力を高めている。

 彼らの存在以上に強烈なのが、元ブラジル代表の肩書きを背負って今季加入したジョーだ。7連勝中、出場停止で欠場した1試合をのぞき、6試合に出場して12得点。この間、2度のハットトリックを達成するなど、規格外の決定力を示している。

 そして何より、この7連勝は風間八宏監督が標榜する攻撃スタイルがチームに浸透してきたことの表れでもあるだろう。間を通す縦パスを発端に、次々に人が絡んでいき、最短のルートを辿ってゴールに迫っていく。一見リスキーでありながら、高い技術と的確な判断が備わっていれば、これ以上効果的な攻撃はない。指揮官の求める難度の高いサッカーは、着実に名古屋の選手たちに根付き始めている。

 そんななかで迎えた川崎フロンターレとの一戦は、彼らの力量を推しはかるうえでの試金石と言える試合だった。風間監督がかつてその哲学を植えつけた、モデルケースとなり得るチームであるからだ。

 しかし、目の当たりにしたのは、圧倒的な完成度の違いだった。とりわけ、前半は一方的と呼べるような展開で、20分にオウンゴールを献上すると、34分には阿部浩之に豪快なミドルを叩き込まれてしまう。

 見逃せないのは、その後の展開だ。後方で何とかしのいでも、川崎の鋭いプレスを受けて、ボールを前に運べない。しのいでは奪われ、ふたたびピンチを招く。失点には至らなかったものの、コーナーに追い詰められ、ひたすらパンチを浴び続ける「KO寸前のボクサー」を見ているようだった。

「立ち上がりから今までと同じようなことができなかった。自分たちのいいリズムが作れなかった」

 風間監督はそう試合を総括した。

 なぜ、できなかったのか――。その理由を、独特の表現でこう続けた。

「簡単に言うと、目に見えていないものを相手にしてしまった。矢印というものは、ボールを出して自分がもう一度動けばフリーの定義が変わるので、簡単に崩せるはずなのですが、それができていたのは3人くらいでしたね。当たり前のものが当たり前に見えなければいけない。当たり前のものが当たり前じゃないものに、自分たちのなかで錯覚を起こしてしまったというところもあると思います」

 なかなか解釈が難しい説明だが、視野のとり方や位置取り、あるいは判断の部分で、本来やるべきことを怠ったからこそ、当たり前のことができなかったということなのだろう。

 錯覚を起こしたのは、川崎のプレスに戸惑ったこともあるはずだ。ボールを受けても、前に向けない。あるいは、パスコースを見出せない。時間的な猶予のなさが焦りを生み、当たり前の状態を生み出せなかった。

「川崎はしっかりと自信を持って、ボールを持っている。そこはウチの選手たちも見習うべき」

 指揮官は川崎との差も認めている。とりわけそれが顕著だったのが、ボールを奪ってからの対応だ。

 名古屋は奪ったあとのパス精度を欠いた一方で、川崎はいったんボールを落ち着かせてから攻撃につなげることができていた。名古屋のプレスが緩かったこともあるが、そこで落ち着かせられるか否かで、パスの質も変わってくる。自信を持ってボールを運べる川崎と、慌ててしまう名古屋――。その差が両者の明暗を分けた要因だった。

 それでも倒れる寸前の名古屋は、後半に爪痕を残している。一度は1点差に詰め寄った前田のゴールは、ジョーと金井の3人による縦方向への連動がもたらした理想的な一撃だった。

「ゴールを獲ったところは、選手がいろんなものが見えるようになってきたと思う」と、風間監督も敗戦のなかに光明を見出していた。

「勉強になったと思う」と振り返ったのは、玉田圭司だ。

「前の試合とかその前とかも、ある程度ごまかせていた部分があると思うけど、こういう相手に対しては、やっぱりもっともっとやらないといけない。今日みたいな試合をやれてよかったんじゃないかな。このままズルズルいくよりも」

 玉田の言葉の裏を読めば、連勝中も決していいサッカーができていたわけではない、ということになる。確かにジョーの個の力や、個々の即興性によって成り立っていた部分もあっただろう。川崎の組織としての完成度の高さを目の当たりにし、このままではいけないという危機感が芽生えたのであれば、名古屋にとってこの敗戦は意味のあるものになる。

 王者の強烈なレッスンを受け、名古屋はさらに進化を遂げていくかもしれない。

著者:原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索