伊原春樹が分析。93年日本シリーズは飯田の返球が勝敗を分けた

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(6)

【参謀】西武・伊原春樹 後編

(前編はこちら>>)

「1993年は、西武の野球をヤクルトがやっていた」

――1993年の日本シリーズは、前年と同じくスワローズが相手となりました。

伊原 この年はデストラーデが抜けたんだよね。そして、工藤(公康)とか、ナベちゃん(渡辺久信)の調子があまり上がってこなかった。一方のヤクルトは、川崎(憲次郎)が復活して調子がよかった。高津(臣吾)が出てきたのもこの年だったね。前年のことを考えると、「これはちょっと手ごわいぞ。ひょっとしたら、やられるかもしれないぞ」という危機感はありました。


ヤクルトとの2年連続の日本シリーズを振り返る伊原氏

――この年のシリーズで印象に残っている場面はありますか?

伊原 まずは、うちの1勝2敗で迎えた第4戦の、飯田(哲也)の守備が印象的だな。ものの見事にやられたことを覚えている。

――8回表、0−1のビハインドの場面ですね。2アウト1、2塁で三番・鈴木健選手がセンター前ヒット。猛ダッシュで前進してきたセンターの飯田選手が矢のような送球で、代走・笘篠誠治選手をホームでタッチアウトにしました。

伊原 あの場面は、普段うちがやっていた野球をヤクルトにやられた。そんな印象が強く残っていますね。飯田の守備位置は、「多少、前に来ているな」と事前に確認していました。もちろん、飯田の足と肩、笘篠の足は織り込み済み。鈴木健がセンター前に打って笘篠がサードを回るとき、自分では「五分五分だな」と思った。五分五分だったら、「笘篠なら何とかしてくれるだろう」と走らせましたが、飯田がまったく隙のない返球を見せた。ほぼストライク送球ですよ。「あぁ、やられたな」って……。

――あの場面、飯田選手のポジショニングも完璧だったんですか?

伊原 いや、ヤクルトとしては1点もあげたくない場面でしょ。セオリーならば、もっと前進守備でもいい場面。でも、飯田は少し前に出ていただけだから、「あれ、おかしいな?」って思いましたね。西武だったら、もっと前進させていたから。飯田が最初から前に来ていれば、笘篠はサードでストップさせていました。後から考えれば、あのプレーで西武は負けたと思いますね。

――他に印象に残っているシーンはありますか?

伊原 あとは第7戦の初回かな? いきなり広澤(克実)に3ランホームランを打たれたでしょ。森(祇晶)さんの監督時代は、ボコボコ打ち勝つチームじゃなかった。何とか1点差を守り切ったり、足を絡めて1点を取ったり、そういうことの積み重ねで戦うという野球だったから、いきなりパンパーンと3点を取られたことは覚えているね。

両監督に仕えた伊原が語る「森と野村」

――伊原さんは2000年に阪神・野村克也監督の下で、守備走塁総合コーチに就任。森監督、野村監督に仕えた経験を持っています。両者の違いを伺いたいのですが。

伊原 東尾(修)監督の5年目のオフ(1999年)に解任されると、すぐに野村さんから連絡がきて、ホテルで会ったんです。そしたら、「お前は森のところで、どんな役目をしているんだ?」って聞かれたから、「サードコーチャーとして、走塁面はすべて任されています」と答えました。すると、「よし、わかった。すべてお前に任す」って言われたんで、「わかりました」って就任が決まったんだけど……結局は任されなかったよね。

――ペナントレースが始まってみたら、実際は違った?

伊原 違ったね。あの年、(ジェイソン・)ハートキーっていうしょうもないサードがいたんだよ。で、彼が出塁したときにそのときの投手のクセを伝えたんです。「いいか、足をグーンと高く上げたら走っていいから」って。なのに、ハートキーはクイックのときに走ってアウトになった。そうしたら、翌日に野村さんは報道陣を前にして「伊原の野郎が勝手なことばかりするんだ」って言っていた。それ以来、「サインはオレが出す」って、野村さんがサインを出すようになった。森さんなら、そんなことは絶対に言わないよね。

――森さんの下ではそういうケースはなかったんですか?

伊原 なかったですね。仮にアウトになって、腹の中では「伊原のバカ野郎」と思っていたとしても、「監督であるオレの責任だ」と、それを口に出すことはなかったです。森さんが監督のときには、ベンチからエンドランのサインが出ても、僕の判断で走らせないこともあった。ベンチに戻ってから、森さんに「どうしたんだ?」と聞かれて、「ちょっと不穏な動きがあったのでサインを出しませんでした。すみません」って答えると、「あぁ、いいよ」って、そんな感じでしたね。

――監督からの信頼度という点では森監督の方が大きくて、伊原さんとしてはやりやすかったわけですね。

伊原 そうですね。森さんは常に感情を表に出さない監督でしたね。でも、試合に勝って握手をすると、森さんの手は汗でべっちょりなんだよ。顔には出さなかったけど、相当緊張していたんだと思うよ。

この2年間は、すべての日本シリーズの中でのベスト

――伊原さんから見た「ID野球」とは、どんな野球でしょうか?

伊原 マスコミが言い出したのか、本人が言っているのかわからないけど、実際にその正体を紐解いてみると、どこのチームもやっていることですよ。「このカウントでは、このボールを投げてくるから、そのボールを狙いなさい」というのは、どの球団も、どのスコアラーもやっていること。それを監督自ら「野村の考え」ということで話題になっただけだと思うけどね。やっていることは、どこも一緒。

――1992年、1993年の2年間は、全14試合を戦って7勝7敗。日本一もそれぞれ一度ずつです。両者の決着はついたと見ていいのでしょうか?

伊原 決着はついていますよ。1992年は西武が勝って、1993年はヤクルトが勝ったというだけのこと。でも、森さんも野村さんも、決着はついていないと思っているんじゃないの? だから、これからは「どちらが長生きするか」で決着をつければいいんじゃないのかな。そうやって書いておいてよ。あの2人、きっと読むと思うから(笑)。だからあの2人にとっては、結論はまだ出ていないのかもしれないね。

――あらためて、この2年間を振り返っていただけますか?

伊原 ここまで話したように、1992年は、「ヤクルトだから勝てるだろう、大丈夫」という甘い気持ちで入って、すぐに「そういうわけにはいかんぞ」となり、第7戦は声も出ないほどの緊張感を経験して日本一になった。翌1993年は前年とはまったく違って、「ヤクルトは手ごわいぞ、簡単には勝てないぞ」という思いでシリーズに入って、うちが敗れた。うちは緩やかに落ち目にさしかかっていて、ヤクルトはうなぎのぼりだった。そういう2年間だったと思いますね。

――1997年には東尾修監督の下で、伊原さんはまたまた「西武vsヤクルト」を経験していますね。1992、1993年との違いはありましたか?

伊原 両チームの戦力を比較するまでもなく、1997年はヤクルトのほうが、すべてが上でしたよ。心の中では、「これは勝てないな」という思いはありました。結局は1勝4敗だったけど、森さんの時代と比べたらチームとしてはすでに緩んでいたし、松井(稼頭央)、(高木)大成、大友(進)ら、「さぁ、これから」という若い選手が多いチームだったから、仕方ないよね。

――数々の日本シリーズを経験した伊原さんにとって1992、1993年のシリーズは、緊張感の伴う、刺激的なシリーズだったんですね。

伊原 もちろんです。すべてのシリーズの中でベストの戦いだったと、今でも思っています。……そうそう、1993年はハドラーっていう外国人がいたよね。あいつに打たれた思い出があるな。

――でも、レックス・ハドラーは1993年のシリーズを通じて、打率.167ですよ(笑)。

伊原 えっ、そんなもんなの? あぁ、序盤にポンポンと打たれたのか。その記憶が残っているだけなんだね(笑)。

著者:長谷川晶一●文・撮影 text & photo by Hasegawa Shoichi


関連ニュースをもっと見る

関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索