錦織圭がジャパンOPで好発進。杉田祐一との初対決には「緊張した」

錦織圭がジャパンOPで好発進。杉田祐一との初対決には「緊張した」

 錦織圭が、ジャパンオープンに帰って来た――。

 楽天ジャパンオープン1回戦で、第3シードの錦織(ATPランキング12位、10月1日づけ/以下同)は、杉田祐一(110位)を、6−4、6−1で破り、2年ぶりに2回戦へ進出を果たした。28歳の錦織と30歳の杉田の対戦は、プロになってから初となり、それを東京で実現させた形だ。

「もちろんやりたくない選手ですけど、いつかは日本人と当たる時も来るかなと思っていました。今年は、彼と同じ大会をずっと回っていて、いつかは当たるんだろうなって。それが、日本でやらなくてもよかったんですけど……。お互い、いい試合ができればうれしい」

 このように試合前日に錦織が語れば、杉田も日本での初対決に少しだけ戸惑いを覚えた。

「ここで来るか、という感じでした。(錦織と)同じ大会に出るようになって、彼のプレーをずっと見てきましたし、どこか大きな所で当たれたら楽しいなと思っていました」

 1回戦が始まると、杉田以上に錦織の動きが硬く、ミスの多いテニスをした。

「自分でもびっくりするぐらい体が重くて、2年ぶりの日本ということもあったと思いますし、いいプレーをしたかったという思いもあるし、相手が杉田選手というのもあった。久しぶりに感じた緊張感があった」

 こう振り返った錦織は、第1セット第2ゲームでは、1回ブレークポイントを握られたが3回のデュースの末キープ。第4ゲームでは、2回ブレークポイントを握られたが同じく3回のデュースの末キープ。錦織は、サービスキープに苦労するが、この難局を乗り切ったことで、次第に自分のプレーができるようになった。逆に、杉田はブレークできずに、錦織を勢いづかせてしまったことを悔やんだ。

「錦織選手の方がやりづらい状況で、思うようなリズムがとれていないなか、チャンスがあった。自分としては、そこを取りきれず、最大のチャンスを逃した」

 錦織はセットを先取してから、ようやく体が軽くなって、足も動くようになり、得意のグランドストロークのボールも伸びるようになった。第2セットでは、第4ゲームで一度だけサービスブレークを許したものの、試合の主導権を手離すことはなかった。

 いい仲間であり、いいライバルでもある杉田との戦いを終えた後、「あんまり友達と勝ち負けをつけたくないというのは、スポーツ選手らしくないですけど、正直ありますね」と錦織らしい優しさを見せて、盟友である杉田を気づかった。

 昨年は、右手首のけがによって戦線離脱していたため、ジャパンオープンを欠場した錦織だけに、今大会への意気込みは例年にも増して大きい。

「昨年プレーできなかった分、今年は楽しみにしていました。日本でプレーできる機会は少ないですし、今調子が上がってきて、いいテニスができるようになってきたので、できれば優勝目指してがんばりたいと思います」

 また、今年のジャパンオープンは、会場である有明コロシアムと有明テニスの森公園が、2020年東京オリンピックに向けた改修工事のため、今年だけ武蔵野の森総合スポーツプラザに移して、インドアハードの大会として行なわれる。1987年から有明で開催されてきたので、今年は趣(おもむき)が例年と異なっている。

「有明でプレーしないのは、ちょっと違和感がありますし、楽天オープンじゃないような気も若干あります。でも、(武蔵野の森も)すごくいいセンターコートですし、会場もすごく過ごしやすいので、慣れればこの場所もいいかなと思います」

 USオープンでベスト4という大きな結果を残した後、気持ちがさらにポジティブになり自信のついた錦織は、年間成績上位8人しか出場資格が得られないツアー最終戦のATPファイナルズへの2年ぶり4度目の出場を、シーズン後半の一番の目標に置いて邁進している。

 現在、ATPファイナルズ出場権争いの「レース・トゥ・ロンドン」で錦織は、2565点で10位。8位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)が3450点で、885点差があるため、理想は楽天オープンで優勝して500点を獲得し、差を縮めておきたいところだ。

「残り4大会で、ツアーファイナルに出られるよう、もちろん目指しています」

 2回戦で、錦織は、ブノワ・ペール(63位、フランス)と対戦する。ペールとの対戦成績は錦織の4勝2敗。2015年USオープン1回戦では、錦織が2度のマッチポイントを握りながら5セットの末に敗れ、2015年ジャパンオープン準決勝では、錦織が第1セットを6−1で取りながら逆転負けを喫したため、負けた時の悪い印象が多くの人の記憶に残っているかもしれない。だが、今年の全仏オープン2回戦では、錦織が5セットで勝ち、過去の呪縛を振り払うような大きな勝利を手にすることができた。

 ジャパンオープンを勝ち上がっていくには、「自分の攻撃的なプレーが必要になってくる」と語る錦織の2回戦は、10月3日(水)に行なわれる予定だが、上位進出のための大きなキーポイントになる一戦になりそうだ。

著者:神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi


関連記事

webスポルティーバの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索